2010年05月12日

国民ID制度導入は・・・

IT戦略:国民ID制度導入へ 政府、13年までに

 政府は11日の「IT戦略本部」(本部長・鳩山由紀夫首相)で、インターネットを通じた24時間行政サービスの2020年の実現に向け、13年までに個人認証のための「国民ID制度」を導入することなどを盛り込んだ新たな情報技術(IT)戦略を決めた。

 国民ID制度の導入により13年には、国民の半数以上が住民票や戸籍謄本などをコンビニエンスストアや郵便局に置いた「行政キオスク端末」を通じて入手できるようにする。電子化による行政コストの削減も目指す。

 医療・介護分野での活用も重点項目に据え、診療情報を電子化して患者自身が管理・活用できるようにするため、13年までに調剤情報の電子化から着手。医師が遠隔地から診断するシステムや、高齢者の見守りシステムの普及で、医療過疎や孤独死対策にも活用する。

 各施策は6月に政府がまとめる成長戦略に盛り込まれるが、国民ID制度は、現行の住民基本台帳ネットワークシステムの利用や、政府が検討中の納税者番号制度との関係について現時点で整理がついていない。予算についても古川元久副内閣相が会見で「今後、工程表策定の中で明らかになる」と述べるにとどまり、実現に向けた見通しは立っていない。【望月麻紀】

<2010/5/11:毎日新聞>

IT戦略ってところが疑問でしてね。

ネット上での発言を実名登録制にして、政府が言論統制に使うという思惑も見え隠れするんですよね。

何しろ民主党ですから、やりかねません、

posted by バビロン7 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

総理という職の威厳

前政権の頃、漢字の読み間違いだのバー通いだの批判を受けているのを見て、たしか三宅久之のおじいちゃんだと思うけど、「総理という職の品格っちゅうのかな、それを麻生総理は非常に貶めた」と言っていた覚えがある。

いまの総理は野党どころか、選挙権もない高校生から面罵されに行っています。

さて、品格を貶めてるのはどちらがひどいのやら。

posted by バビロン7 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隠される無策

農水相、全額補償を表明 処分対象6万匹超の口蹄疫

 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談し、感染拡大防止などのために家畜を処分された農家に対し、全額補償を実施すると表明した。

 現在、家畜処分への補償は評価額の8割とされているが、農水相は会談で「(当面は)県が残りを措置し、後で国がやる。事実上の5分の5(の補償)だ」と強調した。

 同県で4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は計56カ所。処分対象は6万匹を超えており、国内で過去最悪の被害規模になっている。

 また農水相は、家畜の埋設処分の場所として国有地を提供するほか、防疫態勢を確保するため獣医師を倍増させ、九州農政局からの人員派遣を現在の10人から100人まで増やすことなども打ち出した。農家に対する生活支援については「検討したい」と述べた。

<2010/5/10:産経新聞>

ゴールデンウィーク前から宮崎県は助けを求めていたのですが、まともな動きを見せなかったのは政府です。

「打ち出した」などとカッコのいいこと言ってますけど、今更、です。

本当に今更の対応ですよ。

近年の事例では処分対象が1000頭を超えることはありませんでした。500〜800頭ですかね。

4月下旬にこの対策を出していればもっと被害を狭められたことでしょう。

そうした無策ぶりはマスコミには乗らないんですよ。それどころか事態の深刻さを伝えようとする姿勢も見えない。

どう深刻なのかといいますと、被害範囲は6万頭の牛だけじゃないからです。

感染が疑われる家畜の処分も大変ですが、口蹄疫を出した畜舎では、再発防止のため以後5年間家畜を飼うことができなくなります。

畜産農家に死ねというに等しい状態です。宮崎県南部の畜産が本当に壊滅してしまいますよ。

そんな対応までしなければいけない疫病ですから、一層初期の封じ込めが大切なんです。

でも手を貸さなかったよね、民主党政権は。

深刻な事態のもう一つは、風評被害です。

原口大臣が風評被害を抑えるために箝口令を敷いたようですが、欧米の諸外国は政府の発表はテレビのニュースよりも、現場の生の情報をインターネット経由で仕入れることになんの抵抗もありません。

すでに国連や欧米では大々的に報じられているので、日本は口蹄疫汚染国として広く認知されてしまっています。

口蹄疫を出したことによる風評被害よりも、対策が後手に回りまくっている国の食い物など危なくて食べられないというレッテルの方が甚大じゃないんでしょうか。

続きを読む
posted by バビロン7 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

口蹄疫の大過

さて、今更申し上げるまでもなく、宮崎県で口蹄疫の被害が広がっております。

あまりの無策ぶりに、九州全土の畜産が壊滅したとまで心配する声が上がっています。

そんな中、このような記事が出ました。

赤松農相の来県延期 口蹄疫による宮崎出張、急きょ決定

 10日に予定されていた赤松広隆農相の本県訪問は、宮崎県口蹄(こうてい)疫防疫対策本部への出張が急きょ決まったため、延期となった。本県訪問の日程は今後再調整する。

 赤松農相は戸別所得補償制度の周知と加入促進PRのために本県を訪れる予定だった。

<2010/5/8:秋田魁新報>

口蹄疫が発覚したのは4月20日、今日は5月8日です。

5月10日の秋田県訪問が取り止めになるのが「急遽」と表現されていること自体が、一次情報に触れられるはずの農水大臣ひいては政府とマスコミの認識の甘さが現れていると思います。

これが前政権ならば、たとえ4月21日に首相が宮崎県入りしたとしても「パフォーマンスに過ぎない。」「東京で関係省庁に指示を出すのが首相の役目なんだから行くだけ邪魔。」とわかったようなわからんような中傷が繰り広げられたことでしょう。

今のマスコミは騒ぐどころか事の重大さも推し量ることができず、ただ緘口令に唯々諾々と従うだけです。

まぁ私のような一般人の上っ面な知識よりも、詳しい方から伺った方がいいでしょう。

では専門家からのメッセージをどうぞご覧下さい。

posted by バビロン7 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

みんな勉強不足だね。やーいやーい。

【首相訪沖】首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」

 鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」と記者団に述べた。また、昨年の衆院選で沖縄県外、国外移設を主張したことについて「自身の発言に重みを感じている」とも語った。

 ■在沖縄米海兵隊 米軍の第3海兵遠征軍の中核。沖縄県によると、在沖米軍の6割近くを占め、兵員約1万2千人が駐留。司令部はキャンプ瑞慶覧(沖縄市など)に置かれている。砲兵部隊を含む第3海兵師団、第1海兵航空団、第3海兵役務支援群などで構成。キャンプ・ハンセン(金武町など)には地上部隊が駐留し訓練場も備える。沖縄県によると、普天間飛行場(宜野湾市)には固定翼機16機、ヘリコプター36機の計52機を配備。朝鮮半島や台湾海峡での有事をにらみ、中東にも出動する。

<2010/5/4:産経新聞>

とんでもない一言が飛び出ましたね。

これで民主党は、民主党として存在する限り「沖縄の基地を移設する」という言葉を口にすることができなくなってしまいましたね。

だって、「移設しようと思っている人は勉強不足だ」って、自分たちが担いだ総理大臣がいってしまったわけですから。

下手すれば「基地の撤去を訴える沖縄県民も全員勉強不足だ!」って言っていることになりますよ?

これ、民主党や民主党員や民主党支持者はどう始末をつけるつもりでしょうね。

posted by バビロン7 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

公務員就職氷河期

◆首相、国家公務員採用の半減を指示

 政府は27日、平成23年度の一般国家公務員の新規採用数を21年度実績(9112人)比で半減させる方針を決めた。原口一博総務相が同日午前の閣僚懇談会で表明し、鳩山由紀夫首相は「ぜひしっかりやってほしい」と指示した。

 鳩山政権は天下りあっせんの全面禁止を打ち出しており、国家公務員の退職者数が減ることが予想されている。そのため新規採用を大幅に減らして人件費を抑制する狙いだ。

 民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で国家公務員の総人件費2割削減を掲げていた。マニフェストでは国土交通省の地方整備局など国の出先機関を「原則廃止」とも明記しており、出先機関の採用を大幅に減らして対応する方針だ。ただ、大規模な新規採用抑制は、いびつな年齢構成の組織を生じることになり、各省との調整は難航も予想される。

<2010/4/27:産経新聞>

うん、天下りを禁止するんだから仕方が無いよね。

って誰が納得するんだろう。

天下りを禁止して欲しいわけであって、無能の首切を止めろというわけではないんだがなぁ。

国家公務員も若年層が減って少子高齢化ですかな。

posted by バビロン7 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

アイスランド火山噴火

どうも想像以上に影響がありそうですな。

アイスランドが噴火の影響で世界の終焉のような暗黒の大地になってしまった件について

アイスランドの火山噴火の影響がどれぐらいかよくわかるGIFアニメ

今回噴火したラキ火山ですが、かつて天明の大飢饉の原因になったこともあるそうです。

地球の裏側の噴火だからといって油断できませんわ。

同じような飢饉が起こるかどうかは定かではないですが、相応の対策を進めた方がよいのではないかと思いますね。

特に今年は日本も天候不順で凶作間違いなしですから。

posted by バビロン7 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政権交代こそが唯一の解決策

・・・と、アメリカから言われるところまできました。

普天間基地問題 鳩山首相、徳之島の反対集会受け「1つの民意。真剣に考えていきたい」

沖縄の普天間基地移設問題をめぐり、18日に移設候補地に浮上している鹿児島県の徳之島で大規模な反対集会が開かれたことについて、鳩山首相は19日朝、「1つの民意だ」としたうえで、「真剣に考えていきたい」と述べた。

鳩山首相は、沖縄「県外」である徳之島への移設に特にこだわっているとされるが、18日の反対集会に、島民の半数以上にあたる、主催者発表で1万5,000人が集まったことで、さらに厳しい対応を迫られている。

鳩山首相は「大変なエネルギーだと、そのように思います。徳之島の皆さん方がこれだけ集まられたということは、1つの、それも民意だと理解すべきだと思います。まあ、そういう民意というものも勉強させていただきながら、政府として、普天間の移設先に関しては真剣に考えていきたい」と述べた。

政府は4月中にも、徳之島を含む自治体への正式要請をしたい考えだが、地元・徳之島の町長らは、「打診があっても国とは会わない」と、断固拒否する構えを見せている。

また平野官房長官は、鳩山首相が集会を受けて「勉強する」と表現したことについて、「正式な案をふまえて、説明するなら説明する。丁寧に対応するということだ」と述べ、即時に撤回とはならないとの姿勢を示唆した。

しかし、徳之島の地元の合意を取りつけるのは至難の業で、目標としてきた「5月末決着」は絶望的な状況となっている。

アメリカ政府の関係者からは、「決着できる唯一の方法は、政権が代わって現行案に戻ることだ」との声も聞こえ始めている。

<FNNニュース:2010/4/19>

ま、残念ながら現行案に戻ることも不可能ですけどね。

引き続き普天間を使ってもらうよりほかないですわ。

国民の皆さん、外交、防衛政策もちゃんと見て投票しないと大変な事になるんですよ?

わかってもらえますかねぇ。

posted by バビロン7 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ちゅら☆うみっ!

中国2潜水艦、南西諸島を浮上航行…今月10日

 北沢防衛相は13日午前の閣議後の記者会見で、中国の潜水艦2隻を含む計10隻の艦隊が今月10日、沖縄本島と宮古島の間の公海上を南下したことを明らかにした。潜水艦は浮上して航行したという。

 同海域で潜水艦を含む10隻規模の中国艦隊の活動が確認されるのは初めて。太平洋での演習に向かうとみられ、海上自衛隊が監視を続けている。

 防衛相は「公海であることは間違いないが、今までなかった事態でもある。詳細な分析をして、わが国に対する意図があるのかないのかも含めて、よく調べて対応を検討したい」と述べた。外務省幹部は13日午前、外交ルートを通じて中国側に事実関係を問い合わせていることを明らかにした。

 自衛隊統合幕僚監部によると、艦隊は今月7日頃、東シナ海で訓練を行った後、海自護衛艦が監視する中、10日午後8時頃、沖縄本島西南西約140キロ・メートルの公海上を航行した。内訳は、キロ級潜水艦2隻、ミサイル駆逐艦2隻、フリゲート艦3隻など計10隻。13日現在、太平洋上を沖ノ鳥島方面に向けて南下中という。

 防衛省筋は、「米国に対する示威行動なら、グアム周辺に行く可能性もある」と指摘した。

<2010年4月13日:読売新聞>

いやぁ・・・美しい海ですねぇ・・・。

鉄の鯨と鉄の城が仲良く泳いでいきますよ・・・。

辺野古沖のジュゴンも喜んでいることでしょうに・・・。

日米に向けた示威行動なのはわかりきったことでしょ。

海を占領する気があるって、行動をもって示してきたわけでさ。

ヒステリックに騒げとは言わないがね。やり返す用意があることを言ってくれないのかね。この国の 感冒 官房長官は・・・。

続きを読む
posted by バビロン7 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

死の行進

お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱

 在日外国人も含む15歳以下の子どもの保護者に、子ども1人あたり毎月1万3000円を支給する「子ども手当て」が26日、国会で成立した。そんななか、外国人を多く抱える自治体の窓口にはすでに連日のように外国人が訪れ、「子どもがいればお金がもらえると聞いた」などと職員を困らせているという。自治体の中には、法の改善を求める要望書を国に出すところも現れている。

 東京都荒川区は人口約20万人のうち、1万5000人が外国人居住者(2009年3月1日現在)。人口の実に約7%を占める。同区役所は最近、子ども手当ての受給を問い合わせる外国人への対応に苦慮しているという。

 児童手当・子ども手当ての給付申請窓口である子育て支援部の職員は「今月初めから外国人居住者の問い合わせが目立つようになりました。窓口に直接押しかけてくる人もいます」と語る。

 職員によると、24日にも30代のネパール人男性が窓口を訪れた。男性の目的は、まだ受付も始まっていない子ども手当ての受給申請。しかし、説明しても日本語が通じず、結局、「男性の知り合い」という別のネパール人男性に電話をかけて事情を説明してもらったという。

 「来訪する外国人のほとんどは中国籍の人。友人と連れだって来たり、『子どもがいればおカネがもらえると聞いた』と言ってくる人や、日本語が話せないのに『子ども手当て』とだけ書いた紙を持参してくる人もいます」

 埼玉県川口市も同様の問題に悩まされている。児童手当給付の窓口になっている福祉部子育て支援課にも、子ども手当ての受給を求める多くの中国人が訪れている。

 「ここ1カ月で目立つのは児童手当の“駆け込み”申請。友人と来たり、兄弟と来たり。それこそ芋づる式です」

 なかには「いつから(金額が)増えるんですか」と露骨に聞いてくる者もおり、職員をあきれさせたという。

 川口市も荒川区と同じく、外国人の居住者が多い。とりわけ中国人の居住者の伸びが著しいが、児童手当受給者の数も外国人の中では中国人が飛び抜けているという。

 「住民登録したその日に申請してくる人もいます。外国人居住者の中には児童手当の存在自体を知らない人が結構いる。なのに、中国の人はほとんどが知っている。一体どこから情報を仕入れてくるのか…」

 そこで、「新興宗教の勧誘者までもが、布教のために中国語を勉強している」(地元住民)というほどに中国人が急増している同市内の団地を訪れてみた。

 団地内にいた30代の中国人女性3人に聞くと、いずれも「児童手当の受給を受けている」と答えた。吉林省出身で5年前に来日した主婦(32)は「来日してすぐに友だちが教えてくれた。コミュニティー内では児童手当受給は“必須項目”です。川口市で外国人登録してすぐに申請しました」と語った。

 一方、各自治体の担当者が頭を悩ませるもうひとつの問題が「不正受給」。現在の児童手当法では、子どもの出生証明と子どもの監護、つまり実際に子どもを自らの収入で養っているという証明が必要だ。だが、この証明方法が実にいい加減なのだ。

 「海外に子どもがいるなら、現地の銀行の発行した送金通知書などが証明書代わりとなります。ただ、書式が決まっていないので、いくらでも偽造が可能。手渡しで受給する場合はもっとザルで、『国に帰る友人に書類を預けた』と言って、友人のパスポートの出入国記録を見せても、通ってしまう。本当に子どものために使われているのかなんて調べようがありません」(川口市職員)

 すでに児童手当でも、こうした問題が起きているのだが、今に至るまで放置されたままだ。

 「今回、子ども手当てが始まるのを前に、厚生労働省に改善要望書を出しました。法律の不備を放置したまま、いたずらに門戸を広げても不正受給が増えてしまうだけです」(荒川区職員)

 その是非はともかく、「子ども手当て」による大混乱は必至の情勢だ。

<2010/03/29:ZAKZAK>

ま、9月の発足以降、見てきましたけども、出るネタ出るネタ手のつけようがないほど腐っています。

そしてその腐った汚物が法案として形をなしたのがこの子ども手当。

こんな記事になるまでもなく、わかりきっていたことです。

それを放置したまま成立させてしまいました。

まぁ・・・民主党とその支持者にとっては、国とか国籍の区別を持ち出す人間は死んでしまっても構わない存在なんでしょうし、外国人はみんな困っている哀れな人々でしょうから「申請してきたみんなにお金を出せばいい」ってことなんでしょ。

日本の税金で外国人の子供を養うという人がいますが、それは違います。

税金ではありません。

国債、地方債で養うことになるんです。

2010年度予算の有様を見て、そう思わない人間なんています?

予算内の比率では、税収よりも赤字国債発行額が上なんですよ?

そんな状態で他国の「不確定実在養子(笑)」に月額1万3千円/人を供出するんですよ?

正気の沙汰と思える人がいたら教えてください。

そんな人は早急にサナトリウムに放り込むべきです。

あ、とりあえず首相からだな。

しかしまぁ、この状況を見るにつけ、第二次大戦中の無理な継戦派ってのは民主党みたいな人たちが形成していたんだなぁ・・・と思いを馳せざるを得ません。

posted by バビロン7 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。