2010年09月28日

泥棒様がいらっしゃるそうな

ガス田周辺で中国船確認=仙谷官房長官

 仙谷由人官房長官は28日午後の記者会見で、東シナ海のガス田「白樺」の周辺で中国調査船の活動を確認していることを明らかにした。仙谷長官は「(ガス田の)掘削まで行っていると断定できる資料は今のところない」としつつ、「(調査船が)周辺にいらっしゃることは確認しているようだ」と語った。 (2010/09/28-17:45)

何度も何度も言うようだけど、民主党は日本の政治家ではありません。

検察はこれを外観誘致罪で逮捕起訴をするべきだ。

そしてそのまま、死刑に処するべき。

posted by バビロン7 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

そんなの自分で考えろ

◆鳩山氏「ボクはなんだったんでしょう」

 31日午後、衆院第1議員会館の菅首相の事務所に、前原国土交通相ら菅氏陣営の幹部が勢ぞろいした。

菅氏は言い切った。

 「あらかじめ人事の話をするのは、国民からみて容認できない」

 菅氏は小沢一郎前幹事長との全面対決を避けるため、「脱小沢」路線の転換を迫る小沢氏陣営に屈するのでは――。そんな前原氏らの懸念は、払拭(ふっしょく)された。

 約2時間後、党本部で行われた菅、小沢両氏の会談はわずか30分で終了。直後に両氏は出馬表明した。

 それでも、ぎりぎりまで「小沢氏不出馬」の見方が消えなかったのは、菅氏、小沢氏、鳩山前首相の「トロイカ体制」に、輿石東参院議員会長を加えた「トロイカ+1(プラスワン)」の重視で、両陣営が一致していたからだ。

 最初は、小沢氏のアイデアだった。「挙党態勢をきっちりやると言うのなら『トロイカ+1』だな」

 小沢氏の意を受けた輿石氏が30日、菅氏に「受け入れる腹はあるか」と詰め寄ると、菅氏は「ある」と応じた。同日夜の菅、鳩山両氏の会談でも「トロイカ+1」で一致、対決回避との楽観論が広がった。

 だが、同床異夢だった。

 菅氏は31日、陣営幹部に「何かあったら相談するという意味」と、「トロイカ+1」は実権のない「顧問会議」のようなものと解説。これに対し、小沢氏の「トロイカ+1」は、政策からカネまで党運営すべてに拒否権が発動できる「最高幹部会議」。菅氏側には31日になって、小沢氏側が具体的なポスト提示を求めているとの情報も伝わった。菅氏がのめる話ではなかった。

 「4人で会えば密室談合と批判される。2人で会う」

 菅氏は31日午前、前夜に了承していた4人での会談を拒否、小沢氏との1対1の会談に臨んだ。

 一方、「仲介役」を買って出た鳩山氏は31日夕、周辺に「ボクはいったい、何だったんでしょうね」とぼやいた。首相を退いたばかりの鳩山氏の行動が混乱を増幅させた面は否めない。ある中堅議員は切り捨てた。

 「宇宙語しか話せない伝書バトはダメだ」

(2010年9月1日06時45分 読売新聞)

首相だったときまでは、操り人形だった。

辞める前後はピエロだった。

今はゴミ捨て場の操り人形に過ぎません。

こんなのをのぼせ上がらせた国民、主に民主党を支持した人は炎天下の路上で焼き土下座してください。

posted by バビロン7 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

8月6日広島原爆の日

ご多分に漏れず、今年も8月6日を迎えました。

「私たちは被爆したことがある特別な人間なんです」っていう懐古厨の自慢大会が盛大に開催されることでしょう。

中国も北朝鮮もイランも名指しで非難しないような腰抜け共がやることに、今更何の価値があるってのよ。

8月に歌い上げられる「平和」ってことを聞くたび、最近は寒気がするほどの気色悪さを感じる。(避暑にはもってこいだけどね)

安定した生活は経済力によって支えられる。

与党は数の力で支えられる。

治安は警察力によって支えられる。

武力なき平和維持もそれと同じく、この世にはあり得ない。

それを掲げない限り、8月に歌い上げられる平和は単なるポエムに過ぎない。

だから私は日本の8月が大嫌いです。

posted by バビロン7 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

再ねじれ達成

自民党が50議席獲得。

頼りないし古くさいのは間違いないけど、数で対抗できるのは自民だけだから、この結果は及第点といったところでしょうな。

にしても、まだ民主党を支持していられる人たちがいるというのが不思議でならないな。

それほどまでに、「自民党は悪」という思いこみは根深いんだろうか。

posted by バビロン7 at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

民主党こそ国会・政府

「論戦なく力ずく」 国民を愚弄し続けている民主党政権

 国会が閉会し、参院選が事実上スタートした機会に一つ指摘しておきたい。それは、国民と国会がこれほど菅直人首相をはじめ為政者たちに愚(ぐ)弄(ろう)され、軽んじられた事態は、憲政史上にめったになかったという問題だ。

 なにしろ、菅内閣発足後1週間余りしかたっていないのに閉会である。国会では、首相が自らの政策、見識や前政権との違いを披(ひ)瀝(れき)し、野党側と丁々発止の議論を行う党首討論も予算委員会も開かれなかったのにだ。

 「議論は、これから選挙になれば、テレビとかいろんな場面でまた、たくさんありますから」

 首相は14日、記者団にこう釈明し、国会論戦はなくても問題ないという考えを示した。だが、これは明らかに国会軽視だ。米軍普天間飛行場移設にどう取り組むか、首相の経済成長戦略の中身は何か、消費税率アップの景気への影響をどう見ているのか…。予算委での7〜8時間に及ぶ厳しい質疑を避け、一瞬の切り返しや話芸がものをいうテレビ討論番組に出ればそれでいいと言っているようだ。

 首相は16日の民主党参院議員総会では、こう笑いながら問責決議案を提出した野党側を批判した。

 「所信表明、さらに昨日の代表質問と私なりに精いっぱい、挑発に乗らないよう答弁に努めた。そのことがなぜ、問責にあたるのかちょっと理解できない」

 会場の議員らも爆笑でこたえたが、どうせ国民には自分たちの狙いなど分かるまいと考えているのか。結局、参院本会議は開かれず問責決議案の討論、採決の機会はなかった。野党側は「今の政府・民主党は論戦なく力ずく。参院にとって最大の汚点だ」(鈴木政二・自民党参院国対委員長)と反発している。

 今国会では、民主党が金看板として掲げていた郵政改革法案や国家公務員法改正案が廃案となり、改革の本丸だったはずの政治主導確立法案や地域主権関連3法案は継続審議となった。なのになぜ延長しなかったのか。国民の失望を招いた鳩山由紀夫前首相と民主党の小沢一郎前幹事長がその職を退き、支持率がV字回復したうちに選挙になだれ込みたいとの思惑がどこまでも透けてみえる。

 予算委を開けば、事務所費で女性下着を買った荒井聡国家戦略担当相をはじめ、噴出している政治とカネの問題が追及されるのは必至だ。それを避けたのも火を見るよりも明らかだ。これでは、菅政権は政策実現を通じて社会を変え、国民生活をよくしていくことを目指しているのではなく、ただ国民をごまかして目先の選挙に勝つことだけが目的かと思えてしまう。

 「私に『裸踊り』をさせて下(くだ)さったみなさん、有り難(がと)うこざいました」

 鳩山前首相は15日、公式ツイッターでこんな意味不明のことをつぶやき、16日のツイッターで謎の「答え」としてある動画を紹介した。それは突然半裸で奇妙な踊りを始めた男に周囲が感化され、やがて一緒に踊り出すとの内容だ。

 民主党政権は有権者に何も知らせずただ扇動し、意味も目的も分からぬ裸踊りに巻き込もうというのだろうか。(阿比留瑠比)

<2010/6/16:産経新聞>

・・・と、まぁ、こんなのを支持する人たちが40〜60%いるっていうんですから、日本人の低レベルさは推して知るべしといったところですな。

菅首相の考えていることなど、ここまで軽薄なんですよ?

続きを読む
posted by バビロン7 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

太陽の黙示録byかわぐちかいじ

この漫画はいい漫画です。

その中で最近よく思い出す言葉があります。

宗方操というキャラクターが言った言葉です。

先生のおっしゃりようですと、まるでアメリカと中国に騙されて国土を南北に分断されたかのようですが、そのような考えこそが今までの日本人の救いがたい欠点なのです。

騙されたと言えば一切の責任から解放されると信じている。

被害者であることで、加害者であることを忘れる。

それこそが日本人の負の遺伝子なのです。

最近、団塊世代のくそ老人どもを見ているととみに感じることですね。

この負の遺伝子というやつを。

posted by バビロン7 at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

ジャーナリズムの違い

日米で非常に規模の大きな事故が起きています。

日本は言わずもがな口蹄疫。

アメリカは海底油田の原油漏れ。

原油漏れというか海中噴出ですね。海底の油田に差し込んだストローが、海上にあがる途中でぽっきり折れ、海の中に原油を垂れ流しているわけですから。

先ほどCNNを見ましたが、あちらは天気予報までもが原油流出と絡めて報じています。

風向きが潮の流れ、波の向きに影響を与え、原油が流れる先にも関わってくるからです。

一方日本はというと、口蹄疫についてはやっとNHKが朝7時のニュースでトップ3の扱いをしたという程度。

ほぼ一ヶ月たってからですよ?

しかも政府の無策ぶりにはつゆほども触れてません。

もうマスコミは、マスコミというものを扱うにはレベルが下がりすぎているんでしょうね。難しいことなんかわからないんですよ。

続きを読む
posted by バビロン7 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口蹄疫問題の裏側???

口てい疫 政府・県一体で対応

265 名無しさん@十周年 2010/05/16(日) 13:03:50 ID:Lq/aq5oQ0

もうね、

 4/22に自民党が申し入れ、

 4/28に宮崎県から申し入れ、

 5/7に小沢幹事長に申し入れ、

 5/10に赤松農水大臣に申し入れ、

 5/16に平野官房長官に申し入れ、

なんど同じことを申し入れさせる気だ!!!

愚弄するにも程がある

あくまで推測だけど、民主党にとっては「4/22の自民党による申し入れ」ということが問題だったんじゃないのかね。

「自民党の申し入れで口蹄疫対策が進んだ!」なんてことにはしたくないから。

参院選向けのパフォーマンスに付き合ってはいけないから。

そういう妄想が湧きあがってきますね。

posted by バビロン7 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

もうほとんど病気

小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に

 民主党の新人議員・三宅雪子衆院議員が13日、国会に車いす姿で現れた。三宅氏は12日の衆院内閣委員会の採決時の混乱で転倒し、右ひざなどを強打。病院で打撲と診断された。

 13日午後の党代議士会では、山岡賢次国対委員長が「かわいい美人の三宅さんを突き飛ばした。明らかな暴力行為だ」と自民党閣僚経験者を名指しして批判。三宅氏は「昨日はたいしたことないと思っていたが、内出血してきた…」と痛みを訴えた。

 民主党は三宅氏を転倒させたとされる自民党議員をテレビ映像などで特定、懲罰動議の提出を検討する。

<2010/5/13:産経新聞>

すっころんだのは事実ですが、別に突き飛ばしてもいないし、同じ民主党の議員につまずいただけじゃないですか。

大げさに車椅子で出てきたと思えばゆったり足を組んでるし。

あんまりにもどうでもいい話で涙が出てくるわ。

この話にふれて、既視感(デジャビュ)を覚えた。

あの「カップラーメン質疑」です。

木っ端議員のどうでも良い質問を、ことさら大問題かのように騒いだ構図と今回はよく似てます。

このような手口が繰り返されるということは、日本人にはこの程度の政治がお似合いだという証左です。

速く解散して衆参同日選挙をやってください。

posted by バビロン7 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

放送されない口蹄疫問題質疑

赤松口蹄疫問題で、悲痛なる追求が行われました。

小沢の検察再起訴を報じる暇があったらこれをフルで流せよ。

続きを読む
posted by バビロン7 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。