2010年11月28日

いやもう個人レベルの話では・・・

与野党チキンレース…菅は罷免も内閣改造も切り崩しも出来ず

 与野党によるチキンレースが幕を開けた。野党は、問責決議が可決された、「影の宰相」こと仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国交相が辞任か罷免されない限り、年明けの通常国会冒頭から審議拒否する方針。一方、政府・与党は断固続投させる構えなのだ。カギを握るのは公明党だが、菅政権への強硬姿勢を崩さない。菅直人首相は土俵際に追い込まれつつある。

 「さようならー」「蛍の光 窓の雪だな!」

 27日未明までかけ、仙谷、馬淵両氏の問責を可決した参院本会議場は、高揚した野党側のヤジに包まれた。問責直前の参院自民党議員総会では「この上は内閣総辞職か衆院解散に追い込みたい」(中曽根弘文参院会長)などと威勢のいい言葉が飛び交った。

 標的となった仙谷氏は記者団に「ノーコメント」とだけ答え、逃げるように国会から退散した。菅首相は26日夜、「帰趨を見定める」と述べ、即座の罷免を否定したが、打開策は見えないままだ。

 野党は仙谷氏らが交代しない限り、年明けの通常国会冒頭から始まる2011年度予算案の参院審議に応じない構え。民主党には「野党は国民生活に直結する予算案をいつまでも放置できないはずだ」(幹部)として、野党がいずれ国会審議に戻るとの楽観論があるが、そう簡単でない。

 当面切り崩しのターゲットとなるのが、当初2010年度補正予算案に賛成を検討した公明党だ。しかし、相次ぐ外交失態で内閣支持率が「危険水域」の20%台に低迷し、今秋の衆院北海道5区補選や福岡市長選などで民主党関連候補が惨敗した今、公明党内の空気は厳しい。

 「民主党と組めば一緒に地獄行き」(参院議員)といった強硬論が台頭し、衆院落選中の大物幹部も「今解散なら勝てる」と現執行部を突き上げているという。

 民主党内には「大胆な内閣改造で支持率を回復し、事態打開を目指すべき」(古参議員)との声もある。仙谷氏に代わり、人気の高い前原誠司外相や蓮舫行政刷新担当相を官房長官に横滑りさせるプランだ。

 しかし、人事で干されてきた小沢一郎元代表に近い議員の不満が爆発する可能性もあり、一筋縄ではいかない。

 罷免も、内閣改造も、野党切り崩しもできないまま、菅内閣は座して死を待つのだろうか。

<2010/11/27:ZAKZAK>

民主党って政治家集団の体をなしていないんだから、何がどうなろうとマシになるわけがないの。

それでも支持率は一瞬だけ上がるかもしれないけどね。民主党信者って心底馬鹿だから。

posted by バビロン7 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

末期政治の証

国会内撮影、規制強化検討も 仙谷長官

 仙谷由人官房長官は12日午前の衆院内閣委員会で、国会内での新聞社などの写真撮影取材について「撮影機器が極めて進歩したこの時代においては、もう一度考え直してみる必要があるのではないか」と述べ、規制強化を検討すべきだとの考えを示した。

 仙谷氏が9日の衆院予算委員会で手持ち資料を新聞社の写真記者に撮影されたことを「盗撮された」と答弁した問題について中川秀直氏(自民)が質問したのに答えた。

 仙谷氏は「いまだに釈然としない。(現行の)撮影許可は、望遠レンズで撮影できる時代の許可ではなかった。手持ちの資料を、私の意思とは関係なしにコピーができる」と問題点を指摘した。

 ただ「盗撮」発言については仙谷氏は「この場で撤回する」と述べた。日本新聞協会の在京8社写真部長会が10日、抗議書を提出していた。

2010年11月12日 朝日新聞

政府を司る政治家が情報制限に走ろうとするってさ、保身に走る政治家病の末期症状じゃないの。

結果、こんな政治家に操縦された国家は滅ぶわけよ。

どうしてくれるんだよ。

posted by バビロン7 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内部告発のリスクとマスコミ

【海保職員「流出」】自宅捜索で「嫌だ」子供の涙声 近所男性も複雑な表情

 海上保安官の神戸市内の自宅には11日午後、警視庁の捜査員が家宅捜索に入った。静かな住宅街の一角は一時騒然。「嫌だ、嫌だ」。室内からは小さな男の子の涙声が漏れた。

 自宅は15階建て公務員住宅の2階。午後1時すぎ、捜査員5人は、詰め掛けた報道陣約40人をかき分けながら無言で室内に入った。玄関先には大人用と子供用の傘やベビーカー、ベランダには船に積まれる救助用のような浮輪があった。近所に住む30代の男性は「驚いた。個人的には映像の公開は良かったと思うが、家族のことを考えるとこういう状況は残念だ」と複雑そうな表情を浮かべた。

 一方、保安官が乗船していた巡視艇うらなみにも同日午後、捜査員らが任意で入った。うらなみは神戸市に停泊している。

2010.11.12 産経新聞

この家宅捜索をマスコミが悲劇的に報じる資格があるんだろうか。

だって、内部告発ってのは個人がやると、こんなふうに組織が個人の生活を破壊するからね。

企業だったらクビにするでしょ?

だからマスコミに垂れ込むことで情報提供元を秘密にするんだよ。

個人って弱いもんだからさ。

そうしてマスコミが個人を守りながらより強大な組織の誤りを正す、それが本来あるべき姿じゃないんですかね。

この家宅捜索をマスコミが報じるってことは、「本来であれば自分たちマスコミが守らなければならない反骨心のある個人を晒し者にしている」ということじゃないのかな。

いやぁ・・・そんなご大層な自覚あるんかなぁ・・・無いだろうなぁ・・・。

海保巡査に焼き土下座するマスコミってみてみたいところだがなぁ。

posted by バビロン7 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

適当にいくつか

経団連会長、TPP参加で労働力として移民奨励

 日本経団連の米倉弘昌会長は8日の記者会見で、「日本に忠誠を誓う外国からの移住者をどんどん奨励すべきだ」と述べ、人材の移動が自由化される環太平洋経済連携協定(TPP)への日本の参加を、改めて促した。

 米倉会長は「将来の労働力は足りず、需要をつくりだす消費人口も減る」と述べ、積極的な移民の受け入れが必要との考えを強調した。

(2010年11月8日19時58分 読売新聞)

失業率って何%かわかって言ってる?

就職できない学卒がどれだけいるかわかって言ってる?

安くて都合のイイ奴隷が日本に来るわけじゃないんだよ?

動画投稿の海上保安官は確信犯 テレビ局に「うやむやになってはいけない」

沖縄・尖閣諸島沖起きた中国漁船との衝突事故の様子を収めた動画が動画投稿サイト「ユーチューブ」に流出した問題で、海上保安庁の職員が、上司に対して「自分が映像を流出させた」と話していたことが明らかになった。

さらに、この職員は、動画投稿について「うやむやになってはいけないと思った」「倫理に反するなら、甘んじて刑にも服します」とテレビ局の取材に答えたといい、確信犯的な行動であった可能性が極めて強い。

「判断材料として見てもらうのが一番」

流出を告白したのは、43歳の男性職員。海上保安庁の鈴木久泰長官が2010年11月10日午後の衆院予算委員会で明らかにしたところによると、この日9時頃、この職員が上司に報告したといい、9時半頃に鈴木長官に報告された。

職員が上司に報告したのは巡視船「うらなみ」の航海中だったが、同日昼に「うらなみ」は11時ごろに神戸港に帰港。身柄は警視庁に引き渡され、事情聴取が行われている。職員が神戸港から任意同行される様子を読売テレビ(大阪市)のカメラがとらえているが、顔を隠すといったことはなく、背筋を伸ばして正面を向いて歩いている。このことから、職員の犯行は「確信犯」だとの見方も出ている。

この職員はテレビ局の取材に対して、

「あれを隠していいのか、判断材料として見てもらうのが一番。うやむやになってはいけないと思った」

と話している。

「海上保安官なら、誰もが見ることができる状態だった」

だが、これまで調査の対象になっていたのは、衝突事件を担当していた石垣海上保安部や、動画を保管してあった那覇地検で、5管は全くの「想定外」。海上保安庁の各管区間の業務上の交流は皆無と言ってよく、5管が管轄しているのは主に関西、四国地方の太平洋側や、兵庫、大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、徳島、高知各府県の沿岸水域で、尖閣諸島は関係ない。

さらに、職員が主任航海士として乗り組んでいる巡視船「うらなみ」は、全長35メートルと海保の巡視船の中では比較的小さい(中国漁船に衝突された「よなくに」は、全長89メートル)で、主な任務は、パトロールや船舶火災の消火だ。いわば、活動地域も任務も、尖閣諸島とは関係ないことになる。職員は、前出の読売テレビの取材に対して、動画を入手した経緯については明かしていないというが、

「さして国家機密的な扱いをされていなかった」

「海上保安官なら、誰もが見ることができる状態だった」

とも話したといい、問題の動画が、一時的に庁内LANで公開されていた可能性を示唆した。

「国民全体の倫理に反するなら、甘んじて刑にも服します」

この職員は、

「この映像は、国民の誰もが見るべきもの」

「やったことが国民全体の倫理に反するなら、甘んじて刑にも服します」

とも話したという。衝突事件の動画公開についての政府の対応をめぐっては、海保内に不満の声が相次いでいるとも伝えられており、この「庁内を覆う空気」のようなものが、職員を犯行に突き動かした可能性もありそうだ。

各紙の報道によると、捜査当局がユーチューブの投稿記録を差し押さえて調べたところ、問題の動画は神戸市内のネットカフェから投稿されたと見られている。

動画が投稿されたとみられるのは、神戸市中央区のネットカフェ「マンボー 三宮店」。雑居ビルの4階にあり、ウェブサイトでは「ハイスペックPC」を装備していることをうたっている。ネットカフェは、神戸市営地下鉄西神・山手線の三宮駅の出口の目の前にあり、5管との距離は約1キロ。徒歩では12分程度の距離だ。

このネットカフェでは身分証などの確認は行っていなかったというが、捜査当局は、動画が投稿されたとみられる11月4日夜の防犯カメラの映像などから、この職員が実際に犯行を行ったかどうかについて調べを進め、容疑が固まり次第国家公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕する予定だ。

こちらは意外にも神戸の海上保安官が名乗りでてきました。てっきり沖縄方面の海保かと思っていたんですけどね。

「国民全体の倫理に反するなら刑にも服します」とのことだが、刑事裁判なので法に反しているかどうかがまず争われ、その中で情状酌量の余地があるかどうかが加味されるわけですから、「倫理に基づき」ってのは違うと思いますがね。

義賊らしく堂々と「法で裁くんなら裁け」って態度でいてください。どこからどう見ても組織の情報漏えいに当たるわけですから、罪があるのは変わらないでしょう。

「彼は無罪だ!」と訴える人たちは、民主党政権を笑えない人治主義者に過ぎないので、法的罪は罪として認めましょう。しかし彼がやったことは意義のあることです。

よくぞテレビなんぞに渡さず、Youtubeにアップしてくれました。zoomeとかDaily Motionとかメジャーじゃないところにさし出してくれても良かったのにね。うっかりテレビに渡していたら、松本サリン事件の河野氏みたいに抹殺されていたかもしれません。

しかし40代前半か・・・警備会社とかになら再就職できるんですかね。私がどこかの会社の社長なら引きとってあげますがねぇ。

さて、政府は彼をどうするんでしょうね。

まさか起訴したりしないですよね。「起訴保留で放置」してくれるんですよね。

とりあえずはそこが楽しみですわ。

【海保職員「流出」】仙谷氏「海保長官に重い責任」 馬淵国交相については否定

 仙谷由人官房長官は10日の記者会見で、海上保安官が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像を流出させたと名乗り出たことに対する海上保安庁の鈴木久泰長官の監督責任について「独立性、自立性に応じた責任は当然出てくる。強制力を持った執行部門は、それなりの強い権限がある代わりに強く重い責任を負う」と述べ、責任は免れないとの考えを示した。

 ただ、馬淵澄夫国土交通相に関しては「政治職と執行職のトップの責任のあり方は違う」と、責任を問わない意向を表明。海上保安官の処分については「必要があれば行う」と述べた。

2010.11.10:産経新聞

まぁ現場のトップの責任を問うってのは正しいでしょうね。見た目としては。

でも民主党は現場に程近い那覇地検に「政治的判断」をさせて中国漁船の船長を放り出したよね。

つまりこの情報公開も、現場に程近い保安官が「政治的判断」をして公開に踏み切ったってことになるじゃない。

政府は自分の手で責任を現場に放り出したくせに、海保に責任を問うことが出来るの?その資格あるの?

posted by バビロン7 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

そんなの自分で考えろ

◆鳩山氏「ボクはなんだったんでしょう」

 31日午後、衆院第1議員会館の菅首相の事務所に、前原国土交通相ら菅氏陣営の幹部が勢ぞろいした。

菅氏は言い切った。

 「あらかじめ人事の話をするのは、国民からみて容認できない」

 菅氏は小沢一郎前幹事長との全面対決を避けるため、「脱小沢」路線の転換を迫る小沢氏陣営に屈するのでは――。そんな前原氏らの懸念は、払拭(ふっしょく)された。

 約2時間後、党本部で行われた菅、小沢両氏の会談はわずか30分で終了。直後に両氏は出馬表明した。

 それでも、ぎりぎりまで「小沢氏不出馬」の見方が消えなかったのは、菅氏、小沢氏、鳩山前首相の「トロイカ体制」に、輿石東参院議員会長を加えた「トロイカ+1(プラスワン)」の重視で、両陣営が一致していたからだ。

 最初は、小沢氏のアイデアだった。「挙党態勢をきっちりやると言うのなら『トロイカ+1』だな」

 小沢氏の意を受けた輿石氏が30日、菅氏に「受け入れる腹はあるか」と詰め寄ると、菅氏は「ある」と応じた。同日夜の菅、鳩山両氏の会談でも「トロイカ+1」で一致、対決回避との楽観論が広がった。

 だが、同床異夢だった。

 菅氏は31日、陣営幹部に「何かあったら相談するという意味」と、「トロイカ+1」は実権のない「顧問会議」のようなものと解説。これに対し、小沢氏の「トロイカ+1」は、政策からカネまで党運営すべてに拒否権が発動できる「最高幹部会議」。菅氏側には31日になって、小沢氏側が具体的なポスト提示を求めているとの情報も伝わった。菅氏がのめる話ではなかった。

 「4人で会えば密室談合と批判される。2人で会う」

 菅氏は31日午前、前夜に了承していた4人での会談を拒否、小沢氏との1対1の会談に臨んだ。

 一方、「仲介役」を買って出た鳩山氏は31日夕、周辺に「ボクはいったい、何だったんでしょうね」とぼやいた。首相を退いたばかりの鳩山氏の行動が混乱を増幅させた面は否めない。ある中堅議員は切り捨てた。

 「宇宙語しか話せない伝書バトはダメだ」

(2010年9月1日06時45分 読売新聞)

首相だったときまでは、操り人形だった。

辞める前後はピエロだった。

今はゴミ捨て場の操り人形に過ぎません。

こんなのをのぼせ上がらせた国民、主に民主党を支持した人は炎天下の路上で焼き土下座してください。

posted by バビロン7 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

民主党こそ国会・政府

「論戦なく力ずく」 国民を愚弄し続けている民主党政権

 国会が閉会し、参院選が事実上スタートした機会に一つ指摘しておきたい。それは、国民と国会がこれほど菅直人首相をはじめ為政者たちに愚(ぐ)弄(ろう)され、軽んじられた事態は、憲政史上にめったになかったという問題だ。

 なにしろ、菅内閣発足後1週間余りしかたっていないのに閉会である。国会では、首相が自らの政策、見識や前政権との違いを披(ひ)瀝(れき)し、野党側と丁々発止の議論を行う党首討論も予算委員会も開かれなかったのにだ。

 「議論は、これから選挙になれば、テレビとかいろんな場面でまた、たくさんありますから」

 首相は14日、記者団にこう釈明し、国会論戦はなくても問題ないという考えを示した。だが、これは明らかに国会軽視だ。米軍普天間飛行場移設にどう取り組むか、首相の経済成長戦略の中身は何か、消費税率アップの景気への影響をどう見ているのか…。予算委での7〜8時間に及ぶ厳しい質疑を避け、一瞬の切り返しや話芸がものをいうテレビ討論番組に出ればそれでいいと言っているようだ。

 首相は16日の民主党参院議員総会では、こう笑いながら問責決議案を提出した野党側を批判した。

 「所信表明、さらに昨日の代表質問と私なりに精いっぱい、挑発に乗らないよう答弁に努めた。そのことがなぜ、問責にあたるのかちょっと理解できない」

 会場の議員らも爆笑でこたえたが、どうせ国民には自分たちの狙いなど分かるまいと考えているのか。結局、参院本会議は開かれず問責決議案の討論、採決の機会はなかった。野党側は「今の政府・民主党は論戦なく力ずく。参院にとって最大の汚点だ」(鈴木政二・自民党参院国対委員長)と反発している。

 今国会では、民主党が金看板として掲げていた郵政改革法案や国家公務員法改正案が廃案となり、改革の本丸だったはずの政治主導確立法案や地域主権関連3法案は継続審議となった。なのになぜ延長しなかったのか。国民の失望を招いた鳩山由紀夫前首相と民主党の小沢一郎前幹事長がその職を退き、支持率がV字回復したうちに選挙になだれ込みたいとの思惑がどこまでも透けてみえる。

 予算委を開けば、事務所費で女性下着を買った荒井聡国家戦略担当相をはじめ、噴出している政治とカネの問題が追及されるのは必至だ。それを避けたのも火を見るよりも明らかだ。これでは、菅政権は政策実現を通じて社会を変え、国民生活をよくしていくことを目指しているのではなく、ただ国民をごまかして目先の選挙に勝つことだけが目的かと思えてしまう。

 「私に『裸踊り』をさせて下(くだ)さったみなさん、有り難(がと)うこざいました」

 鳩山前首相は15日、公式ツイッターでこんな意味不明のことをつぶやき、16日のツイッターで謎の「答え」としてある動画を紹介した。それは突然半裸で奇妙な踊りを始めた男に周囲が感化され、やがて一緒に踊り出すとの内容だ。

 民主党政権は有権者に何も知らせずただ扇動し、意味も目的も分からぬ裸踊りに巻き込もうというのだろうか。(阿比留瑠比)

<2010/6/16:産経新聞>

・・・と、まぁ、こんなのを支持する人たちが40〜60%いるっていうんですから、日本人の低レベルさは推して知るべしといったところですな。

菅首相の考えていることなど、ここまで軽薄なんですよ?

続きを読む
posted by バビロン7 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

放送されない口蹄疫問題質疑

赤松口蹄疫問題で、悲痛なる追求が行われました。

小沢の検察再起訴を報じる暇があったらこれをフルで流せよ。

続きを読む
posted by バビロン7 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

隠される無策

農水相、全額補償を表明 処分対象6万匹超の口蹄疫

 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談し、感染拡大防止などのために家畜を処分された農家に対し、全額補償を実施すると表明した。

 現在、家畜処分への補償は評価額の8割とされているが、農水相は会談で「(当面は)県が残りを措置し、後で国がやる。事実上の5分の5(の補償)だ」と強調した。

 同県で4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は計56カ所。処分対象は6万匹を超えており、国内で過去最悪の被害規模になっている。

 また農水相は、家畜の埋設処分の場所として国有地を提供するほか、防疫態勢を確保するため獣医師を倍増させ、九州農政局からの人員派遣を現在の10人から100人まで増やすことなども打ち出した。農家に対する生活支援については「検討したい」と述べた。

<2010/5/10:産経新聞>

ゴールデンウィーク前から宮崎県は助けを求めていたのですが、まともな動きを見せなかったのは政府です。

「打ち出した」などとカッコのいいこと言ってますけど、今更、です。

本当に今更の対応ですよ。

近年の事例では処分対象が1000頭を超えることはありませんでした。500〜800頭ですかね。

4月下旬にこの対策を出していればもっと被害を狭められたことでしょう。

そうした無策ぶりはマスコミには乗らないんですよ。それどころか事態の深刻さを伝えようとする姿勢も見えない。

どう深刻なのかといいますと、被害範囲は6万頭の牛だけじゃないからです。

感染が疑われる家畜の処分も大変ですが、口蹄疫を出した畜舎では、再発防止のため以後5年間家畜を飼うことができなくなります。

畜産農家に死ねというに等しい状態です。宮崎県南部の畜産が本当に壊滅してしまいますよ。

そんな対応までしなければいけない疫病ですから、一層初期の封じ込めが大切なんです。

でも手を貸さなかったよね、民主党政権は。

深刻な事態のもう一つは、風評被害です。

原口大臣が風評被害を抑えるために箝口令を敷いたようですが、欧米の諸外国は政府の発表はテレビのニュースよりも、現場の生の情報をインターネット経由で仕入れることになんの抵抗もありません。

すでに国連や欧米では大々的に報じられているので、日本は口蹄疫汚染国として広く認知されてしまっています。

口蹄疫を出したことによる風評被害よりも、対策が後手に回りまくっている国の食い物など危なくて食べられないというレッテルの方が甚大じゃないんでしょうか。

続きを読む
posted by バビロン7 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

いよっ、石川五右衛門!!!

◆「私腹肥やしたわけではない」と鳩山首相

 鳩山首相は24日夕の記者会見で、過去に「秘書の問題は政治家の責任」などと発言していたことについて、「過去の発言を否定するつもりはないが、私腹を肥やしたり、不正な利得を得たわけではない。反省すべきは反省し、改めるところは多々ある。しかし、連立政権の歩みを止めるわけにはいかない」と述べた。

<2009/12/24:読売新聞>

いやぁ、立派な義賊ですね。

盗んだ金を貧しい人達にばらまけば、私腹を肥やしたり、不正な利得を得た訳じゃないから問題ないんですね。

では鳩山には、そのお金を何に使ったのかきっちり説明していただかないといけませんねぇ。

どこの誰の懐にお金が流れていったのか‥‥‥。

あぁ怖い怖い。偽賊ってのはホントに怖いですね。

posted by バビロン7 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

ガソリン値下げ隊?なんすかそれ。

「あんな演技にだまされて民主党に投票した人達って、バカですね。」

と満面の笑みで言われてますが、民主党支持者さん、いかがです?

posted by バビロン7 at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

世間の崩壊

ここ数日の政治に関わるニュースを見ていて、何度目眩を覚えたことか。

事業仕分け共のバカさ加減、ハトの脱税、小沢の裏献金、普天間の騒乱‥‥‥。

円高を騒ぎながら、株安を問題視せず、ニュースのトップを飾るのは、とある容疑者が飯を食っただの何だの‥‥‥。

日本が危ない‥‥‥とか言う以前に、世間に流れる情報というのが本当にめちゃくちゃ。

些細なことで盛大に叩かれた麻生政権、尋常じゃない問題にもかかわらずお茶を濁す程度に触れられるだけの鳩山政権。

何が問題なのかすら整理できないほど世間が壊れているってことでしょうか‥‥‥。

posted by バビロン7 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

アカ日も狂わすハトぽっぽ政権

◆何のための補正予算か

 報道によれば、鳩山政権が2009年度第2次補正予算を検討しているという。厳しい雇用情勢や、国内景気再減速の懸念に備えるためらしい。

 景気対策とは文字通り、景気や雇用の悪化に対処するためのものだ。麻生前政権は、世界的な経済金融危機に伴う国内景気の急激な冷え込みに対して、真水で14兆円強の景気対策を09年度第1次補正予算で実施し、実際に景気下支えの成果を出した。

 政府は、そのうち約3兆円の執行を凍結し(うち公共事業は約5千億円)、それを第2次補正の財源に充てるという。しかし、そのような補正予算の組み替えをなぜ行うのか、それがなぜ景気対策なのかは、明らかにされていない。現行補正予算の景気刺激効果が小さいため、より大きな効果を発揮する施策に転換するためなのだろうか。

 景気対策は、今そこにある不況に対処するためのもので緊急性が高い。さまざまな批判を承知の上で言えば、だからこそ、即効性のある公共事業が選ばれてきたし、実際にその効果を発揮してきた。従来型ではない公共投資といえば聞こえはいいが、新たに計画を策定するのであれば、眼前の不況には間に合わない。規制緩和もしばしば対策に盛り込まれてきたが、本来は中長期の成長力を高めるものだろう。

 そのような性格を帯びた現行補正予算を組み替えて、新たな景気対策を打ち出すのであれば、政府は、景気の現状認識や見通し、予見されるリスクとその大きさ、現行対策と比べた新対策の効果や有効性を、国民に明確に示すべきだ。マニフェストにこだわるあまり、対策をいじくり回すだけなら、政策そのものが景気にとってリスクになりかねない。(山人)

    ◇

 「経済気象台」は、第一線で活躍している経済人、学者など社外筆者の執筆によるものです。

<2009/11/14:朝日新聞>

自分が言ってきたことも顧みず、よくもこんな記事を載せるわと思います。

官僚の無駄遣いを助長させるとか意味がないとか、昨今の事業仕分けと同じように粛正の火を放ったくせにね。

さっさと新聞社丸ごと筆を折って麻生前総理に跪いて謝罪しろよ。

posted by バビロン7 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

片付けるように成立させる

◆外国人参政権法案で小沢氏「やがて片が付く」 韓国民主党代表に

 民主党の小沢一郎幹事長は12日、来日中の韓国民主党の丁世均(チョン・セギュン)代表と党本部で会談した。同席者によると、小沢氏は永住外国人への地方参政権付与法案について「(議員立法でなく)政府が提案した方がいいと思ってやっている。やがて片が付きますよ」と述べたという。

 一方、民主党の山岡賢次国対委員長は同日の与党国対委員長会談で、社民、国民新両党に対し、同法案の今国会提出を見送る方針を伝えた。山岡氏は、11日の政府・民主党首脳会議で、同法案の対応を小沢氏に一任したことを報告し、「しっかり議論する時間を取るべきだ。法案をつくることを考えれば、提出するとしても(来年の)通常国会になっていくのではないか」と述べた。

<2009/11/12:産経新聞>

この・・・「片が付く」と表現する裏には、小沢のどんな感情が詰まっているんだろう。

何を考えているかと言うよりもそっちの方が気になって仕方がありません。

日本国民のことなんか考えるより、在日外国人のことを考えてあげる方がよっぽど意味があるってことなんですかね。

続きを読む
posted by バビロン7 at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

なにぶん初めてな事なので・・・

◆民主が方針転換、衆院予算委で質問へ

衆院の代表質問と予算委員会で政府への質問を見送るとしていた民主党が30日、方針を転換した。

 11月2日から始まる予算委の審議で質問に立つというのだ。

 見送りを公言していた山岡賢次国会対策委員長は30日、前言撤回の理由を、「予算委での質問見送りは、審議日数を1日にとどめることを想定していた時の話。野党との交渉で日数が3日に延びた以上、質問するのは自然なことだ」と語った。

 山岡氏は野党との折衝で、「予算委は1日で十分」と主張していたが、30日の衆院予算委の理事会で野党の主張に応じ、11月2、4、5日の3日間の審議で合意した。民主党は2日に2時間、質問する方向だ。

 民主党は「政府・与党は一体なので必要ない」などとして衆院の代表質問は行わなかった。一方の予算委では質問に立つというちぐはぐな対応となったが、民主党のある議員は「まだ与党に慣れていないから仕方がない。試行錯誤だ」と悪びれた様子もない。

<2009/10/31:読売新聞>

最後の語尾に記者と編集部の呆れ顔が見えますね。

「なにぶん初めてのことなので」と村山富市元首相は”阪神大震災”の時に言いました。

首相として口に出してはいけないことですが、突発的自然災害なので内心そう思っていても仕方がない側面はあると思います。

それを・・・この・・・民主党は・・・政権を取ったらどうなるかはじめから想定可能なことに対して

「慣れていないから仕方がない」

「慣れていないから仕方がない」

「慣れていないから仕方がない」だってさ〜〜〜〜。

笑点の好楽並につまんねぇ。

いや、それ未満。

早く解散総選挙になぁれ。

posted by バビロン7 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

聞き飽きた。本当に聞き飽きた。

◆首相、献金問題「私がしたわけでない」

 鳩山由紀夫首相は26日、自身の資金管理団体をめぐる個人献金の虚偽記載問題で、匿名献金の大半が鳩山家の資産管理会社の管理資金だったとの一部報道について「私がしたわけではない。秘書がなぜこういうことを行ったのか必ずしも本心が見えていないところがある」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 同時に「(問題の)一部始終を存じているわけではない。捜査に協力し、全容が解明されることを期待するばかりだ」と強調した。

<2009/10/26:日経新聞>

もういい。

ふざけた言い訳なんて昭和時代の彼方に捨ててこい。

とにかく辞めろ。

今すぐ辞めろ。

そして高らかに衆議院解散を宣言するんだ。

こんなかび臭い言い訳に終始する輩が「平成維新」と宣うなど、吐き気を催すわ。

「ゲロ以下のにおいがぷんぷんしやがるぜっ!」って心底思ったわ。

posted by バビロン7 at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

独裁政治家 小沢民

◆「いい政府、皆さんの1票で」=小沢氏、初の街頭演説

 「あの白人社会の米国でさえ、黒人の大統領を選んでまで変化を求めた。いい政府をつくるのは皆さんの一票一票だ」。民主党の小沢一郎代表代行は28日、高知県いの町で衆院選公示後初めて街頭演説を行い、同党への支持を訴えた。

 小沢氏は「小泉政権以来、改革の美名の下に国民生活を窮地に追い込む政治が行われてきた。政権交代が必要だ」と強調。「自民党に一票を入れておいて政治に文句を言う資格はない。投票を棄権する人たちにも、政治に文句を言う資格はない」と、強い口調で民主党への投票を求めた。

 小沢氏は18日の公示後、候補者の選挙事務所回りなどに徹し、これまで街頭でマイクを握ることはなかった。29日は福岡、石川両県で街頭に立つ予定だ。

<2009/8/28:時事通信>

「いい政府を作るのは皆さんの一票一票だ」

「投票を棄権する人たちにも、政治に文句を言う資格はない」

それには大変同意します、はい。

しかしですね。

「自民党に一票を入れておいて政治に文句を言う資格はない。」

この一言は、民主主義国家に住まう者として絶対に許せない言葉です。

なぜ許せないかなんて、あらためて言うまでもないんじゃないですか?

世の中いろんな事情を背負っています。

その結果、支持する政党も変わってくるわけです。

自民党から社民党、幸福実現党まで、それぞれの思いを以て一票を投じているわけです。

しかし小沢はそれを否定しました。

いわく、「民主党支持者にあらずんば政治に参加する資格を有する国民にあらず」

というわけです。

自民党支持者は民主党支持者に従わなければならない下級国民だと、小沢は言ったのです。

そういう政体がどこにあるかご存じですか?

とても身近にありますよ。

中華人民共和国です。

中国共産党員でなければ政府を動かすことは出来ない一党独裁政権です。

小沢の主張はまさにそれと同じです。

麻生首相は「国民はわかっていない」といらだちを示しました。それはそれで問題を含んだ発言です。

ですが小沢の発言はそれを遙かに上回る問題発言です。

「政権交代が実現しない日本は民主主義国家ではない。北朝鮮と同じだ。」とも発言しています。

ですがその小沢が実現しようと思っているのは中国のような残虐な一党独裁国家です。

民主党に一票を入れようとしている方々、すでに投じた方々に申し上げる。

小沢の言葉の意味を、よくかみしめてください。

posted by バビロン7 at 00:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

まぁおそらくこれに近いんだろうな

◆民主300議席超す勢い…衆院選情勢調査

 読売新聞社は30日投票の第45回衆院選を前に18日から20日までの3日間、全国の有権者約11万人を対象に世論調査を行い、全国総支局などの取材を加味して、序盤の情勢を探った。

 民主党は小選挙区選、比例選ともに自民党を圧倒しており、単独で過半数を確保し、300議席を超す勢いだ。

 自民党は、都市部に加え、伝統的な保守地盤である農村部でも、民主党候補に支持を奪われ、公示前議席の300議席から激減する見込みだ。

 公明党は公示前議席を固めきれず、苦戦している。投票態度を明らかにしていない人が、小選挙区選、比例選ともに2割前後おり、情勢は終盤にかけて変わる可能性がある。

 衆院選には、小選挙区選(定数300)に1139人、11ブロックの比例選(定数180)に888人(比例単独候補は235人)の計1374人が立候補している。

小選挙区選に271人を擁立した民主党は、全体の7割強を占める200人弱の候補者が当選有力になり、さらに40人前後が当落線上で優位に立つなど圧倒的な戦いぶりを展開している。

 小選挙区選に289人を擁立した自民党は、当選が有力な候補は限られており、大苦戦を強いられている。当選可能性のある候補が今後健闘すれば90人に近づく可能性がある。自民党は、社民、国民新の両党候補らと対決する選挙区では善戦しているが、対民主党では苦戦している。

 公明党も前議員8人が立候補したが、全員当選は難しい情勢だ。東京や大阪で厳しい接戦となっている。

 社民、国民新、みんなの党の3党は、いずれも小選挙区で2議席確保の可能性が高い。比例選も合わせて、公示前勢力を維持出来るかどうかの戦いとなりそうだ。共産党は小選挙区で苦戦するが、重視する比例選で公示前勢力の9議席を固め、さらなる議席の上積みをうかがう。

 比例選では、民主党が、前回衆院選で自民党が獲得した77議席を上回り、80議席台に乗る勢いだ。自民党は伸び悩み、50議席台の公算が大きい。

 国政選の世論調査では、具体的な投票先を明らかにしない人が3、4割を占めるケースが多いが、今回は小選挙区選、比例選ともに少なく、特に比例選では2割を切った。解散から投開票まで40日間の長期間だったこともあり、具体的な投票先をすでに決めている有権者が多いとみられる。

<2009/8/21:読売新聞>

続きを読む
posted by バビロン7 at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

切り刻まれた日本国旗

もぉ最低。

民主党とその支持者のいい加減さが現れてます、ホントに。

posted by バビロン7 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

追悼の辞を謝罪文に変えたNHK

◆【戦没者追悼式】麻生首相の式辞

 15日の全国戦没者追悼式での麻生太郎首相の式辞全文は次の通り。

 天皇皇后両陛下のご臨席をかたじけなくし、戦没者のご遺族および各界代表多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式をここに挙行いたします。

 先の大戦では、300万余の方々が、祖国を思い、愛する家族を案じつつ、亡くなられました。戦場に倒れ、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異境の地において亡くなられました。また、我が国は、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大な損害と苦痛を与えております。国民を代表して、深い反省とともに、犠牲となられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。

 終戦から64年の歳月が過ぎ去りましたが、今日の日本の平和と繁栄は、戦争によって、命を落とされた方々の尊い犠牲と、戦後の国民の、たゆまぬ努力の上に築かれております。

 世界中の国々や各地域との友好関係が、戦後の日本の安定を支えていることも、忘れてはなりません。

 私たちは、過去を謙虚に振り返り、悲惨な戦争の教訓を風化させることなく、次の世代に継承していかなければなりません。

 本日ここに、わが国は、不戦の誓いを新たにし、世界の恒久平和の確立に向けて、積極的に貢献していくことを誓います。国際平和を誠実に希求する国家として、世界から一層高い信頼を得られるよう、全力を尽くしてまいります。

 戦没者の御霊(みたま)の安らかならんことを、そしてご遺族の皆様のご健勝をお祈りして、式辞とさせていただきます。

<2009/8/15:産経新聞>

記事中に赤字の部分があります。

戦没者追悼式直後のNHKニュースが流したVTRがそこから始まったのです。

どのようなスピーチであっても、どのような話の始め方をするのかが非常に重要です。

が、NHKは

「300万余の方々が、祖国を思い、愛する家族を案じつつ、亡くなられました。戦場に倒れ、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異境の地において亡くなられました。」

という戦没者追悼の辞で最も重要な部分をカットして、記事中赤字の部分から始めたのです。

これでは追悼の辞ではなく、謝罪文の読み上げです。

これが捏造であり、印象操作であり、そうした誘導に基づく情報操作なんですよ。

VTRの尺が合わないから編集するのはごく普通にあることです。

しかしあのVTRで「趣旨が変わらなかった」と思う人間は、よほど文章やスピーチという物を軽んじているとしか思えません。ましてや映像のプロフェッショナルであり、その効果や演出を知り尽くしているはずのNHKがやったことです。

確信犯以外あり得ません。

一度、NHKも民放も一度国民に放送波も設備も返してください。

特にNHKは放送法上可能でしたよね。

誤字脱字どころか、文章をまともに扱えない素人に公共の電波を任せたくありません。

追悼文については、正直論ずるべき事は他の人に譲りますわ。

posted by バビロン7 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血統書付き世襲議員、民主へ入党

◆田中真紀子氏と直紀氏、民主に入党へ

 衆院新潟5区から立候補する田中真紀子元外相が民主党に入党する意向であることが14日、わかった。複数の党関係者が明らかにした。真紀子氏はいま無所属で、夫で無所属の直紀参院議員とともに、15日にも入党を表明する方向で調整中だ。夫婦ともかつて自民党に属したが、民主党が政権交代をめざす今回、完全にかじを切った。

 真紀子氏は田中角栄元首相の長女で93年に衆院議員に初当選。自民党に入り小泉内閣で外相となったが、外務官僚と対立し02年に更迭された。公設秘書給与の流用疑惑で党員資格を2年間停止され、03年に離党。過去2回の選挙は無所属で推薦を受けずに当選したが、今回は初めて民主党から推薦を受けていた。

 田中元首相に師事した小沢一郎代表代行と親しく、国会では03年から民主党系会派で活動。08年には衆院選後の与野党伯仲を想定して新党結成に意欲も示していたが、民主党の優勢が伝えられるなか入党に踏み切ったとみられる。

<2009/08/15:朝日新聞>

お盆だからって、妖怪まで呼び出さんでもええやろに。それもヒモ旦那も一緒に。

日本を腐った借金漬け土建国家に仕立て上げた田中角栄の娘、超典型的な世襲議員という奴です。

世襲を批判しておきながら、党代表自身が世襲議員で、さらにまごう事なき血統書付き世襲議員、さらには縁故の議員まで入党させるわけですからねぇ。

一時期の世襲たたきはどこへやら、どのマスコミも「おかしいね」の「お」すら出てきません。だったらはじめから嘴をつっこむんじゃないよ。

で?古い自民党の代名詞みたいな政治家の入党があってもなお、「民主党は自民党よりマシ」と見えるんですかね、世の中のみなさま。

しらけるわ、ほんとに。

posted by バビロン7 at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。