2010年11月11日

青山先生のニュースDEズバリ

尖閣諸島に関する一連の事件についてズバリ語っておられます。

どうぞご覧ください。

怒りと悔しさが綯い交ぜになった感情に胸が締め付けられるような思いで最後まで見ました。

posted by バビロン7 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

泥棒様がいらっしゃるそうな

ガス田周辺で中国船確認=仙谷官房長官

 仙谷由人官房長官は28日午後の記者会見で、東シナ海のガス田「白樺」の周辺で中国調査船の活動を確認していることを明らかにした。仙谷長官は「(ガス田の)掘削まで行っていると断定できる資料は今のところない」としつつ、「(調査船が)周辺にいらっしゃることは確認しているようだ」と語った。 (2010/09/28-17:45)

何度も何度も言うようだけど、民主党は日本の政治家ではありません。

検察はこれを外観誘致罪で逮捕起訴をするべきだ。

そしてそのまま、死刑に処するべき。

posted by バビロン7 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ちゅら☆うみっ!

中国2潜水艦、南西諸島を浮上航行…今月10日

 北沢防衛相は13日午前の閣議後の記者会見で、中国の潜水艦2隻を含む計10隻の艦隊が今月10日、沖縄本島と宮古島の間の公海上を南下したことを明らかにした。潜水艦は浮上して航行したという。

 同海域で潜水艦を含む10隻規模の中国艦隊の活動が確認されるのは初めて。太平洋での演習に向かうとみられ、海上自衛隊が監視を続けている。

 防衛相は「公海であることは間違いないが、今までなかった事態でもある。詳細な分析をして、わが国に対する意図があるのかないのかも含めて、よく調べて対応を検討したい」と述べた。外務省幹部は13日午前、外交ルートを通じて中国側に事実関係を問い合わせていることを明らかにした。

 自衛隊統合幕僚監部によると、艦隊は今月7日頃、東シナ海で訓練を行った後、海自護衛艦が監視する中、10日午後8時頃、沖縄本島西南西約140キロ・メートルの公海上を航行した。内訳は、キロ級潜水艦2隻、ミサイル駆逐艦2隻、フリゲート艦3隻など計10隻。13日現在、太平洋上を沖ノ鳥島方面に向けて南下中という。

 防衛省筋は、「米国に対する示威行動なら、グアム周辺に行く可能性もある」と指摘した。

<2010年4月13日:読売新聞>

いやぁ・・・美しい海ですねぇ・・・。

鉄の鯨と鉄の城が仲良く泳いでいきますよ・・・。

辺野古沖のジュゴンも喜んでいることでしょうに・・・。

日米に向けた示威行動なのはわかりきったことでしょ。

海を占領する気があるって、行動をもって示してきたわけでさ。

ヒステリックに騒げとは言わないがね。やり返す用意があることを言ってくれないのかね。この国の 感冒 官房長官は・・・。

続きを読む
posted by バビロン7 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

死の行進

お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱

 在日外国人も含む15歳以下の子どもの保護者に、子ども1人あたり毎月1万3000円を支給する「子ども手当て」が26日、国会で成立した。そんななか、外国人を多く抱える自治体の窓口にはすでに連日のように外国人が訪れ、「子どもがいればお金がもらえると聞いた」などと職員を困らせているという。自治体の中には、法の改善を求める要望書を国に出すところも現れている。

 東京都荒川区は人口約20万人のうち、1万5000人が外国人居住者(2009年3月1日現在)。人口の実に約7%を占める。同区役所は最近、子ども手当ての受給を問い合わせる外国人への対応に苦慮しているという。

 児童手当・子ども手当ての給付申請窓口である子育て支援部の職員は「今月初めから外国人居住者の問い合わせが目立つようになりました。窓口に直接押しかけてくる人もいます」と語る。

 職員によると、24日にも30代のネパール人男性が窓口を訪れた。男性の目的は、まだ受付も始まっていない子ども手当ての受給申請。しかし、説明しても日本語が通じず、結局、「男性の知り合い」という別のネパール人男性に電話をかけて事情を説明してもらったという。

 「来訪する外国人のほとんどは中国籍の人。友人と連れだって来たり、『子どもがいればおカネがもらえると聞いた』と言ってくる人や、日本語が話せないのに『子ども手当て』とだけ書いた紙を持参してくる人もいます」

 埼玉県川口市も同様の問題に悩まされている。児童手当給付の窓口になっている福祉部子育て支援課にも、子ども手当ての受給を求める多くの中国人が訪れている。

 「ここ1カ月で目立つのは児童手当の“駆け込み”申請。友人と来たり、兄弟と来たり。それこそ芋づる式です」

 なかには「いつから(金額が)増えるんですか」と露骨に聞いてくる者もおり、職員をあきれさせたという。

 川口市も荒川区と同じく、外国人の居住者が多い。とりわけ中国人の居住者の伸びが著しいが、児童手当受給者の数も外国人の中では中国人が飛び抜けているという。

 「住民登録したその日に申請してくる人もいます。外国人居住者の中には児童手当の存在自体を知らない人が結構いる。なのに、中国の人はほとんどが知っている。一体どこから情報を仕入れてくるのか…」

 そこで、「新興宗教の勧誘者までもが、布教のために中国語を勉強している」(地元住民)というほどに中国人が急増している同市内の団地を訪れてみた。

 団地内にいた30代の中国人女性3人に聞くと、いずれも「児童手当の受給を受けている」と答えた。吉林省出身で5年前に来日した主婦(32)は「来日してすぐに友だちが教えてくれた。コミュニティー内では児童手当受給は“必須項目”です。川口市で外国人登録してすぐに申請しました」と語った。

 一方、各自治体の担当者が頭を悩ませるもうひとつの問題が「不正受給」。現在の児童手当法では、子どもの出生証明と子どもの監護、つまり実際に子どもを自らの収入で養っているという証明が必要だ。だが、この証明方法が実にいい加減なのだ。

 「海外に子どもがいるなら、現地の銀行の発行した送金通知書などが証明書代わりとなります。ただ、書式が決まっていないので、いくらでも偽造が可能。手渡しで受給する場合はもっとザルで、『国に帰る友人に書類を預けた』と言って、友人のパスポートの出入国記録を見せても、通ってしまう。本当に子どものために使われているのかなんて調べようがありません」(川口市職員)

 すでに児童手当でも、こうした問題が起きているのだが、今に至るまで放置されたままだ。

 「今回、子ども手当てが始まるのを前に、厚生労働省に改善要望書を出しました。法律の不備を放置したまま、いたずらに門戸を広げても不正受給が増えてしまうだけです」(荒川区職員)

 その是非はともかく、「子ども手当て」による大混乱は必至の情勢だ。

<2010/03/29:ZAKZAK>

ま、9月の発足以降、見てきましたけども、出るネタ出るネタ手のつけようがないほど腐っています。

そしてその腐った汚物が法案として形をなしたのがこの子ども手当。

こんな記事になるまでもなく、わかりきっていたことです。

それを放置したまま成立させてしまいました。

まぁ・・・民主党とその支持者にとっては、国とか国籍の区別を持ち出す人間は死んでしまっても構わない存在なんでしょうし、外国人はみんな困っている哀れな人々でしょうから「申請してきたみんなにお金を出せばいい」ってことなんでしょ。

日本の税金で外国人の子供を養うという人がいますが、それは違います。

税金ではありません。

国債、地方債で養うことになるんです。

2010年度予算の有様を見て、そう思わない人間なんています?

予算内の比率では、税収よりも赤字国債発行額が上なんですよ?

そんな状態で他国の「不確定実在養子(笑)」に月額1万3千円/人を供出するんですよ?

正気の沙汰と思える人がいたら教えてください。

そんな人は早急にサナトリウムに放り込むべきです。

あ、とりあえず首相からだな。

しかしまぁ、この状況を見るにつけ、第二次大戦中の無理な継戦派ってのは民主党みたいな人たちが形成していたんだなぁ・・・と思いを馳せざるを得ません。

posted by バビロン7 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

強権、傲慢、逆ギレ、嘘つき、さて次は何だ。

◆天皇陛下特例会見:元首相、自民党も要請…前原国交相発言

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が特例的に設定された問題で、前原誠司国土交通相は15日、「元首相、自民党の方から要請が首相官邸に届いたということで、我々がルールを曲げたということではないと聞いている」と述べ、元首相から会見を実現するよう要請があったとの見方を示した。自民党から「天皇の政治利用」との批判が出ており、けん制する狙いがあるとみられる。

 これに関連し、平野博文官房長官は同日の記者会見で「コメントは差し控えたい」と述べるにとどまった。岡田克也外相は「いろんな人のところにいろんなことを言ってきたと聞いているが、私のところには来ていない。事実かどうか承知していない」(同日の記者会見)と語った。

 一方、自民党の谷垣禎一総裁は事実関係は把握していないとしたうえで「前原さんが何のためにそんな発言をしたかつまびらかでないが、まさに『顧みて他を言う』ことではないか」と批判した。

<2009/12/15:毎日新聞>

ほうほう、それで?

続きを読む
posted by バビロン7 at 07:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

中国の歴史小説でも見てるのか?

◆宮内庁長官に辞任要求 特例会見問題で小沢氏「30日ルールは法律ではない」

 民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との15日の特例会見について「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官に対し、「内閣の一部局の一役人が、内閣の方針にどうだこうだと言うなら、辞表を提出した後に言うべきだ」と、羽毛田氏の辞任を要求した。宮内庁長官の進退問題に発展する可能性が出てきた。

 会見で小沢氏は「(正式申請の期限の)30日ルールって誰が作ったのか。法律で決まっているわけでもない。国事行為は『内閣の助言と承認』で行われるのが憲法の本旨で、それを政治利用と言ったら陛下は何もできない」と、政治利用ではないと強調した。

 30日ルールは天皇陛下の体調に配慮したものだが、小沢氏は「陛下の体調がすぐれないなら優位性の低い(他の)行事はお休みになればいいことだ」「陛下ご自身に聞いてみたら、手違いで遅れたかもしれないが会いましょうと必ずおっしゃると思う」と指摘した。

 また、小沢氏本人が特例会見を政府側に働きかけたとの見方を「私が言った事実はない」と否定した。

 民主党は14日、小沢氏と習副主席の15日午後の会談中止を発表した。小沢氏は会見で「会いたいと連絡はあったが予定したわけではない。中国に行ったばかりだ」と述べたが、同党幹部は「マスコミが批判するからだ」と語った。

 習副首相は14日午後、羽田空港に到着し、同日夕、鳩山由紀夫首相と首相官邸で会談、両国の戦略的互恵関係の強化を確認した。

<2009/12/14:産経新聞>

王朝滅亡の頃には往々にして、権力を振りかざして権威をほしいままにし、私利私欲を満たそうとする悪逆非道の大臣が現れるものです。

俗にこれを、君側の奸という。

こいつは昭和時代の政治家どころの騒ぎではない。

秦朝末期、楚漢戦争の時代に現れた趙高並みの国賊だ。

一刻も早くこいつを放伐しなければ・・・日本が危ないわ。

posted by バビロン7 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

中国以外を侮辱する鳩山政権

◆政治利用に当たらない=陛下と中国副主席の会見−首相

 鳩山由紀夫首相は11日夜、習近平中国国家副主席と天皇陛下との会見を宮内庁に働き掛けたことについて「(天皇の)政治利用という言葉は当たらない」と述べ、問題ないとの認識を示した。首相官邸で記者団に語った。

 習副主席と陛下との会見は、各国に1カ月前までに書面で申請するよう求めている宮内庁の通達に反する形で実現の運びとなった。これについて首相は「1カ月を数日間切ればもうしゃくし定規に駄目だということで、果たして諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか」と指摘した。

<時事通信:2009/12/11>

そう、その通り。杓子定規って奴だ。

何のための定規か。

日本の代表として、諸外国の代表との謁見に不公平というものを生じさせないための定規だ。

米国のような大国にして同盟国であろうと、世界で最も弱く小さい国だろうと、等しく遇するための配慮だ。

それすらもこいつらはわからないんだよ。

人として見下げ果てた連中、それがこの国の与党にして総理だそうな。

日本史上、最大、最高、空前絶後の汚点として刻まれることでしょう。

こんな政権を立てた国民もまた、同じ汚点として記憶されるのですね‥‥‥。

嗚呼‥‥‥。

posted by バビロン7 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シナ様の仰ることならどこまでも

◆天皇陛下と中国要人会見、首相が特例で実現指示

 平野官房長官は11日午前の記者会見で、中国政府が14日に来日予定の中国の習近平国家副主席と天皇陛下との特例的な会見を求め、鳩山首相が会見を実現するよう指示していたことを明らかにした。

 政府関係者によると、外国要人と陛下との会見については原則として1か月前までに相手国が文書で申請するのが慣行だが、中国側からの申請は1か月を切ってからだったという。

 これについて平野長官は、「日中関係は政治的に非常に重要なので(外務省、宮内庁に)お願いした」と述べ、数日前に首相から指示を受けたことを認めた。

 その上で、「要人が来るので、お会いして下さいということは政治利用でも何でもない。ただ、陛下のお体には十分注意し、対応しなければならない」と語り、問題はないとの見方を強調した。

<読売新聞:2009/12/11>

◆特例で天皇会見を要請 副主席訪日で中国政府

 中国政府が14日に訪日予定の習近平国家副主席と天皇陛下との特例的な会見を日本側に求めていたことが11日、複数の政府関係者の話で明らかになった。平野博文官房長官は午前の記者会見で、「日中関係は政治的に重要なので(宮内庁に)お願いした」と述べ、応じる方向で調整していることを認めた。

 習氏は胡錦濤国家主席の有力後継候補とされている。中国は陛下との会見に向けた所定の手続きをとっていないが、会見を実現できなければ習氏の体面を傷つけ責任を問われかねないと判断、働き掛けを強めている。

 外国要人と陛下との会見については、1カ月前までの文書での正式申請が前提。関係者によると、中国側からの申請は11月下旬だったが、鳩山由紀夫首相は民主党の小沢一郎幹事長らの働き掛けを受けて、9日に平野氏に会見が実現できないか検討を指示したとされる。

 平野氏は「要人が来るので、お会いできないかと(陛下に)お願いするのは政治利用でも何でもない」と強調。宮内庁幹部は「ルール違反であり、天皇陛下の負担軽減の問題もある」と指摘しながらも、首相官邸の意向に配慮する考えを示した。

<47news:2009/12/11>

小沢の忠誠心を確認するためですね。

わざわざ説明されなくてもよくわかります。

posted by バビロン7 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

新彊倭人自治区誕生まで、あと・・・日

◆胡主席と会談、友好促進で一致 小沢氏、 存在感一層強まる

 【北京共同】訪中した民主党の小沢一郎幹事長は10日夕(日本時間同)、北京の人民大会堂で胡錦濤国家主席(中国共産党総書記)と会談し、両党の関係強化や議員交流を通じた日中間の友好促進で一致した。

 会談で小沢氏は「政府レベルでは難しいものについても、党レベルでの交流により忌憚(きたん)ない話し合いになればよい」と強調。胡氏は「今年9月に民主党の政権になってからも交流を深めることができた。鳩山由紀夫首相との会談で互恵関係が新たな段階に入った」と応じた。

 会談は約30分間行われ日本側は輿石東幹事長代行や山岡賢次国対委員長らが同席した。中国側トップとの会談実現で政権内での小沢氏の存在感が一層強まることになりそうだ。一方、中国側は鳩山政権とのパイプづくりの一環としたい考えだ。

 小沢氏は会談で「政権交代を実現したが、こちらの国に例えれば解放の戦いはまだ終わっていない。来夏に最終決戦がある。兵を募り、鍛え、勝利を目指している。野戦軍の総司令官として解放戦が終わるまで徹したい」と述べ、参院選勝利に向け意欲を示した。

<47news:2009/12/10>

この国を滅ぼすために存在する巨魁。

言葉の一つ一つがそれを物語っている。

リップサービスが冗談になっていない。

小沢は日本国民ではなく、この国の王になりたがっている独裁者だ。

一刻も早く、日本の政治権力から放逐しなければ、本気で日本という民主主義国家は滅ぶ。

posted by バビロン7 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

大きく取り上げられないこと

国籍法改正という大きな問題がさしたる注目もされず、さっさと成立してしまいました。

たとえ取り上げられたとしても、「なんかかわいそうな人がいるから助ける」という非常に表面的な報道しかされていないので、“問題提起”という体をなしていませんでしたな。

んで、同じくというか、国籍法改正よりも重大な問題があるんですけど、やはりそれは取り上げられていません。

続きを読む
posted by バビロン7 at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

遺憾の意は意味をなさなかった。コマンド?

◆尖閣諸島:中国「調査船の派遣、中止せず」

 中国外務省の劉建超報道局長は9日の定例記者会見で、中国の海洋調査船が尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海に侵入したことについて「調査船をいつ再派遣するかは中国側の事情だ」と指摘、今後も調査船の派遣を中止する考えがないことを示唆した。

 劉局長は、尖閣諸島が古くから中国固有の領土だとの主張を繰り返した上で「中国が主権を有する海域で正常に航行して、何が挑発と言えるのか」と指摘。13日の日中韓首脳会談などには影響しないと強調した。

<2008/12/9:共同通信>

さて、また調査船を送ってくるとのことですがどうしますかね。

害務省と乏衛省は・・・。

ちなみに中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは1970年代に入ってからです。

posted by バビロン7 at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

シンボルマークの作り方

チベットにまつわるひどい話についてはいろいろ言いたいことがあります。

しかし時間がないものですから、この画像で全てを語らせていただきます。

殺人五輪.jpg


大紀元時報から拾ってきました。
posted by バビロン7 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

人権無視の保証書

「あいやー、逆効果アルよ。」

と中国は思っているに違いない。

続きを読む
posted by バビロン7 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

ピンピンコロリ

野村監督は続投だそうです。

続きを読む
posted by バビロン7 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

今回ばかりは荒れたエントリーを許してほしい。

はぁーーーーはっはっはっ!

この耄碌ジジイがこの国の首相候補だとよ!

口にしたくもない罵詈雑言が次から次へと出てくるじゃねぇか!
どうしてくれるんだ!責任取れ!!!




続きを読む
posted by バビロン7 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

9/17 再び

なんと言いますか、切ない思いで一杯です。


拉致家族ら「圧力強めて」 首脳会談5年を前に集会
 北朝鮮が日本人拉致を認めた日朝首脳会談から丸5年を迎える17日を前に、拉致被害者家族会が16日、東京都内で集会を開き、北朝鮮が5年前に「死亡」と伝え、その後消息が判明しないままの被害者家族らが「世論の力で被害者に未来を」「圧力を強め本気で闘って」と口々に訴えた。

 自民党総裁選に立候補した麻生太郎幹事長も飛び入り参加し「拉致問題は解決せねばならない主権侵害だ」と発言。約500人の聴衆から拍手を浴び、家族らと握手を交わした。

 家族会メンバーは集会後に記者会見。横田めぐみさん=失跡当時(13)=の母早紀江さん(71)は被害者家族の高齢化問題に触れ、「わたしたちも(交渉担当者と)一緒に連れて行ってもらい、あちらの指導者に直接思いの丈を伝えたい」と語った。
(共同)
<共同通信:H19.9.17 (月)>
安倍さんが首相になり、参院選で中山恭子議員が当選し、まだまだ押していくぞという感じだったんですが‥‥‥。

福田さんが総理になればぶっちゃけ『拉致被害者など二の次三の次』になるでしょうな。
好々爺然とした親中派。クニウリセブンのナンバーツーですから。
既に安倍さんの対北強硬路線の緩和を表明しております。

ニュースの評価そのままということであれば福田総理の誕生です。
国内の国民には金を配ってご機嫌とって、拉致されている国民には『たかが数人のことで‥‥‥』と切り捨てられたのでは溜まりません。
なんとしても『拉致問題に強硬に出なければ政権が持たない』と思わせるくらいの強いメッセージを政府与党に突き付けねばなりません。
posted by バビロン7 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

2007年09月10日

テロ特措法に関するメモ

テロ特措法に関するQ&A

風邪気味なので今日はこれだけ。
posted by バビロン7 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

年金はあげるから国を売ってくれby民主党

‥‥‥世の中の多くの人々が『今回ばかりは民主党に入れても良いな』と考えているに違いない。

だがやはり見誤ってはいけない。
自民党にも加藤紘一や山崎拓のような、どこの国の政治家かわからない発言をする議員がいます。特に外交関係で。

翻って民主党はどうなのか。
こちらの記事の通りです。

公約は一つ。

『障碍者と大韓民国のために働きます!』


下関出身 在日コリアン2世が挑戦
下関市の在日コリアンにとって、今回の参院選はこれまでにない選挙になりそうだ。同市出身の在日2世で日本国籍を取得した金政玉(キム・ジョン・オク)氏(51)が民主党公認で比例区に立候補するからだ。(山下知子)

  金氏は3歳の時にポリオ(小児まひ)で足が不自由になった。下関市立の小中学校を経て県立防府養護学校で学び、就職のため上京。現在は障害者団体の事務局次長と在日本大韓民国民団の職員を兼ねている。05年12月に日本国籍を取得した。参院選では、障害者差別禁止法の制定と定住外国人の地方参政権獲得を訴えるという。

  下関市内で韓国物品店を営む丁美沙枝さん(64)は、市内に住む金氏の姉(61)らを通じて同氏の主張を知り、応援している。韓国籍で、選挙権はないが「選挙を通じ、我々の思いや考えを日本社会に知ってもらいたい」と願う。

  地方参政権の獲得は、民団にとっても目標の一つ。県地方本部の李相福団長は「日本で生まれ育ち、日本人と同じように税金を払っている。義務ばかりで権利がないのはおかしい」と話す。

  在日コリアンの国会議員としては04年の参院選比例区で当選した民主党の白真勲(はく・しん・くん)参院議員(48)がいるが、通称名や日本語読みの氏名でではなく、本名のまま立候補するのは金氏が初めてという。民団県地方本部の幹部は「在日差別は根強く残る。その状況を打破するきっかけになれば」と話している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆県内票にらみ各党遊説に力 
  参院選比例区には、ほかにも県ゆかりの人が立候補を予定している。

  自民党では、宇部市出身の現職、福島啓史郎氏(61)と、佐藤信二・元衆院議員の娘婿の新顔、阿達雅志氏(47)が県内で重点的に活動する。福島氏は県内の農協や漁協などの支援を取り付け、公示後は県内にほぼ張り付く予定。阿達氏も県内での遊説に力を入れる方針だ。

  民主では旧岩国市区選出の県議だった新顔、藤谷光信氏(70)が立候補する。浄土真宗本願寺派の僧侶で、同派の全国的な支援を受けるが、県内も重点地区だ。

  公明県本部は元電算会社員の新顔、山本博司氏(52)の当選をめざす。県内では12万5千票を超える得票が目標という。山本氏は14日に県内9カ所で演説する予定。

  共産県委員会は元衆院議員の新顔、春名直章氏(48)を支える。県内で7万2400票の獲得をめざす。春名氏は13日、県東部を中心に街頭演説するという。

  社民県連合は元衆院議員の新顔、金子哲夫氏(58)を支援する。県内での獲得目標は4万5千票という。金子氏は17日に宇部市内で演説会を予定している。
<朝日新聞:H19.7.10 (火)>
続きを読む
posted by バビロン7 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(11) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

風雲急。日本の現状

この前、国民投票法案が衆参両院を通過して、成立しました。
憲法に定められたことを実行する法案がなかったので作っただけなんですが、何やら地獄の釜のふたでも開いたかのような大騒ぎでしたな。

で、国内はおろか隣の国まで騒ぎ出す始末‥‥‥。


続きを読む
posted by バビロン7 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。