2006年02月13日

グダグダトリノ orz

いやぁ、今五輪を象徴するかのような話ですね。

原田、軽すぎた 規則違反で失格
 まさに「想定外」の大ミスだ。ノルディック・ジャンプのノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)予選で95メートルを記録し決勝出場が確実と思われた原田雅彦(37)=雪印=が、使用したスキー板に対し体重が軽すぎるという規則違反で失格となった。大ベテランの5回目の五輪は、何とも後味の悪いものとなってしまった。日本勢は葛西紀明(33)=土屋ホーム=が予選トップ、伊東大貴(20)=土屋ホーム=も9位で通過した。今季のワールドカップ(W杯)個人総合15位までに入っている岡部孝信(35)=雪印=は、予選免除。 (プラジェラート高橋隆太郎)
 ジャンプ後の体重検査を終えた原田の表情が、みるみる硬くなっていった。「私の初歩的なミスです。申し訳ない」。まさかのルール違反。大ベテランらしからぬ、大失態だった。
 国際スキー連盟(FIS)の規則は、選手の身長と体重に対応して、使用するスキー板の長さを規定している。身長174センチの原田がこの日の253センチの板を使うには、ウエアとブーツを合わせた体重が61キロ以上なければならない。だが60・8キロしかなかったのだ。
 わずか200グラム。牛乳びん1本分だ。調整ミス? いや、違った。「60キロでいいと思っていた」。このドタバタ劇の原因は、本人の勘違いにあったのだ。
 まさに、天国から地獄だった。もともと、最後の最後で五輪代表に滑り込んだ原田。しかも本番直前の公式練習で大ジャンプを並べ、ノーマルヒルの出場権をゲット。苦労を重ねた末、ここまでたどりついたのだった。
 さらに、この日の試技では83・5メートルと失速。予選通過に黄色ランプがともっていた。しかし、本番では95メートルのK点ジャンプ。一時は、予選通過を確実にしていた。
 ハラハラドキドキ。いつも通り、土壇場での勝負強さを発揮。数分前までは、報道陣の「ヒヤヒヤしましたね」の問いに「想定内、想定内」と応えるなど、笑顔を振りまいていた。
 考えられないミスの発生。しかも、百戦錬磨の大ベテランが犯してしまったのだ。ユリアンティラ・コーチ(52)は原田の失格が分かった直後「帰っていい」と怒りを隠さなかった。時間を置いてからは「とても不運なハプニング」と冷静さを取り戻していたが「常に選手の後を追いかけて『アレやれ、コレやれ』と指示はできないからね」。原田の自覚不足を指摘することは忘れなかった。
 つらい立場に追い込まれながら、報道陣の前に現れ、説明した原田。「想定外ですか?」の質問に「想定外です。もったいないです」とポツリ。10日の公式練習では100メートル超えを連発し、同コーチにラージヒルや団体での起用も示唆させた大ベテラン。しかし5大会連続五輪の初フライトは、そんな夢も奪ってしまいかねない。
<中日スポーツ:H18.2.13 (月)>
モーグル、ハーフパイプ、その他ジャンプ全部ダメ。
惜しかったのは上村愛子の5位だけかいな。

あとはスピード・フィギュアスケート‥‥‥スケルトンにボブスレーをだらだら眺めるだけか???
いかんな。
やっぱり夏の五輪のように長期休暇とかぶってくれないと見る気が下がりまくりだ‥‥‥。
posted by バビロン7 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

トリノ五輪開幕

加藤旗手を先頭に日本行進…トリノ五輪開幕
 第20回冬季オリンピック・トリノ大会は10日夜(日本時間11日早朝)、イタリア北西部のトリノで開会式が行われ、今月26日までの17日間にわたる雪と氷の祭典が幕を開けた。
 イタリアでの冬季五輪開催は、1956年のコルティナダンペッツォ大会以来半世紀ぶり。
 史上最多の7競技・84種目に、80か国・地域から約5000人の選手・役員が参加。日本は238人(選手112人、役員126人)の選手団を派遣している。
 開会式の入場行進では、先頭のギリシャに続き、イタリア語表記のアルファベット順に各国・地域の選手らがスタジアムに入った。
 日本選手団は、旗手の加藤条治(スピードスケート、日本電産サンキョー)を先頭に、スタンドに手を振りながら堂々と行進。
 韓国と北朝鮮は冬季五輪で初めて合同で入場行進した。
 国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ会長らのスピーチの後、イタリアのチャンピ大統領が開会宣言を行った。
<読売新聞:H18.2.11 (土)>
始まりました。トリノ五輪。

夏と違って夜遅くに生で見ているわけにはいかないのが少々辛いところです。
生というか演技、競技だけを見ているうちは良いんだが、ニュースとかで繰り返し繰り返しけれん味たっぷりに「勇気」だの「感動」だの押しつけられるのがすっごい嫌。

まぁ出来るだけ生の映像が見られるよう録画するとしよう。(w
posted by バビロン7 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

実は視聴者は消費者じゃない

まーなんつーか、ジャンプに失敗して6位でもなお2006年のトリノ五輪に出る安藤美姫選手。

美姫、紅白で4回転跳ぶ!?「紅白」審査員に決定
トリノ五輪代表の座を獲得した安藤美姫選手(18)=愛知・中京大中京高3年=が、大みそかの「第56回NHK紅白歌合戦」の審査員に起用されることが26日、分かった。美姫は全日本フィギュア選手権のテレビ視聴率で選手別最高も記録し、充実の年となった。
 NHKは、視聴者からの注目度が抜群の安藤を「審査員の華として迎えたい」(同局関係者)と起用を検討してきた。今年の活躍ぶりが審査員の起用基準にもなっていることから、美姫のトリノ五輪行きの決定を待って起用を決めた。NHKは既に新大関の琴欧州や文化勲章受章の女優森光子ら8人を審査員として発表している。
 また、NHK側は今年の審査員は「審査にとどまらずコーナー企画に参加してもらう」という意向で、美姫が紅白のステージ上で4回転ジャンプに匹敵する極上パフォーマンスを披露する可能性もある。
 一方、美姫にも負けない人気ぶりの浅田真央選手を審査員に起用することも一時、検討されたが、深夜まで拘束する紅白とあって「15歳の中学生なので起用できなかった」(関係者)という。
 女子フィギュア界からの審査員には、一昨年に村主章枝選手、昨年には荒川静香選手が起用されている。
  (竹島勇)
<中日スポーツ:H17.12.27 (火)>
浅田真央選手の代役を仰せつかったようです。

大舞台を目前に控えた絶不調の選手を捕まえて5時間ほどの長丁場に出演し、衆目に晒されていろ‥‥‥とな。
そこには安藤選手とフィギュアファンの間にどんな意味があるんだろうな。

『NHKのためのゲスト』
‥‥‥‥‥‥‥‥‥いとつきづきし。
安藤選手が哀れでならないな。


っつーわけで2ちゃんねるで興味深いコピペを見ました。

NHK杯フィギュア2002年優勝 恩田美栄   同年 紅白審査員 恩田美栄
NHK杯フィギュア2003年優勝 村主章枝   同年 紅白審査員 村主章枝
NHK杯フィギュア2004年優勝 荒川静香   同年 紅白審査員 荒川静香
NHK杯フィギュア2005年優勝 中野友加里  同年 紅白審査員 安藤美姫←( ゚Д゚)ハァ?

【NHK】安藤美姫を「紅白」審査員に決定
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135673750/

どんどんコピペしてね。中野さんがかわいそう過ぎる。
テレビ局が『俺達ってこんな人を呼べるんだぜぇ?すげぇだろぉ。みんな見ろ見ろ〜。』って露出狂まがいの自慰行為に走っているようにしか見えん。
テレビ業界における消費者はテレビを見ている視聴者じゃない。
コンテンツの消費者がテレビであり、視聴者はそうやって消耗する様を見せつけられる存在なんですよ。
posted by バビロン7 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

素朴な疑問

誰か教えてください。



ロッテ、4連勝で31年ぶり日本一 ボビー「イチバンデス」(中日スポーツ)




阪神タイガースが株式公開、上場をしていたら今頃株価はどうなっているんですか???
posted by バビロン7 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

破談になっちゃえ。

頼む。断ってくれ。



◆ノムさん「来年優勝しろなら断る」

楽天にイライラ

 来季の楽天監督就任が決定的な社会人野球、シダックスの野村克也監督兼ゼネラルマネジャー(70)が29日、群馬県太田市の太田市民運動公園で行われた練習試合前に会見し、「具体的な話がまだない。私に何を期待しているのかわからない」と、球団の煮え切らない姿勢をチクリ。さらには、「来年すぐ優勝しろというのなら断る」と過激発言まで飛び出した。

 22日に球団フロント3人が就任を打診してきて以来、正式要請がいまだにない。選手の編成方法も気に入らない。来季監督を打診している自分に相談もないまま、16人もの戦力を自由契約にしたからだ。

 「カツノリから、おとといくらいに電話がかかってきた。解雇された選手に、もったいない選手もいたと言っていた。オヤジなら使いこなせる選手もいたんじゃないかと言われた」。息子のカツノリ(現楽天)に代弁させる形で、不満を漏らした。

 球団は「常勝軍団」を目指しているが、野村氏はこれにも反発する。「戦力を整えて勝つには、時間もお金もかかる。(今年は)38勝でしょう。それを超えるのも難しいよね」と分析した上で、「来年すぐ優勝しろというのなら断る」とも。もっとも、「(勇退した)仰木監督と張り合えたらいいなと思っていた」と話すなど、ヤル気は満々。

 球団もすでに10月4日正式発表、5日チーム合流のシナリオを描いており、まさか就任撤回ということはなかろうが、ノムさんと楽天の間に早くも生じた微妙な亀裂が気にかかるところだ。

<中日スポーツ:H17.9.30 (金)>


カツノリの眼力が確かかどうかはともかくとして(笑)、野村さんも楽天の姿勢には若干疑問を抱いているみたいですね。

野村監督になったところでどうなることやら。

先日書いたように、楽天のフロントには待たねばならない期間というのが理解できないわけですから。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥。

暗い話ばかりでも仕方がないので、微笑ましいのを一つ。



◆「表彰は野球ぐらい」 パンチ佐藤さんに感謝状

 神奈川県警中原署は30日、自宅に侵入した男を取り押さえ逮捕に協力したとして、元プロ野球オリックス選手でタレントのパンチ佐藤(本名佐藤和弘)さん(40)に感謝状を贈った。

 佐藤さんは「表彰されたのは小学校6年と野球のときぐらい。すごくうれしい。これからも地元のために何か頑張りたい」と笑顔で語った。

 佐藤さんは11日午後6時ごろ、川崎市内の自宅駐車場に侵入した男(46)を取り押さえた。男は覚せい剤約1グラムを所持し、同署員が住居侵入と覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕した。

<共同通信:H17.9.30 (金)>


彼がオリックスブルーウェーブの選手だったことを誰が覚えているだろうか。(w

「結果が出せない新庄」というとわかりやすいだろう、名物キャラでした。

まだまだ元気そうで何より。
posted by バビロン7 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

1番田尾が塁に出て、2番野村はどうするね?

2004年6月、オリックスブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの合併騒動から始まったプロ野球再編劇は、東北楽天ゴールデンイーグルスという新球団を誕生させ、38勝97敗1引き分け、勝率.281、首位とのゲーム差51.5、という結末で幕を閉じました。



全日程終了を前にして『勝負の世界では結果が全て』と言わんばかりに田尾監督、おそらくコーチ陣も、解任が通告されました。

私的感情としては解任にとても腹を立てますが、チームを強くしなくてはならない立場のフロントからすれば、楽天が最初の監督経験となる田尾さんより歴戦の野村さんを招聘したくなるのも仕方がないと思いますよ‥‥‥。

今シーズンの結果について、楽天の中で責任者を捜すことは全くもって意味がありません。

誰がどうやろうとまともな結果になるわけがないチームなんですから。

よくぞ100敗を食い止めたと思います。ほんとに。

ドラゴンズが三タテされてあげたのが良かったんだよきっと、マジで。(T-T)



それよりも何よりも、責任を追及するなら球界そのものです。

正直言って、プロ野球の70年という歴史の結果が、この負債を押しつけられたような新球団なのかと、日本プロ野球機構の胸ぐらを掴んで問いただしたいところです。

シーズン中だからかも知れませんが、いまいち球界改革のためのダイナミックな動きが見えてきません。

つい一年前の今頃、ストライキで大騒動になったことを忘れたかのような球界の空気。

楽天の結果が楽天だけの問題のように見ている球界の雰囲気がちょっと許せないですね。



‥‥‥いろいろ庇うようなことを言ってますけども、実は楽天のフロントそのものにも相当不満はあります。



◆「涙がこぼれた…」田尾監督胴上げ

 【楽天5―6ソフトバンク】楽天・田尾安志監督(51)が28日、阪神より早い「胴上げ」に感極まった。今季限りでの解任が決定している指揮官は、ソフトバンクとの最終戦(ヤフードーム)で最後の指揮を執った。スタンドに別れを惜しむ横断幕が掲げられる中、チームはソフトバンクに惜敗し、史上ワースト5位タイの97敗目。田尾監督は試合後、ナインの手による胴上げに思わず涙をこぼした。

 最高のエンディングだった。敵地で「田尾コール」が地鳴りのように響く。総立ちの観客の中、田尾監督はナインの両手に身を委ねた。宙に舞うこと5回。両リーグで最初の胴上げは97敗した新球団の初代監督だった。「きょうは両目から涙がこぼれました。こんなに弱いチームの監督をこれだけ応援してくれて感謝している。いつ以来かな。気持ちよかったな」と田尾監督。

 苦労を知る王監督を先頭に、一塁側ベンチからは惜しみない拍手が送られる。松中からはソフトバンク選手会の総意として花束を手渡された。胴上げの発案者の選手会長・礒部は「(不成績は)監督のせいでないことは痛感している」と言った。首位との51・5ゲーム差は、103敗した61年の近鉄に並ぶ。不名誉な記録ばかりが目立ったが、指揮官は「最後は楽天らしくてよかったと思う」と1点差に追い上げる粘りを評価した。

 9月25日に突然の解任通告。球団フロントに対する不信感、憤り…さまざまな感情が交錯する中、田尾監督は最後に「コーチだけでも残してもらえないか」と依頼した。西武時代に門限までに宿舎に戻ったが、フロントに「若手選手を連れ出しては困る」と言われた。曲がったことは許せない若き日の指揮官は、当時の広岡達朗監督の部屋を訪ね「門限までに帰ってきたのになぜいけないんですか」と説明を求めたことがあった。主張すべきところは主張するのが田尾監督だった。

 その広岡氏は、相談役で楽天入りするはずだった。しかし巨人・清原の獲得を目指す球団との意見の対立から破談に。広岡相談役―田尾監督の構想は崩れ、解任に至った。楽天はシダックス・野村監督の招へいを決めた。「田尾イーグルスは永遠だ!」。左翼席の横断幕が揺れた。「51年生きてきた中で1番内容の濃い1年だった」。球界改革元年。誰よりも敗戦の苦さを知る指揮官の名前をファンは忘れない。

<スポニチ:H17.9.29 (木)>


この記事からして一体どういう論理でチームを強くしていくつもりなのやらさっっっっぱりわからないからです。

広岡相談役―田尾監督構想よりも、ネタに過ぎない清原を優先するのかこいつらは???

今シーズン立ってるだけで客が喜ぶ『レッサー清原』とまでこき下ろされ、自由契約となったロートル番長がチーム強化に繋がるとでも思ってるんだろうか。

そんな金があるのなら、もっと働いてくれそうな選手を獲得するためにつぎ込んだ方が遥かにマシではないか。

例えばドジャースで体を搾った中村ノリでもいいじゃないか。

むこうで戦力外になっちゃったみたいだし。

サードを守れるし、こっちの方がまだ山崎武司より働きそうだわな。

4番ノリ、5番山崎‥‥‥ドスコイクリーンナップ‥‥‥ちょっと悪夢?



‥‥‥妄想気味に脱線しましたが、『チーム強化を狙う』と言いながら金の使い方が完全に間違っているとしか言いようがありません。

選手の平均年齢以外は全てが新しい球団だというのに、ジャイアンツ並みのカビ臭さが漂ってくるとは一体どういう事なんだよまったく‥‥‥。

こーいうフロントでは本当にチームを育てることなど出来ないでしょう。

野村さんを招いて阪神タイガースのように育てて欲しいと甘い夢を描いているでしょうが‥‥‥。



◆楽天田尾監督「球団は補強に全力を」

 楽天田尾監督は27日、野村氏の新監督就任について「野村さんも阪神では3年連続最下位だった。野球をやるのは選手。球団は補強に全力を尽くして協力してあげて欲しい」と、提言した。

 残り2試合になったこの日、ソフトバンク戦のベンチ裏で、選手に初めて今季限りで退団することを告げた。取材陣には今季を振り返り、分配ドラフトと他球団の戦力外選手が中心になった初年度のメンバーで開幕直後に大敗を繰り返した際には、「歴史的に一番弱いチームになっても仕方ないのかな」と、覚悟したことを明かした。

 楽天は営業努力が実り初年度の決算は若干の黒字で終わる可能性がある。田尾監督は「シーズン中に中途半端に補強するより黒字営業できることを示す方が、球界のためになるかも」と、前向きにとらえたという。それでも「1年目はそれでいいけど、何年かに1度は赤字覚悟の補強をして欲しい」と、健全経営とチーム強化の両立を訴えた。また、地元仙台で田尾監督の解任反対を訴える署名活動が開始されたことには「ありがたいが、もう後戻りできる問題ではないので」と沈静化を願っていた。

<日刊スポーツ:H17.9.28 (水)>


そんな甘いものではありません。



就任当初のタイガースの選手達は、野村さん自身が野球の常識として思っていたことをほとんど知らなかったそうです。

チーム力の無さから言えば当時のタイガースよりも今のイーグルスの方が低いんですよ?

そのタイガースを率いた野村さんは3年掛かって「やっと荒れ地を整えて種が蒔けるようになった」と言ったほどです。

それほどに時間の掛かることなんですよ。チーム強化というのは。



さて野村監督が退いた後、その種が芽吹いた畑にやってきて、ダメなものを引き抜き、他で育っていた作物をドンと植え込み、畑の見栄えを俄然良くしたのが星野監督ですわな。

就任2年目で優勝を果たしましたが、それが出来たのも野村監督が築いたチーム基盤があったればこそでしょう。

そうして畑が出来上がっていく様を勉強し、タイガースの強さをより良く維持しているのが岡田監督でしょ。

2軍監督として優勝するなど、手腕も申し分有りません。

今年もまもなくリーグ優勝です。



チーム再生物語としては本当に大団円と言える代物です。

それを実現できた背景には、無論お金も要素の一つでしょうが、フロントがかなりの裁量権を認めていたことにあります。

特に星野監督には全権委任に近いものがありましたね。



スポニチにあるような田尾監督解任、野村監督招聘に至る経緯を見ていると、阪神タイガースのような希有な監督継承劇を実現できるとはとても思えません。



願わくば野村監督がコーチ、2軍監督に田尾監督を招き、次代の指導者育成まで睨んだチーム構築をしてくれないかと思う次第です。

梨田でも良いぞ。





(追伸)

仰木監督も体力の限界を訴えて辞めますね。

野村監督はいつまでご健勝でいらっしゃるのやら‥‥‥。
posted by バビロン7 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

我慢の足らないのは若者だけじゃない。

ダメだこいつら‥‥‥。



◆楽天、田尾監督を解任…後任に野村克也氏ら浮上

 楽天は25日、成績不振を理由に田尾安志監督(51)の今季限りでの解任を発表した。

 休養はせず、残り2試合も指揮を執る。米田純・球団代表はこの日、「来年は監督として依頼しない」と語った。後任は監督経験者を中心に人選が進められている模様で、元ヤクルト、阪神などで監督を務め、現在シダックスGM兼監督の野村克也氏(70)らが浮上している。

 田尾監督は昨年10月、楽天のプロ野球への新規参入決定前に、初代監督に就任。3年契約の1年目で、監督自身もプロ野球で初めて指揮を取ったが、2度の11連敗など、25日現在、38勝95敗1引き分けと低迷し、最下位が決定している。

 田尾監督は試合後、会見し、「今季は本当の勝負とまではいかない。今オフから、どうしようかと思っていたところで、のんびり考えすぎていた部分があったかもしれない」と冷静な口調ではあったが、突然の解任劇に悔しさをにじませた。

<読売新聞:H17.9.25 (日)>


いや、ダメなのはこのフロント。



今年のイーグルスの陣営と言えば‥‥‥。

1.オリックスブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの1.5軍〜2軍選手。

2.他球団の1.5軍未満。

3.ノウハウの少ないまま獲得した外国人選手。

4.寄せ集め監督コーチ陣。

以上。

100敗しなかっただけでも有り難いと思え!!!

これだからIT企業ってのは辛抱が足らないから嫌いなんだ!!!

桃栗三年柿八年って知ってるかゴルァ!!!

posted by バビロン7 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(8) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

大魔神の最終回!?

ハマの話題が161km/hのクルーンに移ったところでこんな話が出て来ました。



◆横浜佐々木引退、9日仙台でラスト登板へ

 横浜の佐々木主浩投手(37)が今季限りで引退することが2日、明らかになった。ユニホームを脱ぐ決意をすでに親族や球団関係者に漏らしており、ストッパーとして一時代を築いた男が、16年の現役生活にピリオドを打つ。現在、右ひざ手術のリハビリのため2軍調整中だが、9日の地元・仙台での巨人戦(宮城)で1軍復帰を希望。母親や家族を招待し「花道」にしたい意向で、「8・9」が大魔神のラスト登板になりそうだ。

 ついに決断の時がきた。佐々木は現在、右ひざ手術のリハビリのため2軍調整中だが、球界最高年俸(推定6億5000万円)の自らの立場や、体力的な限界を意識している。横浜と米大リーグ・マリナーズ2球団で、通算381セーブをマークした「世界のクローザー」も、ここ数年間は故障との闘いだった。

 5月に手術した右ひざが完治するのは厳しい状態で、さらに右ひじ痛、腰痛の持病を抱えて投げ続けた。ひじ、腰、ひざとメスを入れた傷あとが、壮絶な野球人生を物語る。以前から「歌手の山口百恵さんのような引き際にしたいと思っている。ファンからもまだやれるのに、と惜しまれてやめたいな」と、余力を残した形での「引退」が理想だったが、現実には体力が続く限り挑んできた。

 マリナーズから「ファンや球団に恩返しがしたいんです」と横浜に復帰した。だが、故障の影響で1勝2敗19セーブと不本意な成績だった。1試合3連発を浴びるなど、シーズン途中に1度は引退を考えたが、当時の砂原オーナーや東北高時代の恩師・竹田利秋氏(64=国学大監督)から説得を受けて「まだやらなきゃいけないことがある。このままじゃファンや球団に申し訳ない」と翻意した経緯があった。

 引退をかけた今シーズンに再起を誓ったが、故障が引退を早めた。3月に前夫人と離婚。5月には加奈子夫人(24=旧姓榎本)と再婚し子供が誕生、心機一転を期した。だが、故障離脱中に、佐々木の代役となった新守護神クルーンが球界最速となる161キロをマークするなど大活躍。マリナーズ時代の同僚で、当時はマイナーの投手だったクルーンのブレークで、引き際を悟った。

 「ファンや球団に迷惑を掛けるようだったら、スッパリ身を引く」。春季キャンプで語った言葉通りに決意を固めた。すでに家族や球団関係者には、その意向を伝えている。現在、9日の地元仙台での巨人戦に復帰を目指している。関係者によると、その試合を「花道」にしたい意向で、前日1日には1軍に合流し、福田ヘッドコーチと野村投手コーチが視察する中で投球練習を行った。

 1軍昇格は首脳陣が検討中で、仙台遠征で復帰が決定すれば家族、母親、姉を招待する意向だ。現在、母親は体調の問題で上京できない状況にある。原点となった地元で、母親がじかに自分の姿を見ることができる最後のチャンス。恩返しの意味で親族、ファンの前で投球を披露したい気持ちがあるようだ。球団には、セーブ日本記録(260)まであと8に迫り、達成まではの思いもある。また、今後、横浜での引退セレモニーの登板などが組まれる可能性もあるが、野球人生が始まった仙台での「8・9」が、大魔神のラスト登板となりそうだ。

<日刊スポーツ:H17.8.3 (水)>


大魔神佐々木がここまで晩節を汚すとは思いも寄らなかったですな。

いや、体力の限界というだけならここまでげんなりすることもなかったわな。

榎本加奈子との不倫同棲ネタでワイドショーを賑わせ、すっかり前妻との離婚資金を稼ぐために球を放っているという認識が定着してしまったしな。



引退セレモニーとか言うけど、こんな形で引退する佐々木投手をファンは一体どういう目で見るのかなぁ‥‥‥。





と思ったら一応否定報道が来ました。

ちと先走って失敗したみたいですね‥‥‥。



◆横浜・佐々木、一軍復帰に意欲…引退報道を否定

右ひざの手術などで二軍で調整中の横浜・佐々木主浩(37)が3日、横浜スタジアムに状況報告に訪れ、9日の巨人戦(宮城)での一軍復帰を目指したいとする意向を牛島監督に伝えた。

 牛島監督は「どれだけ投げられるか、もう少し話をしないといけない」とし、練習を見て近日中に決定する意向を示した。

 だが、野村投手コーチは「現時点ではひざに不安がある。送り出すなら、万全で送り出したい」と慎重な姿勢を見せており、牛島監督も厳しい決断を迫られそう。

 また一部報道で「今季限りでの引退決意」と報じられた件で、佐々木が球団に経緯を説明。峰岸進球団社長は「佐々木からは『引退は考えていない』という説明だった」と語り、佐々木も「引退は考えていない? はい。とりあえず投げられるよう頑張りたい」と話した。

 佐々木は今季、開幕から3度救援に失敗し、出場選手登録を抹消。5月に右ひざの内視鏡手術を受けた。

<読売新聞:H17.8.3 (水)>

posted by バビロン7 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ドイツへ手が届いた。

◆日本、北朝鮮を2―0で破りW杯出場一番乗り

【バンコク=共同】サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア最終予選B組の日本は8日、バンコクのスパチャラサイ国立競技場での無観客試合で北朝鮮と対戦し、2―0で快勝し、3大会連続3度目のW杯出場を決めた。日本は4勝1敗で勝ち点を12に伸ばし、B組2位以内を確定。初出場した1998年フランス大会、韓国と共催した02年大会に続くW杯切符を手にした。出場32チーム中、開催国ドイツを除き、世界各地での予選突破第1号となった。

 引き分けでもドイツ行きが決まる日本は、中田英寿(フィオレンティナ)ら主力3人が出場停止だったが、立ち上がりから優勢に展開。後半28分に柳沢敦(メッシーナ)が先制し、終了間際には大黒将志(G大阪)が追加点を決めた。日本は8月のホームでの最終戦、イラン戦の結果を待たずにドイツ行きの切符を獲得した。

<日経新聞:H17.6.8 (水)>


はい、勝ちました。

たいした感慨も湧きませんな。

暢気にサッカーどころの騒ぎじゃない国との対決でしたし。

紅共放送NHKじゃやっぱり「君が代」じゃなくて「北チョンの国歌」を流してたしね。

テレ朝じゃ全国の在日にズームイン♪(チャンネル違う)とかやってたしね。



ま、ましだったのは第三国での無観客試合だったこと。

サポーターが他人の骨になって帰って来る心配をする必要が無くて、本当に良かったな。
posted by バビロン7 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

ファンが納得する改革を

まったりと野球ネタで行きましょう。

連敗が止まらない新規参入球団は‥‥‥ネタにすると自分が悲しくなるのでパスです。

それより重要なのはこっち。



◆巨人代表怒る!ドラフト改革案反対された

 巨人の意見が通らない! 実行委員会が26日、東京・内幸町のコミッショナー事務局で行われ、巨人が示すドラフト改革案に否定的な雰囲気が流れた。ワーキングチーム(作業部会)の中心として大リーグ機構(MLB)、日本高野連などにヒアリングし調査を続けてきた巨人清武英利代表(54)が、これにブチ切れ。「分かっていない人はまったく分かっていない」と怒りをぶちまけた。巨人は現状維持に近い形を望んでいるが、それに対する反対意見も多い。巨人の意見ばかりが通っていた過去とは違う現状が露呈した。

 会議を終えた清武代表は思い通りに事が進まぬストレスをぶちまけた。ドラフト改革の質問を受けると「分かっていない人はまったく分かっていない。分かっている人は分かっているけど。議事録は長いので、帰って読んでくださいと言った」とまくし立てた。さらに「こっちはまじめに、あちこちヒアリングして説得して情報提供をしているのに、いいかげんな人がいるから話ができない」と、あからさまに他球団の代表を批判した。

 清武代表は作業部会の中心人物として関係各所に出向き、球界問題に対する意見を聞いてきた。だが、巨人の意見に好都合な部分ばかりを強調してリポートする姿勢に、かねて疑問の声が上がっていた。この日も、MLBの完全ウエーバーが失敗している現状を報告した。巨人の意見は現状維持に近い形。自由獲得枠を現状の各年2枠から1枠に減らすなどの折衷案を用意している。MLBの意見は追い風だった。こうしたリポートを土台とし、改革案のまとめに入りたいところだった。

 だが、他球団からは優勝チームから指名する「逆ウエーバー」や、抽選の導入案などが活発に出て、巨人が示す案は主流にならなかった。「1枠に減らすだけでは改革といえない」という意見や、清武代表の強引な論調に対する不満も多くなっている。楽天井上代表は「メジャーの状況は我々も把握しているが、日米の抱える問題は違う」と語る。また、阪神野崎取締役は「7月のオーナー会議での決定がメド。先送りしても仕方がない」と、これまでメドとした8月よりも早めた。時間切れによる現状維持を阻止する狙いがみえる。残された時間は少ない。何でも思い通りに進めなければ気が済まない巨人が、今後どんな策を講じるか注目される。【飯島智則】

<日刊スポーツ:H17.4.28 (木)>


人気回復にいろいろ頑張っているように見えたジャイアンツも、性根は変わっていないようですね。

現状維持など巫山戯た話です。

昨年の大騒ぎやストライキの意味が全くわかってない。

今年のジャイアンツの成績同様、状況を打開する方法がわからずに沈む一方なんじゃないですかね。



楽天の代表にはもっと頑張って情報収集と新規案の提案をしてほしいものです。

イーグルスが成長できるかどうかにも関わる制度改革ですからね。

11連敗している本業の方は‥‥‥‥‥‥まぁ、地球一周するくらい長い目で見てやりましょう。
posted by バビロン7 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

宣銅烈

◆ソン元投手、名古屋の観光大使に 韓国でPR

 名古屋観光コンベンションビューローは23日、元中日ドラゴンズの投手で、韓国・三星ライオンズ監督のソン・ドンヨル氏を観光大使に委嘱した。

 愛知万博や、名古屋城のしゃちほこを天守閣から下ろして展示する「新世紀・名古屋城博」など名古屋の観光を韓国でPRしてもらう。

 ソン氏は1999年の中日のリーグ優勝などに貢献。「第2のふるさとである名古屋のPRにがんばりたい」と話している。

<産経新聞:H17.2.23 (水)>


おやお久しぶり。(w

もう五年もたったのか‥‥‥。

ジョンボムやサムソンはどうしてるんだろうなー。





あのころは「韓国三銃士」とか無邪気に盛り上がってたなぁ‥‥‥。(遠い目)
posted by バビロン7 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

久しぶりに野球ネタって事で。

日ハムに元ヤクルトの稲葉が行きました。



◆稲葉が大リーグ挑戦を断念――日本ハムと1年契約で合意

 ヤクルトからフリーエージェント(FA)宣言した稲葉篤紀外野手が21日、大リーグへの挑戦を断念し、日本ハムに入団することが決まった。

 稲葉は米大リーグ入りを目指し、1球団に絞って交渉していたが、条件面で折り合いがつかずに断念。国内球団で唯一、獲得意思を示していた日本ハムと1年契約で基本合意に達した。23日に日本ハムがキャンプを行っている沖縄県名護市のホテルで正式契約を交わし、入団発表を行う。

 稲葉は1995年にドラフト3位で法大からヤクルトに入団。2001年にはベストナインに選ばれた。昨季は135試合に出場し、打率2割6分5厘、18本塁打、45打点の成績だった。

<日経新聞:H17.2.22 (火)>


2割5分以上、18本塁打なら結構な数字じゃないの。

1年間というとやっぱりメジャーへの腰掛けという雰囲気はするけど、ハムにはありがたい戦力になるんじゃないかな。



日ハムというとダルビッシュがパチンコ&喫煙で停学処分を受けたそうだ。

以前にも一度同じ事があったそうだが、あらためてこういう形で発覚したのを見ると、少なくとも反省していたとは思えないよ。

これは停学、退学の処分では生ぬるい。

留年。

これでプロ野球選手としての活動が出来なくなります。

正直、学校や高野連側から厳しい対応をして欲しいところだ。

甘っちょろい対応で済ませては、この顛末を見ている子供達のためにならんだろう。
posted by バビロン7 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

球界に頭の新しい奴はいない。

◆孫オーナー、世界一決定戦要求へ殴り込み

 「福岡ソフトバンクホークス」の孫正義オーナー(47)が27日、自らが提唱する世界一決定戦「ワールドチャンピオンシリーズ」(仮称)の実現に向け、大リーグのコミッショナーに直談判する考えを明らかにした。福岡入りし「来年3月までにトップに思いの丈を言って来る。勝手にワールドシリーズと言うな。思い上がりも甚だしい」と、言い放った。また、06年3月には米国に遠征し、メジャーとのオープン戦実施の意向も示した。ドラフト改革についても「完全入札制度」を提唱するなど、球界改革から世界戦略まで孫節がさえ渡った。

 球界改革案を次々と打ち出す孫オーナーが、今度は米メジャーに「挑戦状」をたたきつけた。

 孫オーナー「ワールドシリーズチャンピオンを目指す。この一言ですよ。できるだけ早く(世界一決定戦を)やりたい。少なくとも、来年3月までに大リーグのトップに思いの丈を言ってくる。勝手にワールドシリーズと言うな、と。思い上がりも甚だしい」。

 持論である「世界一決定戦」開催への思いの強さが、刺激的な言葉を引き出したのだろう。米大リーグ機構のセリグ・コミッショナーらとの会談のため、来年3月までに渡米することを明言した。現在、世界一を決める「スーパー・ワールドカップ」の開催準備が進められているが、こちらは五輪と同等の国別対抗で、プロ野球の「覇者チーム」による直接対決ではない。孫オーナーは「アメリカだけの戦いでは『ワールド』とは言わない。英語の使い方が違うと思う」と、ジョークを交えながら大リーグの参加を熱望した。

 99年から6年間でリーグ優勝3度のダイエーを引き継いだ。将来的にはチームの年俸総額を100億円以上に引き上げるなど、今以上の豪華メンバーで黄金時代を築くことを狙っている。「少なくとも、再来年(06年)の春くらいに向こうでオープン戦をやってくる。(メジャーが)なんぼももんじゃと、悔しかったら公式戦でやろうじゃないか、と」。その手始めとして、06年春のオープン戦で米メジャーに殴り込みをかけ、しっかりと米球界関係者に、新球団「福岡ソフトバンクホークス」の実力を見せつけるつもりだ。

 世界一決定戦実現が、日本球界を活性化させると確信している。「低い次元で話をしたくない。今のままでは日本はメジャーへの選手の供給源となってしまう」。11月中旬にセ・パ両リーグ訪問した際も、孫オーナーは実現へ、必要があれば米国に渡って交渉役となることを買って出た。

 孫オーナー「選手のレベルでも(松井が)ヤンキースの4番を打ったり、イチローさんが世界一のヒットを打った。オーナーも世界一になってやろうと頑張らないといけない」。

 孫ホークスが、世界一の野望実現へ動き出す。

<日刊スポーツ:2004.12.28 (火)>


またなんか万歳三唱系だな。



そもそもメジャーリーグがアジアの選手を掘り起こしに来ていることは周知の事実であって、野球W杯構想もメジャー側の意向があってのこと。日本でメジャーが公式戦を行うのも日本のマネーが欲しいから。タダそれだけ。

後出しジャンケンを自分の手柄にするような次元の低いことしてんじゃねぇよ。空気の読めない奴らの方こそ思い上がりも甚だしいわ。




世界一というのなら、世界一健全な球界運営体制を確立して見せろ!!

空気も読まず花火だけ打ち上げるから携帯キャリアとしても上手く入れねぇんだよ!
posted by バビロン7 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

回る〜ま〜わる〜よ♪時代〜は回る〜♪って回ってんじゃねぇよ!!!

◆孫オーナー 総年棒100億円計画!

 福岡ソフトバンクホークスの孫正義オーナー(47)が26日、近い将来にチームの選手年俸総額を100億円以上にする意向を明らかにした。米大リーグのワールドチャンピオンとの対戦を究極の目標に日本球界に参入した同オーナーは、まずは選手の待遇面でメジャー級を目指す。

 世界一を目標に掲げる孫オーナーならではの改革案だった。

 「私は日本の選手年俸は安すぎると思う。だから優れた選手がメジャーに行くんです。メジャーの上の方は(チーム年俸総額が)100億円以上のチームもあるが、日本の国力からいっても向こうのトップと十分サシで戦える力を持ってもおかしくはない」。孫オーナーは自信満々に言い切った。04年のダイエーの選手年俸総額は約25億5000万円。これはリーグトップ、12球団中でも5位と決して安くはない。しかし同オーナーが指摘するようにメジャーではヤンキースの約190億円を筆頭に、レッドソックス、エンゼルス、メッツの4球団がチーム年俸100億円以上。「私はワールドチャンピオンシリーズこそが目指すべきゴールだと思う。そのためにも(年俸面でも)ガンガン意地を張り合えばいい」と、世界一に向けてまずは選手の待遇面の改善を図る。

 決して大風呂敷ではない。04年の球団売上高は約175億円だが、今後の目標に300億円を設定。このノルマをクリアすれば、100億円軍団構想も夢ではない。

 そして孫オーナーが金に糸目はつけない方針を打ち出したことで、来季にFA権を取得しメジャー移籍も視野に入れる城島の引き留めにも大きな光が差し込む。孫オーナーは「ずっととどまってほしいスター選手です」と城島を評し、日本人初の年俸10億円を提示する用意もあるといわれる。

 世間の不景気など、どこ吹く風の孫発言。新生ホークスが名実ともに“日本のヤンキース”を目指す。

<スポニチ:2004.12.27 (月)>


地位が高くなるにつれて空気も薄くなるんだろうか。

新規参入と言いながらも業界の空気が読めないオーナーとは‥‥‥呆れて物も言えん。

プロ野球騒動の2004年がぶち壊しじゃねぇか。

そもそも年俸で意地を張り合ったせいで空中分解と地盤崩落を同時に起こしたのが2004年のプロ野球騒動だったんじゃないのか?

売り上げ目標だの最強の球団を目指すだの、

孫社長は球団のビジョンを語る上で、今最も言ってはならない言葉を言ってしまったと私は思う。

そしてスポニチは‥‥‥何も考えてない‥‥‥スポーツ新聞にマシな脳みそを求めるのもどうかと思うけどさ。

夕刊フジじゃねぇんだから、わずかなりとも脳細胞働かせてくれよ。



それから‥‥‥球団の姿勢って奴を改めて示すこれ。



◆ホークス新ユニホームは黄色で「Sh」?

 福岡ソフトバンクホークスのユニホームは、球団名同様にシンプルなデザインになる? 王監督が26日、新チームのユニホームデザインの一部を明らかにした。「原案を24日に見せてもらった。オーソドックスじゃないかな。あのロゴをイメージしてもらえば分かるんじゃないかな」と語り、ユニホームにソフトバンクの企業カラーである「レボリューションイエロー」が使用されていることを示唆。ダイエーの白地で、胸にオレンジで描かれていた「FDH」の文字が、黄色で「Sh」となる可能性が高い。

<日刊スポーツ:2004.12.27 (月)>


本決定ではないとはいえ、ゆゆしき問題だ。

福岡の「F」が消え、ホークスの「H」が小文字になる。

福岡よりもホークスよりもソフトバンクのSを前面出すというわけだ。

球団と企業を分かつ方角へ向かわなければ、日本プロ野球に将来はないと今年誰もが実感したはずなのに‥‥‥である。

市民球団という概念も、地域密着という方針も、正直なところ見えてこない。



一方牛耳り役のナベツネが一線を引いたジャイアンツでは、ユニフォームから「YOMIURI」を外し、「飛ばないボール」を採用し、2軍と社会人野球チームの練習試合を公募して組むなど、意外と危機感を持った取り組みをしている。

スポーツ紙は盛んにジャイアンツを貶めて新しい球団を持ち上げてるが、なんのことはない時計の針を20年ほど巻き戻したいだけなのだ。

レボリューションじゃねぇよ、ループだよ。抜けられない無限ループへと一直線だよ‥‥‥。

我らの仙台ライブドアフェニックスを返せ‥‥‥。orz
posted by バビロン7 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

年間チケ高騰

◆楽天年間シート入札120万円突破

 プロ野球初の試みとなる楽天の年間シートのオークション販売が25日、入札開始2日目にして早くも最高120万円を突破した。目玉企画の「砂かぶり席ペア券」は2オークションとも100万円を突破。「参考上代」と記される80万円を上回った。5つの「フィールド席ペア券」でも定価70万円を超す攻防に。入札件数も最高150に届こうかという勢いで過熱入札が展開されている。ただ、砂かぶりに100万円で入札参加した人の中には、ニックネームIDでライブドア堀江社長やホークス孫オーナーの名をかたる者もいて、冷やかし? と思われるような人物も現れている。

<日刊スポーツ:2004.12.26 (日)>


企業向けシーズンシートの一部をオークションにかけたわけだけど‥‥‥「企業努力のうちかなぁ」と思ったんだけどさ、やっぱり値が吊り上がったなぁ。

まー納得して払う人なら良いんだけどね。

せめて仙台の商店街で「OO万円で抽選購入」ってのもやれよな。
posted by バビロン7 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

寸評

◆新球団名は「福岡ソフトバンクホークス」

 プロ野球の臨時オーナー会議が24日午後、東京都内のホテルで開かれ、福岡ダイエーホークスをスーパー大手ダイエーから情報通信大手ソフトバンク(孫正義社長)に譲渡することを正式承認した。新球団名は「福岡ソフトバンクホークス」と決まり、孫社長は午後6時から福岡市内で記者会見する。

 ソフトバンクは球団株などを総額200億円で買収。本拠地は引き続き福岡ドームを使用し、王貞治監督が指揮を執る。

 オリックスと近鉄の合併など球界再編で揺れたプロ野球は来季、ソフトバンクと仙台に本拠地を置く楽天の情報技術(IT)2社がパ・リーグに参入し、新時代を迎える。

 経営母体の親会社変更は、02年1月に横浜ベイスターズの筆頭株主がマルハからTBS(東京放送)に変わって以来。

<日刊スポーツ:2004.12.24 (金)>


福岡ソフトバンクホークス

‥‥‥( '_')

(⊃д⊂)ゴシゴシ

‥‥‥( ゚Д゚)



ベタです。

ベタベタです。

工夫の欠片も感じられません。

勘弁してください‥‥‥。orz
posted by バビロン7 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

ミキジョンイルと喜び組。

◆楽天モー反撃、選手は「岩隈来て」大合唱

 岩隈こそがマンパワーだ! 楽天は20日、都内で人気グループ「モーニング娘。」が歌う公式応援歌「THE マンパワー!!!」の発表会を行った。この曲を最後に卒業するリーダー飯田圭織(23)らメンバー12人がキュートなガッツポーズを連発する。特別参加した戸叶、小倉、森谷、近沢の4選手も興奮気味。戸叶は「高橋愛ちゃんもヨッシーもミキティーもみんな好き。優勝して合コンもいいですね!」と、気合をみなぎらせた。

 その楽天にとって、首脳陣も選手も気になるのは岩隈の去就だ。戸叶は「来てくれたら、マンパワーです」とキッパリ。「同じですよ」という小倉も戸叶も恒と尚で文字こそ違えど、岩隈久志と同じ「ヒサシ」。これに愛敬尚史も加えて投手陣に「チーム・ヒサシ」を結成したいだけに力が入る。捕手の近沢(ちなみに昌志)も「年齢も近いしバッテリーを組みたい」と希望した。この4時間後、実行委員会で「他球団の保留選手を『欲しい』と口にするのはやめよう」との申し合わせ事項が成立する前の話だから、ラブコールも仕方ない。

 新規参入球団の注目度や本拠地仙台はもちろん、全国の野球ファンの期待の高さを肌で感じる場面が続く。野球ファンの期待が集まって結成された新球団で、なんとか勝ちたい。応援歌「マンパワー」には、球団名は一切出てこない。プロデュースしたつんく♂(36)は「情熱的な人々が集まって生まれた球団をイメージした」と説明した。再編問題を見守り続けたファンの力、耐えた各選手の力で生まれた球団。現段階で戦力的に優勝が厳しいのはプロだから分かっている。だが、戸叶は「優勝する」と、3度も言った。そのためにはマンパワーの核となるエースが欲しい。

 戸叶に「楽天のアイドル」と任命される森谷は歌姫たちのステージ後「ぜひ一緒に歌いたいです」と遠くをみつめた。一緒に歌うのは、ファンとナインとモー娘と…。マンパワーを待っている。

<日刊スポーツ:2004.12.21 (火)>


なんつーかその‥‥‥非道いな。非道いなんて一言じゃ足りないくらいに非道いな。



今まで日陰者だったから今の注目されてる状態がうれしいのはわかるが、「合コン」はねぇだろ「合コン」は‥‥‥。

コメントからして分不相応の浮つき加減が知れるわ。

一場のキャバクラ遊び心がまた鎌首擡げてきてしまうではないか!

貴様ら落ちこぼれ中のプロテクト外なんだからよぉ、寸暇を惜しんで野球に励めよ!

このままじゃ100敗コースまっしぐらぢゃねぇか!!田尾が泣いてるぞ田尾が!!




ライブドアが落ちて、楽天が参入して以来、何とか応援するポイントを探してイーグルスを見てるんだけど‥‥‥三木谷が何かするたび、応援する気が萎えてくるわ‥‥‥。



一方ライブドアフェニックスがTシャツ造って売ってるけど‥‥‥このセンスの違いは何よ。参入できなかったというのにこの集まりようといったら‥‥‥(滝汗)

フェニックスって幻の球団として永遠に存在し続けるんじゃないのか?んで3年後あたりに楽天が撤退してライブドアがイーグルスを買収するんじゃないか?はたまた四国、金沢、新潟あたりにやってくるんじゃないのか???

真面目な話、こうしてフェニックスの種をばらまいておいて欲しいものだ。

そうすればフェニックスに対する要望が集まり、それを精査する時間も取れる。

後出しジャンケンのさらに後から、本当にファンの期待に応える球団が誕生するんじゃないだろうか。

逃した魚はでかかった。ほんっっっとにでかかったと思う。
posted by バビロン7 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

クマ捕獲作戦失敗中

◆岩隈「最後の結論」オリックス入り拒否

 合併球団オリックス入りを拒否している岩隈久志投手(23)は17日、神戸市内のホテルで小泉隆司球団社長と話し合い、あらためて入団を拒否し、楽天へのトレード移籍を希望する意向を伝えたが、オリックス側からは明確な回答は得られなかった。

 岩隈は大阪市内で記者会見し「(合併が決まり)この6カ月間野球をやってきてつらかった。オリックスではできませんと伝えた。僕の方の最後の結論」と話した。

 一方、岩隈に再度残留を要請した小泉社長は、ヤフーBBスタジアム内で記者会見し「オリックス側としては考えを曲げることはない。何度でも会いたいし、引き続き説得したい。期限は設けない」と話した。ただし、岩隈は今後についてプロ野球選手会に一任するとしており、球団側と直接話し合う考えのないことを示した。

<日刊スポーツ:2004.12.17 (金)>


岩隈タンが最後通牒を出しました。

選手会に一任するってことはイーグルスルートですね。

これで岩隈タンがイーグルスに入ってくれれば、先発の柱が出来そうでとても良いことですね。



ただし‥‥‥‥‥‥実は2ちゃんねるで「THE マンパワー!!!」の発表前の情報を入手したんです。

モー娘。のおっかけがどこかで練習しているところをハンディレコーダーで録音してきたもののようで‥‥‥これが公式応援歌だとしたら‥‥‥



吐き気を催す恐怖の応援歌となることでしょう‥‥‥。
posted by バビロン7 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「東北楽天モーニングイーグルス。」誕生

【主客転倒】(しゅかくてんとう)

<意味>主な物事と従属的な物事が逆の取り扱いを受けること。

―――――三省堂提供「大辞林 第二版」より



◆楽天、モー娘。公式応援歌「THE マンパワー!!」20日に披露

 アイドルグループ「モーニング娘。」が楽天の公式応援歌を歌うことが16日、明らかになった。楽天の三木谷浩史オーナー(39)からの制作依頼を、プロデューサーのつんく♂(36)が快諾して実現。20日に三木谷オーナーや選手、モー娘らがそろって楽曲を披露する。

 合わせて、モー娘の所属事務所はグループあげての応援を表明。公式応援歌はその第一弾で、今後あややが、ゴマキが、モー娘が楽天を全面バックアップする。

 三木谷オーナーがモー娘に歌を依頼したのは、楽天イーグルスの成り立ちから。旧大阪近鉄、旧オリックスの合併球団のプロテクト外の選手を中心に出発した新球団。オーディションの次点組で構成し、CDを手売りするなど苦労してデビューを勝ち取ったモー娘に親近感を覚えたという。

 曲名は「THE マンパワー!!」。新球団設立に「すべては『情熱』なんだなと、あらためて思った」と言うつんく♂。「人の心を動かすのは最終的に『人の力』だ」という思いが「マンパワーが 素晴らしい マンパワーって それが僕らさ」などの歌詞にあふれる。

 「非常に力強く、12人の『モーニング娘。』でなければ表現できないチームワークと若いエネルギーが結晶したまさに当球団にふさわしい曲」。出来上がった曲に三木谷オーナーも絶賛だ。

 作った楽曲を球団が承認する“公認”でなく、球団から依頼された“公式”の応援歌。来年1月19日にこの応援歌のCDが発売される。モー娘の所属事務所は今後、新球団を全面的に応援していく方針で「お互いに刺激しあい、全体の活性化になれば」と抱負を話している。

<中日スポーツ:2004.12.17 (金)>


モー娘。ってだけでかなりがっくりきたなぁ‥‥‥。

作詞がつんく♂なので、それはそれで期待しても良いのかも知れないけど。

だけど「三木谷社長絶賛」、「お互い刺激しあい‥‥‥」ってのが身の毛もよだつほどの不安を催させる。

メジャーな歌手が公式応援歌を歌うのであれば「紅白で唄います!」「レコ大狙います!」ぐらいの気炎を上げて欲しいものだ。

だってモー娘。とイーグルスを単純に比較した場合、最低限それくらいの覚悟っつーか気合いを見せてくれないと、「モー娘。がイーグルスを応援している」という図式にならないって。orz

所属事務所は全面的に応援していくと言ってるけど、事務所そのものがイーグルスの広報になるぐらいの腹づもりは‥‥‥無いだろうな。



え〜っと、ともかく曲の良い悪いじゃないと思うんですよ、応援歌って。

どっちが主役でどっちが脇役か、なんですから。

有名どころが唄った応援歌というと、

・松崎滋:ライオンズ「地平を走る獅子を見た」

・舟木一夫:ドラゴンズ「燃えよドラゴンズ99」

・水木一郎:ドラゴンズ「燃えよドラゴンズ2002」「同2004」

ぐらいだよ。

ドラゴンズなんか演歌とアニソン歌手だよ。

バリバリ現役のJ-POPシンガー、しかもグループが唄うなんて初めてだ。

「相乗効果」なんてものを狙おうとすれば一方的にモー娘。が立つに決まってる。



これから年末年始。モー娘。はあちこちに引っ張られることだろう。

願わくばその「THE マンパワー!!」と「白いボールのファンタジー」をそこら中で唄いまくることを宣言して欲しい。
posted by バビロン7 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

W杯最終予選ネガティブキャンペーン実施中

さすがにテンションあげっぱなしでは疲れるんですけども、何しろこのままW杯最終予選が過ぎ去っていけば忘れてしまうネタでもありますので、さくさく指弾していきたいと思います。

鉄は熱いうちに打てとも言いますし。(ぉ



◆北朝鮮、迅速なビザ発給を確約 サッカーW杯最終予選

 日本サッカー協会の平田竹男専務理事は11日、来年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア最終予選で対戦する北朝鮮のサッカー協会から、「選手と役員のビザは迅速に発給する」との意向が伝えられたことを明らかにした。

 平田専務理事は同日、最終予選組み合わせ抽選会と実務者会議が行われたマレーシアから帰国。成田空港で「ビザは北京の北朝鮮大使館が窓口になるだろう。サポーターのビザについてはまだ明確な答えがない」と話した。

 6月8日の北朝鮮とのアウエー戦は、午後6時30分から平壌の人工芝グラウンド「金日成スタジアム」で行われる見通し。また、日本で行う最終予選第1戦(2月9日=対北朝鮮)と第3戦(3月30日=対バーレーン)は、ともに埼玉スタジアムで午後7時30分開始と決まった。

<産経新聞:2004.12.11 (土)>


これも外交的アピールに使われてますね。

北朝鮮でもサッカーの国際試合は十分できますよーって。

北朝鮮は平和な国ですよーって。

そりゃ独裁圧政体制ですからある意味安定してるでしょうね。逃げ出している人たちもたくさんいますけど。

日本に対してこの査証発給を外交カードにできなくもありませんけど、さすがにそれをするほど拙劣ではないですね。

ただし後日の実務者協議なりなんな利でカード化してくることは十分有り得ることです。

「我が北朝鮮は日本との最終予選において誠実な対応を取ったニダ。にも関わらず経済制裁をするとはどういう了見ニダ。」

たとえ表に出なくとも交渉の場で交わされるでしょうな。



よくサッカーファンは野球ファンと比較して「国際感覚がある」と強調する場面に出くわします。

この組み合わせに対するスタンスは「スポーツと政治は別。それがグローバルスタンダード。」のようなんですよね。

無論それは一つの理念であって、大切な基本原則であるとは思います。私も納得はしています。

しかしそれを金科玉条化するあたりが平和ボケ日本人たる由縁なんでしょうな。

ワールドカップへの出場、優勝の夢のためであれば多少の世相など気にもとめない。

要するに自分たちの都合の悪いことには目を瞑るわけですよ。

どこぞの老官僚達と同じですねぇ。

その程度の認識しかない人間に「サッカーは若者のスポーツだ」とか「国際感覚がある」とか「民間レベルで国際平和を推進する」とか口にする資格なんてあるんですかね。




ところで北朝鮮が査証の発給を確約してますけど、何を根拠に政府は信じるんでしょうね。

もし何か間違いが起こったらどうするんでしょう。

信じた政府が悪いのか、あえてスポーツに興じようとした日本サッカー協会が悪いのか。



サポーターの査証まで取ろうとしてますけど、行くのなら自己責任でお願いします。

別人の骨になって帰国しても政府のせいじゃないですよ?

「スポーツと政治は別!」なんて所詮紳士協定じゃありませんか。

破ったところで罰則規定がある訳じゃないし。

それとも北朝鮮が紳士に見えるほど日本人の眼は腐ってるんでしょうか。



ただ「世間の衆目が集まっている中でそんなことはしない」とは私も思います。

そんなことをしても北朝鮮にメリットはありませんからね。

平和的にサッカーの試合をすれば日朝正常化交渉がスムーズになるやもしれませんからね。

逆に日本政府からすれば、北朝鮮で日本との試合をやるまでの6月8日までは経済制裁による渡航封鎖が出来なくなるんじゃないかな。

「そんなことをしたら政府は国民から批判を浴びるんじゃないか」と、また一歩及び腰になってしまいますけどそれってどうよ。

国民は「経済制裁をやれ」と言っているのか「延ばせ」と言っているのかどっちなんですかね。

金正日政権の政治カードに利用されっぱなしのくせに「スポーツと政治は別!」と言える人の頭を覗いてみたいですな(嗤)。
posted by バビロン7 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。