2007年09月25日

私は夕刊フジを永遠に憎み続けます

我が愛しのドラゴンズがシーズン優勝までマジック7となりました。

中日の本領発揮、マジック「7」が点灯
 (セ・リーグ、巨人5−7中日、22回戦、中日12勝10敗、24日、東京ドーム)追いすがる相手をそのたびに突き放し、最後は力でねじ伏せた。優勝の行方を左右する天王山の初戦。首位を奪い返した中日が、球団史上初の連覇へ大きく前進した。
 中日らしさが詰まった一回の攻撃だった。井端が右前打で出塁し、荒木とのヒットエンドランを成功させて無死一、三塁。先制点につなげ、主導権を握った。
 五回は主砲ウッズが102キロの巨体を揺らして激走し、「日本では初めて」というヘッドスライディングで二盗。5点目につなげた。七回には二死三塁から井端が一塁に頭から飛び込む執念の適時内野安打で貴重な追加点。「いつもの3倍疲れる試合だったが、随所にうちらしいプレーができた」と胸を張った。
 14安打のうち、長打は七回に上田が放った三塁打だけ。粘り強くつないだ打線に落合監督は「去年の野球を思いだしたんじゃないの」と笑った。 これで135試合目で初めて優勝へのマジックナンバー「7」が点灯。だが、指揮官は「ないようなもの。だから、マジックと言うんだよ」とそっけない。その顔は「まだまだ気を緩めるわけにはいかない」と言いたげだった。(月僧正弥)
<産経新聞:H19.9.25 (火)>
まぁ、クライマックスシリーズがあるので一概に『優勝』とは言えませんが、長いシーズンをくぐり抜けたシーズン優勝というのはまた格別な物があります。
っつーか中日は短期決戦に弱いので‥‥‥‥‥‥シーズン優勝くらい取っておかないとかっこわるいッス。


さて‥‥‥ドラゴンズにまつわるジンクスがありまして、民主党がそれにあやかりたそうな目でこちらを見ています。

●あやからせてあげますか?
  はい
 >いいえ


「中日V」の年は政変…民主党内に祈願の声
 大詰めを迎えたプロ野球セ・リーグのペナントレースは、巨人、阪神、中日の「3強」が大激戦を繰り広げているが、永田町雀たちもその行方を注視している。
 「阪神優勝で景気が回復し、中日がVなら政変が起きる」−。政界には、そんな言い伝えがある。参院選勝利で政権をぐっと手元に引き寄せた民主党からは「中日優勝→政変」を祈願する声が出始めている。
 「大の巨人ファン」を公言する鳩山由紀夫幹事長でさえ6日の浜松市内での講演で「中日の優勝を願う。ドラゴンズ優勝で(祖父の)鳩山一郎政権ができた」と、にわか中日ファンに転じた。
 奇妙なことに中日の過去7回のリーグ優勝のうち5回、優勝した年か翌年に政権交代などの政変が起きている。
 講演で鳩山氏が披露したように、初優勝した1954年、吉田茂(自由党)内閣が総辞職し鳩山一郎(日本民主党)に政権の座を譲った。2回目優勝の74年には田中角栄内閣が金脈問題で退陣に追い込まれた。3回目の82年は、鈴木善幸首相が辞任した。4度目の88年はリクルート事件の余波で翌年に竹下登首相が退陣、5回目優勝の99年の翌年には、小渕恵三首相が急逝した。
 ただ、落合博満監督として初Vとなった6回目の2004年は参院選で民主党が勝利したものの、小泉純一郎首相は続投。翌05年の「郵政選挙」でも自民党が圧勝し、ジンクスが破られた。昨年の7回目の優勝を受けた今年は民主党が参院の過半数を制し「政変」の一歩手前。「中日が優勝すれば球団史上初の2年連続V。来年中に『政変』が起こる確度はいっそう高くなる」とほくそえむ民主党中堅議員。これに対し、自民党関係者は冷ややかだ。「お望み通り中日が優勝し、民主党大分裂という『政変』にならなければいいけどね」
 むろんペナントにしろ、政権の座にしろ、最後は「実力」で勝負が決まることは言うまでもない。(喜雀)
<フジサンケイビジネスアイ:H19.9.25 (火)>
政変のために野球やってんじゃねーっつーの。(苦笑)

こういうジンクスが作られるのもプロ野球が長いこと毎年行われてきたからでしょう。
でもねぇ。ジンクスってのは知る人ぞ知る‥‥‥と言うレベルでなければ神通力が失われると思うんですよね。

かつてこんなジンクスがありました。
『ジャイアンツが優勝すると景気が良くなる』


長嶋ジャイアンツが優勝すれば経済効果がこんなにもぉぉぉ!!!
そうなれば景気なんて一気に回復するぅぅぅ!
だから長嶋ジャイアンツが優勝するべきなんですぅぅぅ!!
これで一気に上昇ムードだ、万歳万歳ぃぃぃぃぃ!!!


スポーツ系ニュースがこんなクソったれな台詞を真顔で吐いていた時期がありました‥‥‥。
その結果プロ野球人気はおじさん世代でも凋落し、若い世代は呆れ果て、そして2003年近鉄バファローズ消滅、楽天イーグルス誕生、視聴率、地上波放送枠の壊滅へと繋がっていったわけです。

『マスゴミが煽った時、何かが終わっている』という典型例‥‥‥かな?



‥‥‥とか何とか言っていたらまだ同じ事を言ってるクズがいた!!!!!


落合竜“KY”優勝なら、球界は喜ばない!?
■経済効果は阪神の5分の1…
 中日は24日、対巨人首位攻防3連戦の第1ラウンドを制し、優勝マジック「7」を点灯させた。しかし、セ・リーグ史上最大の12ゲーム差を逆転してのVが期待される阪神が5連敗を喫し自滅。さらに球団史上初の5季連続V逸をなんとしても阻止したい原巨人も、がけっ縁だ。このままでは新鮮味が薄く、全国的な経済効果も小さい、祭りの後のような日本シリーズが再び−。

 この日の原巨人の敗因もKY(空気が読めない)にあった。
 中日は初回、先頭の井端が右前打で出塁すると、続く荒木との間にヒットエンドランを成功させ、いきなり無死一、三塁のチャンスを築く。これで、巨人の先発・木佐貫の出はなをくじき先制点につなげた。5回には38歳で102キロのウッズがまさかの(とはいえ今季3個目の)盗塁を決め、英智のタイムリーで貴重な追加点。
 元巨人ヘッドコーチの須藤豊氏(夕刊フジ評論家)は「この2つの場面には、いずれも巨人サイドのミスが絡んだ。〔1〕初回は一塁走者が俊足の井端で、打者が器用な荒木。当然警戒の上にも警戒を要する場面だが、木佐貫は1球も牽制(けんせい)球を放らず、2球目にあっさりヒットエンドランを決められた。〔2〕5回は投手交代が遅かった。金刃は故障が癒えて2軍から昇格したばかり。ブランクのために試合勘が薄れ、カーブでストライクが全く取れない状態だった。李に四球を与えた所で交代すべきと誰もが思ったはずだが、巨人ベンチは左腕の金刃を右打者の英智に対し続投を命じ、タイムリーを浴びた。直後に右腕の吉武に代えたが、時すでに遅しだ。ビッグゲームでは、普段やっている通りのことをキッチリやったチームが勝ち、ミスを犯したチームが負けるのです。この日は、その場の空気を読めなかった巨人のミス」と、ズバリ指摘した。

 一方、混セで最初にマジックを点灯させた中日・落合監督は、「あって、ないようなもの。だからマジックという」と、余裕しゃくしゃく。なるほど、相手のミスに付け入る細かい野球をやらせたら、中日の方が一枚も二枚も上手だ。
 ただ、中日にとって2年連続リーグVは球団史上初となる悲願だが、全国的にみると多くの人が望んでいる結果とは言い難い。
 関西大大学院の宮本勝浩教授らは今月21日、阪神優勝の場合の経済波及効果を約1000億円(979億3000万円)とする仰天試算を発表した。
 〔1〕昨年阪神の親会社と阪急が経営統合してから初めての優勝。阪神百貨店の他、今年は売り上げの大きい阪急系のデパートでも優勝セールが行われ、大阪・難波に本店のある高島屋なども追随すると予想されること。〔2〕長嶋巨人の「メークドラマ」を上回る逆転劇で阪神ファンが大フィーバー−との予想が主な根拠となっている。
 同時に、宮本教授は巨人が優勝した場合についても、「全国にファンがいるし、三越をはじめ優勝セールを予定しているデパートもある。久しぶりの優勝という要素もあり、試算はしていませんが、阪神優勝に匹敵する盛り上がりが期待できると思う」。

 それに引き換え、中日優勝となると「本拠地名古屋は経済圏としては、東京や大阪に比べ小さい。さらに中日が優勝しても、東京や大阪での盛り上がりは期待しづらい」と手厳しい。
 実際、毎年優勝球団の経済波及効果の試算は各方面から発表されているが、18年ぶりの優勝となった2003年の星野阪神は、今年の予想を上回る1481億3000万円。05年の岡田阪神は643億円。05年の千葉ロッテでさえ397億円といわれた。ところが、昨年の中日優勝は200−220億円にとどまっている。
 各球団は、経済波及効果のためプレーしているわけではない。が、全国的な盛り上がりの面で見ると、期待感だけは募らせた阪神がまず大コケし、この上やせても全国区の巨人までV逸なら大変だ。
 仮に、日本シリーズが日本ハムと中日という昨年と同カードになろうものなら、大金を動かすチャンスをみすみす逃す“最悪のシナリオ”となりそう。皮肉にも、球界まで、KYの流れにあるようで…。
<ZAKZAK:H19.9.25 (火)>

ふっ‥‥‥

俺たちはよぉ‥‥‥

俺たちドラゴンズファンって奴らはよぉ‥‥‥

いや。

巨人阪神以外のセリーグ球団ファンって奴らはよぉ‥‥‥。

優勝しそうになるたびにこうやって『お前の球団は優勝するべきじゃねぇ!!!』ってテレビ新聞総出で言われ続けて来たんだよ!!!

ジャイアンツと優勝を競った時もそうだ!!!

ジャイアンツが優勝圏外であってもそうだ!!!

スポーツニュースん中で『日本の景気回復のために○○じゃなくてジャイアンツが優勝してください』と真顔で言われた時の悔しさがわかるか!!!

満身から溢れる殺意をブラウン管にしか叩き付けられないこのやり場のない憤りがわかるか!!!

てめぇらの空気を読まないジャイアンツ礼賛が『プロ野球』を『耄碌団塊世代の自慰行為』に貶め、『プロスポーツとして楽しめない代物』にしてきたんだろうが!!!

夕刊フジっつー四流ゴシップ紙だろうと、これだけは絶対に許せん!!!

永遠に怨み、永劫に呪ってやるぁあぁあ!!!!!
posted by バビロン7 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。