2007年09月17日

9/17 再び

なんと言いますか、切ない思いで一杯です。


拉致家族ら「圧力強めて」 首脳会談5年を前に集会
 北朝鮮が日本人拉致を認めた日朝首脳会談から丸5年を迎える17日を前に、拉致被害者家族会が16日、東京都内で集会を開き、北朝鮮が5年前に「死亡」と伝え、その後消息が判明しないままの被害者家族らが「世論の力で被害者に未来を」「圧力を強め本気で闘って」と口々に訴えた。

 自民党総裁選に立候補した麻生太郎幹事長も飛び入り参加し「拉致問題は解決せねばならない主権侵害だ」と発言。約500人の聴衆から拍手を浴び、家族らと握手を交わした。

 家族会メンバーは集会後に記者会見。横田めぐみさん=失跡当時(13)=の母早紀江さん(71)は被害者家族の高齢化問題に触れ、「わたしたちも(交渉担当者と)一緒に連れて行ってもらい、あちらの指導者に直接思いの丈を伝えたい」と語った。
(共同)
<共同通信:H19.9.17 (月)>
安倍さんが首相になり、参院選で中山恭子議員が当選し、まだまだ押していくぞという感じだったんですが‥‥‥。

福田さんが総理になればぶっちゃけ『拉致被害者など二の次三の次』になるでしょうな。
好々爺然とした親中派。クニウリセブンのナンバーツーですから。
既に安倍さんの対北強硬路線の緩和を表明しております。

ニュースの評価そのままということであれば福田総理の誕生です。
国内の国民には金を配ってご機嫌とって、拉致されている国民には『たかが数人のことで‥‥‥』と切り捨てられたのでは溜まりません。
なんとしても『拉致問題に強硬に出なければ政権が持たない』と思わせるくらいの強いメッセージを政府与党に突き付けねばなりません。
posted by バビロン7 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。