2014年12月16日

2014年12月の衆院選

久しぶりに更新したくなりました。 2014年12月、衆院選が終わりました。 大義がないとか税金の無駄とかいろいろ言ってる人たちがいましたが、結果からすると自民党の数はあまり変化なし。 公明党と共産党が増えて、民主党も議席が増えています。 アジェンダ党はおじゃんになって、民主党と維新の党に割れていったんですかね。 なんだかんだで野党側で変化がしっかり起こったんじゃないのかなぁなどと思ってます。 民主党は海江田牧場さんが無職になったものの議席は伸びてるので人の入れ替わりが起きますかねぇ。 こういうことでも無い限り、自発的な変化ってのは起こらないんですよね。 だから、投票に行かなかった人のことなんて取材する意味無いんですよ。 むしろなんで小渕優子を平然と当選させていられるのか、投票した人たちの正気を疑う報道こそ必要だおと思うんですがね。 泣いて謝ればそれで終わりなんですよね。 応援をしていた老人たちはまたお高いネギが届くのを心待ちにしているのでしょうか。 まだまだ思うところはいろいろあります。 ただ、なんというのか、投票に行かない人、行ったとしても金の問題で辞職して何の解決もしてない議員を当選させる人、視聴率を次第で政治を取り上げたり取り上げなかったりする人々・・・。 民主主義選挙のレベルを上げるのはほとほと難しいのだなぁと感じた次第です。
posted by バビロン7 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410712956

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。