2007年02月15日

是非占領してください!

身の程を知らない首長だと世の中苦労するわ‥‥‥。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

箕面市平和のまち条例案 市長賛成、提案へ
 市民団体「箕面市平和のまち条例をつくる会」(恩地庸之代表)が4264人分の署名を集めて箕面市に直接請求した「市平和のまち条例」について、藤沢純一市長は14日、賛成意見をつけ、20日に開会される市議会定例会に提案することを明らかにした。しかし、同様の条例制定に向けた直接請求は堺市などでもあったが、市議会で可決された例はなく、箕面市議会で条例案が可決されるかは微妙だ。
 条例案は、無防備地域への攻撃を禁じたジュネーブ条約第1追加議定書の規定に基づき、箕面市が「無防備地域宣言」をすることなどが盛り込まれている。
 藤沢市長は、議案書で「直接請求に寄せられた多くの市民の思いを受け止め、平和のまちを実現していくため、この条例案について慎重に審議されることをお願いする」とした。箕面市によると、同様の条例制定に向けた直接請求は、堺市や京都市など全国で10以上の自治体であったが、市議会で可決された例はない。
<朝日新聞:H19.2.15 (木)>
無防備地域宣言は市長ごときに出せる宣言じゃねぇっつーの。
一国の首相。
政府が出さないと何の意味も持たないの。
いつから箕面市は日本から独立したんだ?

自衛隊を立ち入らせないという平和で素敵な条例だけど、裏返せばどこかの敵性国家がいつでも占領できると言うこと。
「無防備地域宣言条例」が通って宣言をすれば、アメリカ、中国、北朝鮮、韓国がこぞって「箕面市を占領するのは俺だ!」と群がってくること間違いなし。
拒否権なんかありません。
無防備地域宣言とはそう言う物なんですから。
そこが日本じゃなくなったとき、箕面市民はいったいどういう面をするんですかね。
私はちょっと楽しみです。
首長、市議会員、市民団体代表を 外患誘致罪で処刑するというのも一興ですな。


無知というのはどこまで罪深いんでしょうか。
あぁ、頭が痛い。

posted by バビロン7 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(3) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

無防備宣言に賛成する箕面市長の愚(藤沢純一市長)
Excerpt: すでに新聞報道「箕面市平和のまち条例案 市長賛成、提案へ」(朝日新聞2月15日)でご存知の方がほとんどだと思うが、当ブログでも繰り返し警告してきた無防備地域宣言条例(「箕面市平和のまち条例」)について..
Weblog: 愉快な市民派たち@箕面
Tracked: 2007-02-17 15:01

無防備マンをぶっ飛ばせ〜否決された地域の人もまだ用心を〜 2/18
Excerpt: 各種ブログでもとりげられていましたが、大阪府箕面市長藤沢純一は直接請求された無防備地域条例案に賛成の意見書をつけました。 以前も指摘しましたが、無防備地域運動を推進していた箕面市議会の会派無所属クラブ..
Weblog: 雑感だらけ
Tracked: 2007-02-18 04:03

市民を犠牲にする覚悟(無防備地域宣言)
Excerpt: 再三にわたって当ブログでもとりあげてきた「無防備地域宣言」。 明日3月2日、箕面市議会で意見陳述がされるとのことだ。 戦時国際法であるジュネーブ条約の規定が「箕面市平和のまち条例」と化粧をほど..
Weblog: 愉快な市民派たち@箕面
Tracked: 2007-03-02 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。