2006年07月04日

こういうバカを待っていたアルよ。

うん、なんて言うのかね。
まるまると太った“鴨ネギ”ってヤツ?

日中関係の改善へ協力で一致
この中で、王部長は「中国共産党は今回の小沢代表の中国訪問に大きな期待を寄せている。胡錦涛国家主席との会談が行われることが何よりの証拠だ」と述べました。そのうえで、王部長は、小泉総理大臣の靖国神社参拝などで冷え込んでいる日中関係について「日中の長い付き合いの歴史の中で、友好の時期が続いてきたが、不幸な時代もある。お互い知恵を出し合い、友好の方法を模索したい」と述べました。これに対し、小沢代表は「日本国民の大多数は中国との友好・協力関係を願っている。お互いに努力し、困難を乗り越えていこう」と述べ、日中関係を改善するため民主党と中国共産党が協力していくことで一致しました。このあと、小沢代表は唐国務委員と会談し、この中で、唐国務委員は、北朝鮮の核開発問題をめぐる6か国協議が去年の11月以来開かれていないことに関連して「中国は、北朝鮮の非核化を目指し、障害を乗り越え困難を克服するという不動の信念でこの問題に取り組んでいる。今、関係各国に新しい提案を示し各国の回答を待っている」と述べました。
<NHKニュース:H18.7.4 (火)>
建設的な関係構築で一致 唐氏、小沢代表に期待
 【北京3日共同】中国を訪問している民主党の小沢一郎代表は3日、北京で唐家セン国務委員(前外相)、中国共産党の王家瑞対外連絡部長と相次ぎ会談し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝で冷え込んだ日中関係の改善と、建設的な関係の構築に向けて双方が努力していく重要性で一致した。  唐氏は「訪中は中国重視の姿勢の表れと理解している。称賛の意を表したい。小沢代表に期待している」と歓迎。先の衆院千葉7区補選での民主党勝利に言及しながら「民主党は一本になって随分強力になった。いつ政権を取れるのか」とただすと、小沢氏は「来夏の参院選で与野党が逆転する可能性が強く、政局になっていく」との自信を示した。
<共同通信:H18.7.3 (月)>
唐家セン曰く「いつ政権を取れるのか」
唐家セン曰く「いつ政権を取れるのか」
唐家セン曰く「いつ政権を取れるのか」

意訳1:「お前らが政権を取ればこっちのものアルネ。」
意訳2:「小日本にはこの程度の首相がお似合いアルネ。」

春秋戦国時代の頃から遣り口変わってないのにね。
なんでここまでバカげた繰り返しをするのやら。
中国ってこういう、豪腕を振るってみたい小物を利用するのが常套手段なのにねぇ。

参院選で政局が起こると思ったら大間違い。
今回の訪中で再び悩む国民は消去法で自民に行かざるを得なくなってきましたな。
内政問題も気になる争点だが、アメリカべったりに対抗するためとは言え、中共べったりでやってくる民主党など恐ろしくて票なんか入れられるかよ。
「中国の軍事力は脅威」とぶちかまして門前払いを喰らった前原前代表を見習うことをお勧めする。
posted by バビロン7 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。