2006年03月22日

ベースボールじゃない。アレは野球だ。

海外メディアも日本野球を称賛
 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)=古沢由紀子】米国を中心に海外のメディアも日本の優勝を伝え、その実力を高く評価した。

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は、王貞治監督の胴上げ写真を大きく掲載し、「(イチロー、大塚両選手の)2人の大リーガーしかいない日本が優勝した。米国は自分たちが世界一と思っていたが違った」と絶賛。
 ロサンゼルス・タイムズ紙(同)も、「野球人生で最高の日だった」というイチロー選手のコメントなどを紹介した。
 また、USAトゥデー紙(同)は、ヤクルト、近鉄で活躍した米大リーグ・フィリーズのチャーリー・マニエル監督の「米国人選手の能力は高いが、日本の選手たちは基本に忠実なプレーをする」と分析を掲載した。

 「ベースボールは忘れろ。あれは『ヤキュウ』だった」――。

 21日付のカナダ紙バンクーバー・サン(電子版)は、日本の優勝を伝えると共に、「ヤキュウ」が「フィールド・ボール」の意味であると説明した。
 「イチロー以外は(世界で)ほとんど無名の選手たちが勝利をもぎ取った」と報じ、イチローや王監督の喜びの声も紹介した。


 台湾の中央通信は同日午後、日本の「世界一」を速報。
 「王監督は『スモールベースボール戦術』で、アジアの野球を世界のトップに導いた」と絶賛、台湾チームも次回大会に向け、日本チームの勝利を見習うべきだと伝えた。
<読売新聞:H18.3.22 (水)>
ホントに大したことじゃないんですけど、ついにこの言葉を言わしめたかとちょっと嬉しくなっちゃいました。
常々「日本でやっているのはベースボールじゃない。野球だ。」と小馬鹿にされてきましたし、当の日本人もメジャーリーグのプレーに目を奪われ、引け目を感じていたところがありました。
私は「メジャーなんて多くが筋肉増強剤でムキムキなだけだ。トップレベル同士なら絶対負けてない。」と思っていましたんで、カナダ紙の評価はホントに爽快ですわな。

やたらテレビで「真のベースボール」と得意げに言う輩に腹が立っていたと言うこともありますけどね。(w
メジャーリーグだけが正しいんじゃない。
日本プロ野球も正しさの一つだと言うことを再認識させたことが日本代表最大の功績だったと思います。
posted by バビロン7 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15249589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。