2006年03月21日

日本のプロ野球はァァァァ!世界一ィィィィ!!!

王監督、歓喜の胴上げ イチロー、松坂ら活躍
 1回、2回、3回、王監督の体が、軽やかに宙を舞った。世界ナンバーワンを勝ち取った「王ジャパン」の、歓喜の胴上げだ。イチロー、松坂、上原…、死闘を戦い抜いた日の丸戦士たちが、ダイヤモンドで熱い抱擁を繰り返した。
 五輪金メダル3度で、アマチュア世界最強と称されるキューバ。「カリブの赤い稲妻」が誇る圧倒的なパワーを制したのは、日本らしいスピードと“小技”だった。
 一回、一死から2番西岡が内野安打で出塁すると、すかさず2盗。立ち上がり制球の定まらないキューバの先発ロメロに足でプレッシャーをかけ、続くイチローの四球をサポートした。流れを引き寄せると、8番今江のタイムリーなどで一挙に4点を先制した。
 1点差に迫られた九回には、一死一塁から西岡が絶妙のプッシュバントを成功。続く3番イチローの右前打で、2走の川崎が、クロスプレーで強引なブロックを仕掛けた相手捕手の両足のわずかなすき間に右手を差し込み、間一髪ホームイン。“力技”を、緻密(ちみつ)な技でいなし、日本ベンチに漂っていた沈滞ムードを吹き飛ばした。触発されたのか、7番小笠原の浅い右飛を放つと、3走の松中が巨体をゆすって果敢にもタッチアップを決め、キューバを突き放した。
 日本は2次リーグで米国と韓国に敗れ、一時は敗退濃厚に追い込まれた。しかし、優勝候補筆頭の米国の敗戦で、辛くも準決勝進出。準決勝では「三度目の正直」で韓国に圧勝し、一度はあきらめかけた夢を、勢いでつかみ取った。
<産経新聞:H18.3.21 (火)>
おめでとう。ありがとう。

日本プロ野球の頂点は世界の頂点に直結していることを示してくれました。

本当にありがとうございます。



福留選手。

今シーズンあんたが何をやらかしても許す!!!
posted by バビロン7 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。