2010年05月10日

総理という職の威厳

前政権の頃、漢字の読み間違いだのバー通いだの批判を受けているのを見て、たしか三宅久之のおじいちゃんだと思うけど、「総理という職の品格っちゅうのかな、それを麻生総理は非常に貶めた」と言っていた覚えがある。

いまの総理は野党どころか、選挙権もない高校生から面罵されに行っています。

さて、品格を貶めてるのはどちらがひどいのやら。

posted by バビロン7 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。