2009年12月11日

中国以外を侮辱する鳩山政権

◆政治利用に当たらない=陛下と中国副主席の会見−首相

 鳩山由紀夫首相は11日夜、習近平中国国家副主席と天皇陛下との会見を宮内庁に働き掛けたことについて「(天皇の)政治利用という言葉は当たらない」と述べ、問題ないとの認識を示した。首相官邸で記者団に語った。

 習副主席と陛下との会見は、各国に1カ月前までに書面で申請するよう求めている宮内庁の通達に反する形で実現の運びとなった。これについて首相は「1カ月を数日間切ればもうしゃくし定規に駄目だということで、果たして諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか」と指摘した。

<時事通信:2009/12/11>

そう、その通り。杓子定規って奴だ。

何のための定規か。

日本の代表として、諸外国の代表との謁見に不公平というものを生じさせないための定規だ。

米国のような大国にして同盟国であろうと、世界で最も弱く小さい国だろうと、等しく遇するための配慮だ。

それすらもこいつらはわからないんだよ。

人として見下げ果てた連中、それがこの国の与党にして総理だそうな。

日本史上、最大、最高、空前絶後の汚点として刻まれることでしょう。

こんな政権を立てた国民もまた、同じ汚点として記憶されるのですね‥‥‥。

嗚呼‥‥‥。

posted by バビロン7 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。