2009年12月08日

あんたらの打った対策の数を教えてくれ

◆私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。

 ――今年度の税収が37兆円を下回り、国債発行額が過去最大の53兆円に達する見通し。来年度の新規国債発行額を44兆円以内に抑える考えに変わりはないか。

 「これはあの、リーマンショックからきていますからね。それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。それだけに、ここまで深刻になってしまったことは、残念なことではありますけども、しかし経済をある意味では、しっかりと立て直していかなければならんということで、補正を組んだ前政権の考え方も分からんわけではない。どこまで有効であるか、ということで我々は事業仕分けのような、凍結のことも行いました。しかし、結果として税収も大きく減ったわけですから、結果として、国債をこうせざるを得なかったということは、国民の皆さんも理解をして頂けるのではないかと、そう思います。しかし、財政規律はそれなりに、一方で経済、一方で財政、これはともに国民の皆さんの命を守るために必要な議論でね、そのバランスの問題だと思います。これ以上深刻にならないようにしなきゃいかんというために、経済的な手だてを打つと。一方で打ちすぎると財政がおかしくなる、ということですから、そのバランスの中で私は44兆円、来年度に関してはそれに向けて努力しようじゃないか、ということで申し合わせたわけです。いまはその努力に向けてですね、一人ひとりが頑張って、閣僚の皆さんがね、その中で予算を組もうとしている状況ですから、まずは私はこの44兆円に手足を縛られて、それによって人の命の方が失われるという話になってはいけないことも事実でありますけども、努力としてはこれからも続けていこうと、思っております」

それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。

それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。

それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。

それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。

手を打とうとした奴らの足を引っ張り、審議を拒否し、打っていた手を突然断ち切ったのはどこの誰ですか。

一体

どこの

誰ですか。

あらためて口にするのも汚らわしいわ。

posted by バビロン7 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135075807

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。