2009年11月15日

アカ日も狂わすハトぽっぽ政権

◆何のための補正予算か

 報道によれば、鳩山政権が2009年度第2次補正予算を検討しているという。厳しい雇用情勢や、国内景気再減速の懸念に備えるためらしい。

 景気対策とは文字通り、景気や雇用の悪化に対処するためのものだ。麻生前政権は、世界的な経済金融危機に伴う国内景気の急激な冷え込みに対して、真水で14兆円強の景気対策を09年度第1次補正予算で実施し、実際に景気下支えの成果を出した。

 政府は、そのうち約3兆円の執行を凍結し(うち公共事業は約5千億円)、それを第2次補正の財源に充てるという。しかし、そのような補正予算の組み替えをなぜ行うのか、それがなぜ景気対策なのかは、明らかにされていない。現行補正予算の景気刺激効果が小さいため、より大きな効果を発揮する施策に転換するためなのだろうか。

 景気対策は、今そこにある不況に対処するためのもので緊急性が高い。さまざまな批判を承知の上で言えば、だからこそ、即効性のある公共事業が選ばれてきたし、実際にその効果を発揮してきた。従来型ではない公共投資といえば聞こえはいいが、新たに計画を策定するのであれば、眼前の不況には間に合わない。規制緩和もしばしば対策に盛り込まれてきたが、本来は中長期の成長力を高めるものだろう。

 そのような性格を帯びた現行補正予算を組み替えて、新たな景気対策を打ち出すのであれば、政府は、景気の現状認識や見通し、予見されるリスクとその大きさ、現行対策と比べた新対策の効果や有効性を、国民に明確に示すべきだ。マニフェストにこだわるあまり、対策をいじくり回すだけなら、政策そのものが景気にとってリスクになりかねない。(山人)

    ◇

 「経済気象台」は、第一線で活躍している経済人、学者など社外筆者の執筆によるものです。

<2009/11/14:朝日新聞>

自分が言ってきたことも顧みず、よくもこんな記事を載せるわと思います。

官僚の無駄遣いを助長させるとか意味がないとか、昨今の事業仕分けと同じように粛正の火を放ったくせにね。

さっさと新聞社丸ごと筆を折って麻生前総理に跪いて謝罪しろよ。

posted by バビロン7 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

くっぱぁぁぁ!!テンションあがっちまった!!すまんwwwww
お*んこピンク色で形も綺麗だったから夢中でしゃぶりついちまったYO!!wwwww
クンニしてトロトロになったお*んこって俺の短小ち*ぽでも余裕でイかせられっしwww

とりま全身ビクビクさせながらヨダレ垂らしてイってた顔が工口すぎだな!!www
あんまり工口かったもんだから顔にぶっかけてもっと工口くしてやったよwwwww(*´∀`*)
http://gorioyaji.net/gun/me3l5s7/
Posted by あっぱっぱー at 2009年11月26日 09:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132937859

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。