2009年11月07日

過去の遺物賞じゃないのか

◆鳩山政権で初の不名誉「化石賞」 気候変動部会閉幕

 【バルセロナ(スペイン北東部)=清水俊郎】京都議定書に続く国際的な地球温暖化対策を協議するバルセロナでの国連気候変動枠組み条約作業部会が六日、五日間の日程を終えて閉会した。

 環境保護団体が、温暖化対策の論議に後ろ向きな国に贈る「本日の化石賞」の最終日の受賞国には、日本とカナダ、欧州連合(EU)が選ばれた。

 同賞は、この条約の国際会議のたび日替わりで選出される。温暖化対策を看板の一つにしている鳩山政権に贈られるのは初めて。

 理由は、温室効果ガス25%削減という中期目標は評価できるものの、それ以外の姿勢は「(本日の化石賞)常連だった前政権と代わり映えしない」ためという。

<2009/11/7:東京新聞>

化石とか言うから、てっきり「過去の遺物」を皮肉ったのかと思った。

CO2ネタか‥‥‥。

あぁ、心配だ。

この不名誉にぶち切れた鳩山が、「日本を滅ぼしてでもCO2を削減するっ!!!」とか言わんばかりの政策をぶちあげかねないわ。

ぶっちゃけ「環境保護団体」なんて無視でかまわんと思うんですがね。w

何せ中国とかいう大物が入っていない時点でおかしいでしょ?つまりはその程度の話なんですよ。

posted by バビロン7 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。