2009年10月20日

油売ってないで死んでこいby民主党

◆給油中止、米に伝達 防衛政務官「アフガン、民生で貢献」

 【ワシントン=大石格】訪米中の長島昭久防衛政務官は14日、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障担当)らオバマ政権幹部と相次ぎ会談した。この中で海上自衛隊によるインド洋での給油活動に関し、来年1月のテロ対策特別措置法の期限切れ以降は継続しないと伝達。鳩山政権としてはアフガニスタンでのテロ掃討戦に「元兵士の職業訓練など民生面で貢献したい」と表明した。

 米側は、現在アフガンの治安安定に向けた戦略を抜本的に見直していると説明。海自の給油活動を高く評価したが、打ち切りに関しては「日本が決めることだ」と述べるにとどめたという。

 沖縄県の普天間基地の移設に関しては、長島氏が連立を組む社民党の主張などを解説。来年秋に知事選があるなど県の政治情勢が不透明との事情なども話した。(10:35)

<2009/10/20:日経新聞>

長島政務官はこのように申しておりました。

◆防衛相、給油代替のアフガン支援で自衛隊派遣の可能性示唆

 北沢俊美防衛相は20日の閣議後の記者会見で、来年1月に期限が切れる海上自衛隊によるインド洋での給油活動の代替案となるアフガニスタン支援について「民生支援だけで代替案になるのかという懸念は少し持っている」と述べ、自衛隊の派遣もありうるとの認識を示した。ただ具体案については「(政府内)でまだ突っ込んだ話はできていない」と述べるにとどめた。(15:04)

<2009/10/20:日経新聞>

そして北沢防衛大臣はこのように申しておりました。

なんつーのかな・・・。

「アメリカの言いなりだった方がまだましな結果が出ただろう」って言う方向へどんどん突き進んでいる気がするんだ。

民生支援をうたって乗り込んだり、自衛隊をその護衛に送り込んだとして、何が起こり、その結果をどう受け止めるのかみんな理解してるのかな・・・。

腹くくってますか?

民生支援担当者も自衛隊員も木石じゃないんですよ?

他人に命令して、死ぬかも知れないところへ送るんですよ?

給油活動を捨てて、アフガンに乗り込んでいく大義名分が本当に用意されていると言えますか?

posted by バビロン7 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。