2009年10月08日

日本人なんかに新薬はもったいないらしい

◆適応外使用薬の開発支援653億円が執行停止‐補正予算見直しで

 長妻昭厚生労働相は6日、2009年度第一次補正予算の厚生労働省分の執行停止・返納見込み額を公表した。新薬開発支援事業に係る基金事業753億円については、未承認薬の開発支援100億円は確保したものの、適応外使用薬の開発支援分653億円は執行停止となった。

 厚労省分の執行停止総額は4359億円で、内訳は▽緊急人材育成・就職支援基金3534億円▽未承認薬・新型インフルエンザ等対策基金679億円▽独立行政法人・国立大学法人及び官庁の施設整備費6億円▽その他141億円――となっている。

 未承認薬・新型インフルエンザ等対策基金については、適応外使用薬の開発支援分のほか、医薬品医療機器総合機構の審査員増員など、医薬品等の審査迅速化に充てる42億円のうち25億円が執行停止となる。

 医療機関や薬局に対するレセプトオンライン化支援事業は盛り込まれなかった。ただ、鳩山由起夫首相は各大臣に対し”さらなる組み替え再配分”を求めており、閣議決定までには新たな”切り込み”が行われる可能性がある。

<2009/10/8:薬事日報>

最低ですね。

医師が足りないのに人材育成や雇用支援金を削るときましたか。

それに、新型インフルエンザの変種や、全く別のインフルエンザなどへの対策費用も削減と。

民主党って、国民の病気を治すための投資を「無駄」と判断したんですね。

これで掲げていた公約が「生活第一!」というわけですか。

すげーなー(棒)。

posted by バビロン7 at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、いまのところ年金だけの大臣ですから。
Posted by at 2009年10月09日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129823342

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。