2009年09月01日

民主党の政権 日本の政権

選挙当日、喫茶店の中でおばちゃん達の井戸端会議が聞こえてきました。

曰く、「やったことがないのに大きなことばかり言って、やれるわけないじゃない」とのこと。

おばちゃん達のいうこともわかるのですが、それはちょっと違うかなと。

むろん政権交代の先が民主党というは私も納得できないのですが、いつかはこういう事も起こるわけで、長いこと自民党が政権与党だったわけですから、野党は政権運営を知らない人達ばかりにならざるを得ないわけです。

みんなの党には最近まで行革担当大臣だった渡辺議員がいるわけですが、仮にみんなの党が与党になる日が来たとしても、その頃には多数の政権運営未経験者でしめられることでしょう。

そういう意味では、政権運営を肌身に感じてくれる人が増えてくれると、先々役に立ってくれるのではないかなどと淡い期待を持ってしまうわけです。

また、この後アメリカのように政権交代時に混乱があまり起きないような仕組みがどのように出来上がるのかどうかも気になるところです。

日本が終わるとか中国日本自治区とか、そういう懸念を持って政治を注視するのも必要だと思っていますが、それと同時に「日本の政治」をどんな構造にしておくと良いのか考えることが必要じゃないかと思っています。

posted by バビロン7 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126938490

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。