2009年08月24日

事実は事実として。

◆麻生首相「金がないなら結婚するな」発言

 衆院選(30日投開票)の「ラストサンデー」となった23日、各党党首は候補者の応援で全国を奔走した。東京2区(中央区、文京区、台東区)に入った麻生太郎首相(68)は、学生主催のイベントに出席。少子化問題の質問に「金がないなら結婚しない方がいい」などと発言した。

 東京・花川戸の台東区民会館で開かれた、学生主催の「ちょっと聞いていい会」。約60人の学生を前に、麻生首相が質問に答える形で進められていたが、ビックリ発言はいきなり飛び出した。

 男子学生からの「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との指摘に対し、首相は「金がないのに結婚はしない方がいい。オレは金がない方ではなかったが、43(歳)で結婚した。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」と答えた。

 さらに「(結婚は)金があるからする、ないからしないというものでもない。人それぞれだと思うから、うかつには言えないところだと思う」と続けた。

 首相の発言は一定の生活力が必要との趣旨ともとれるが、学生からは賛同の拍手などは一切起こらず、それどころか、会場全体が一瞬、凍りついたような雰囲気。不況の影響で就職先がなかったり、ワーキングプア状態にある若者たちに対する配慮を欠いた発言との批判を呼びそうだ。

 選挙戦中も相変わらず失言を繰り返す麻生首相。解散後の先月25日には、横浜市内での会合で「高齢者は働くことしか才能がない」などと話したため、河村建夫官房長官からは「首相にはオウンゴールだけは避けてもらいたい」とイエローカードを突き付けられたばかり。さらに、前日の22日には、豪雨災害に見舞われた兵庫県佐用町の現場を視察した際、2人の行方不明者について「遺体が見つかるように」などと心ない発言をしていた。

<2009/8/24:スポニチ>

こういうことにスポーツ新聞をソースにするのは気が引・・・まぁ仕方がない。

麻生首相は結局、政治家としての発言、TPOという奴が苦手というか出来ないというか‥‥‥そういうことなんだろうなぁ。

ただ逆に言うと、「事実」をありのままに捕らえ、まともに口にしてしまうわけですわ。

先立つものがなければ結婚後の生活も不安が満載だろうし、逆に金がないからと言って結婚しないというものでもない。

佐用町の豪雨被害で、未だに見つからない人が死んでいないと思っている人はまずいない。

この前の「たかじん」に出てきた「選挙コーディネーター」は政治家には「ビジョンはあるが具体的道筋が弱い未来型」、「直面する問題を解決するのは強いがビジョンが弱い現実型」「過去からの流れでそのまま未来も進むと思っている過去型」がいるそうだが、麻生首相は「現実を直視してそれを乗り越えるタイプ」でしょうな。

だから「金がないと結婚は難しい」という事実はまともに捕らえて、口にしてしまう。で、そこで止まってしまう。

そこで政治家としてどうするかというビジョンが出てこない。

何せ、ビジョンを口にしてもその通りに人が動き、子供を産んでくれるかどうかなんてこれまでの少子化対策がどういう結末を迎えたかを把握している立場からすればとても言えるものではない。

事実認識が先行するから、おいそれと甘いことを言わない。それが麻生という政治家なのだろう。

担当閣僚としては有能なのかもしれないが、首相としては・・・美質とは言えないんだろうなぁ。現実も見んと甘っちょろいことばかり言う輩よりはマシなんだけどね。

posted by バビロン7 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126403012

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。