2009年03月25日

WBC二連覇

いやぁ・・・終わりました。

◆喜びに包まれる侍ジャパン WBC決勝で韓国破り2連覇

 【ロサンゼルス23日共同】満員のドジャースタジアムで、原辰徳監督率いる「侍ジャパン」が勝利の喜びに包まれた。イチロー外野手(マリナーズ)は延長10回の決勝打を「神が降りてきた」とうれしそうに表現した。

 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の23日の決勝で、ライバル韓国を5−3で倒した日本代表。2大会連続の最優秀選手(MVP)に輝いた松坂大輔投手(レッドソックス)ら大リーグ、プロ野球の選手が2月の宮崎合宿から一丸となり、再び世界の頂点に立った。

 大会は16の国と地域が参加して、今月5日に東京ドームで開幕。1次ラウンドは東京のほかメキシコ、カナダ、プエルトリコで実施された。2次ラウンド以降は米国に会場を移し、全日程を終えた。次回の第3回大会は2013年に開催される予定。

<2009/03/24:中日スポーツ>

韓国戦の合間にWBCをやっていたような気配すらする大会でしたな。

5回目ともなると何かの罰ゲームかと・・・。

状況はどのチームも同じではあるんですけどね。何か改良してもらえんかな。

試合の説明なんかは不要ですね。

沢村賞投手の岩隈が快投を見せ、疲れたところを杉内が継いで、アドレナリンでまくりで制御不能なダルビッシュが日本のピンチとイチローの決勝打と勝利投手を自作自演

ダルビッシュについては解説の斉藤明夫さんが「スライダーが曲がりすぎています」って呆れていましたしね・・・。

見ていたらホントに、右打者のインコースのボール球からアウトコースのボール球へ曲がってるんじゃないかっつーくらいでしたわ。めちゃくちゃだわ、あれ。

このような最上の結果をもたらしてくれた、我らが侍、原ジャパンには深く感謝したいと思います。

本当におめでとう。本当にありがとう。

posted by バビロン7 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116178017

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。