2009年02月09日

ずいぶんなことを言い出したな。

っつーかなに?

独裁者?

◆「民主に賛成の官僚以外クビ」鳩山氏、政権奪取後の構想

 民主党の鳩山幹事長は9日、大阪市で開かれた関西経済同友会の会合で講演し、民主党政権での政府人事について、「(各省庁の)局長クラス以上に辞表を提出してもらい、民主党が考えている政策を遂行してくれるかどうか確かめたい。それくらい大胆なことをやらないと、官僚の手のひらに乗ってしまう」と述べた。

 民主党政権が実現した場合、中央省庁の局長級以上の幹部にいったん辞表を提出させ、民主党の方針に賛成する官僚のみを引き続き採用する考えを示したものだ。

 幹部公務員の政治任用制の拡大は民主党の基本政策の一つで、2007年参院選公約にも盛り込まれている。03年に当時の菅代表がまとめた政権構造改革案では「各省庁の局長級以上で新内閣の基本方針に賛同しない官僚には辞表を求める」と明記している。

(2009年2月9日20時40分  読売新聞)

官僚たちがせせら笑っているのが聞こえてきそうです。

政府の方針に賛成しつつ自分たちの都合が良いように作り替えるのが官僚の官僚たる腐れ具合のゆえんですから。

賛成し、仕事をしているように見せつつ、サボタージュをすることでしょう。

それから頃合いを見て、「改革が進まないのは政治家が悪い」と手を変え品を変えてすり込んでくることでしょう。

自民党よりも分裂しやすい民主党ですから、官僚にとっては、突けば割れるシャボン玉でしょうな。

こういう子供じみたことを臆面もなく言えて、楽しそうですね。

posted by バビロン7 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113961048

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。