2008年12月09日

遺憾の意は意味をなさなかった。コマンド?

◆尖閣諸島:中国「調査船の派遣、中止せず」

 中国外務省の劉建超報道局長は9日の定例記者会見で、中国の海洋調査船が尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海に侵入したことについて「調査船をいつ再派遣するかは中国側の事情だ」と指摘、今後も調査船の派遣を中止する考えがないことを示唆した。

 劉局長は、尖閣諸島が古くから中国固有の領土だとの主張を繰り返した上で「中国が主権を有する海域で正常に航行して、何が挑発と言えるのか」と指摘。13日の日中韓首脳会談などには影響しないと強調した。

<2008/12/9:共同通信>

さて、また調査船を送ってくるとのことですがどうしますかね。

害務省と乏衛省は・・・。

ちなみに中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは1970年代に入ってからです。

posted by バビロン7 at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
首脳会談で、麻生さんがシナに対して毅然とした態度を取れるかどうかで、支持率は回復すると思うけど、ここが正念場でしょうね
福田のような対応をすれば、いろんな意味で日本終了かと思う

ただ、国内問題から国民の意識を逸らせる為に、シナが日本を挑発している懸念もあるので、下手に対応すると喜んで、シナが攻めてくる可能性も考えられなくも無い、難しいですよね

あと、シナの昔の地図にはしっかり、尖閣諸島は日本領になっていましたよね、1950年頃は、それをこっそり書き換えて、領有権を主張する所なんかは、まさにチョンのお父さんに相応しい行為だと思いました^^#
Posted by けーね at 2008年12月10日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。