2008年11月01日

言論の自由度が低いと言われてもしゃーないな。

麻生総理の景気浮揚対策演説の裏でまた急展開な事態が起こっていた模様ですな。

◆防衛相、現役空幕長を更迭 政府見解に反すると判断

浜田靖一防衛相は31日夜、先の大戦を日本の侵略とする見方に疑問を示し、集団的自衛権行使容認を求める論文を公表した防衛省の田母神俊雄航空幕僚長の更迭を決めた。政府は同夜の持ち回り閣議で31日付で田母神氏を航空監部付にした。麻生内閣が先の大戦を「侵略」とした村山富市首相談話を踏襲する中、論文内容は政府見解に反すると判断した。後任には永田久雄航空総隊司令官、織田邦男航空支援集団司令官、外園健一朗防衛省情報本部長らの名前が浮上している。

 浜田氏は同日夜、増田好平事務次官を通じ田母神氏に更迭を伝えた。浜田氏はこの後、防衛省で記者団に「政府見解と異なり不適切だ」と述べた。

 空自トップである現職の幕僚長が先の大戦を侵略戦争と決めつける見方に異論を唱える論文を発表するのは極めて異例。憲法解釈の制約などで十分な活動ができない自衛隊の現状に一石を投じる狙いがあったものとみられる。

 田母神氏は「日本は侵略国家であったか」と題する論文を全国でホテルやマンションを開発しているアパグループ(東京都港区)が今年5月に募集した懸賞論文で最優秀賞を受賞した。

 防衛省は職員が外部に職務に関する意見を発表する際、書面による届け出を義務づけているが、田母神氏は届け出ず防衛相は知らなかった。

 論文で田母神氏は、19世紀後半以降の日本の朝鮮半島や中国への軍事的行動について「相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない」と指摘。「日本だけが侵略国家といわれる筋合いもない」との見解を示した。集団的自衛権の行使を禁じた現在の憲法解釈の問題点にも言及した。

 田母神氏の論文に関し麻生太郎首相は31日夜、「適切でない」と表明し、同日中の決着を浜田氏に指示した。政府は早期の更迭で新テロ対策特別措置法改正案など国会審議への影響を最小限にとどめたい考え。しかし、野党側は浜田氏の監督責任などを追及する構えで、政権へのダメージは避けられない見通しだ。

<2008/10/31:産経新聞>

大騒動ですね。
その論文は以下のような内容だったそうです。

◆空幕長論文要旨「わが国が侵略国家だったというのは正にぬれぎぬだ」

 空幕長の論文の要旨は以下の通り。

 一、わが国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したといわれるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も、条約に基づいたものだ。日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めたが、相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。

 一、わが国は中国で和平を追求したが、その都度、蒋介石に裏切られた。蒋介石はコミンテルンに動かされていた。わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者だ。

 一、1928年の張作霖列車爆破事件も少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。(文献によれば)コミンテルンの仕業という説が強まっている。

 一、満州帝国の人口は成立当初からなぜ爆発的に増えたのか。それは満州が豊かで治安が良かったからだ。侵略といわれるような行為が行われるところに人が集まるわけはない。

 一、日本が中国大陸などに侵略したため、日米戦争に突入し敗戦を迎えたといわれるが、これも今では日本を戦争に引きずり込むために、米国によって慎重に仕掛けられたわなであったことが判明している。米国もコミンテルンに動かされていた。ヴェノナファイルという米国の公式文書がある。

 一、東京裁判は戦争の責任をすべて日本に押し付けようとしたものだ。そのマインドコントロールはなおも日本人を惑わせている。

 一、自衛隊は領域警備もできない。集団的自衛権も行使できない。武器使用の制約が多い。このマインドコントロールから解放されない限り、わが国は自らの力で守る体制がいつになっても完成しない。

 一、日本軍の軍紀が厳正だったことは多くの外国人の証言にもある。わが国が侵略国家だったというのは正にぬれぎぬだ。

<2008/10/31 産経新聞>

なんとまぁ正直な人だろうねぇ。(苦笑)
こんな論文をアパグループが募集する懸賞論文に出してしまうくらいせっぱ詰まったものがあったんだろうか。
それから、どうにも・・・これは大慌てで更迭しなければいけないほどの論文なんだろうか。
まぁ、最優秀賞を取っちゃったくらいですから、それなりにいい論文だったんでしょうがねぇ。

たとえば・・・

◆「自衛隊は再教育が必要」 公明・山口政調会長

 公明党の山口那津男政調会長は1日午前のTBS番組で、先の大戦を日本の侵略とする見方に疑問を示す論文を発表したとして、政府が航空自衛隊の田母神(たもがみ)俊雄幕僚長を更迭したことについて、「自分の発言がどう社会に影響するかの判断力がない。こういう人を自衛隊のトップに就ける任免のあり方に問題がある」と述べ、更迭は当然との考えを示した。

 そのうえで、「自衛隊のトップもそれ以下も同じような考え方だとすれば、再教育しないといけない」と強調した。

<2008/11/1:産経新聞>

とか

◆空幕長問題、国会で追及=民主・鳩山氏

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は1日、千葉県印西市で街頭演説し、日本の過去の戦争を正当化する論文を書いた田母神俊雄氏が航空幕僚長を更迭された問題について「早くトカゲのしっぽを切った方がいいと思っているならとんでもない間違いだ。参院で深く掘り下げて、二度とこのような発言をする人が政府の中にいなくなるよう戦っていく」と述べ、新テロ対策特別措置法改正案の審議で追及する考えを示した。 

 同氏の論文について、鳩山氏は「空自トップが戦争責任を無視するような発言をした。諸外国、特にアジアの国々にどんな影響を与えるか心配だ。将来、日本がまた何をするか分からないという恐れを与えているとすれば、政府全体の大きな責任だ」と批判した。(了)

<2008/11/1:時事通信>

お前らどこの思想統制機関かと問い詰めたくなるようなことまで言われなければならない論文ですか?

公職にある者として、言動に注意しなければならないのはもっともなことだと思うわ。
論文提出に正式な手続きを踏んでいないのも問題ですわな。

でも与野党の反応を見れば、この日本ではまともな方法では議論が出来ないことがわかるでしょう?

田母神氏の論文が指し示す問題点が今まさに紙上を賑わせているんですよ。

論文の発表をもって、その実証までやってのけるという名論文ですな。

日本国民が田母神氏のメッセージを受け取り、真剣に悩んでくれることを願うばかりです。

”東京裁判は戦争の責任をすべて日本に押し付けようとしたものだ。そのマインドコントロールはなおも日本人を惑わせている。
このマインドコントロールから解放されない限り、わが国は自らの力で守る体制がいつになっても完成しない。”

posted by バビロン7 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、火消ししちゃうの惜しい。
もっと盛り上がれば、中国朝鮮は
日本に頭を下げるというアクションが取れなくなり、
結果金を借りられなくなる。
Posted by at 2008年11月02日 00:02
んー、議論の種にもならんような。
「自衛隊ヤバイ」「そして最近の右傾化ヤバイ」「ぐんくつ(なぜか変換ry)の音が」
的な展開になって腫れ物ENDが関の山ではないですかねえ。
Posted by at 2008年11月02日 02:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。