2005年12月16日

セグウェイに乗った総理

首相のまったり具合について。

セグウェイで官邸出勤 首相「乗り心地良い」
 小泉純一郎首相は16日午前、先の日米首脳会談の際に、ブッシュ米大統領から贈られた1人乗りの充電式2輪車「セグウェイ」に乗って公邸から官邸に出勤した。
 首相は「天気が良くてよかった」と言いながら左右の車輪の間に立ち、おぼつかない手つきでハンドルを握りゆっくりと進んだ。時折、バランスを崩しそうになり「おおっ」と声を上げながら右往左往する一幕も。
 約150メートルを走って官邸のエントランスに到着すると、報道陣に「おはよう」と声を掛け、閣議出席のために居合わせた小池百合子環境相にも「少し練習したらできるよ」と利用を勧めた。
 報道陣の「事前に練習したのか」との質問に「きのう公邸で」と明かし、乗り心地については「割合楽だよ」と語った。
 セグウェイは、日本では道交法上の安全規制により公道を走ることはできない。(共同)

  ■セグウェイ 米国の発明家ディーン・カーメン氏が開発し、2002年11月に米国で一般販売が始まった1人乗り充電式2輪車。ブレーキやアクセルはなく、左右の車輪の間の台に立って体重の重心を移動することで前進、後退や方向転換ができる。米国では郵便局員や警察官も使用しているが、日本の道交法では、ブレーキなどがない整備不良車両に当たるとされ、公道で乗ることはできない。(共同)
<産経新聞:H17.12.16 (金)>
京都ではブッシュ大統領がこれに乗って首相をお出迎えしたそうな。
こーいうことをやっても「小泉らしい話ですな。」で済まされるところはやはり希有な人物だと思う。

来週あたり『首相、道交法の見直しを指示!!』とか一面を飾りそうで怖い。
posted by バビロン7 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10725449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。