2010年05月10日

総理という職の威厳

前政権の頃、漢字の読み間違いだのバー通いだの批判を受けているのを見て、たしか三宅久之のおじいちゃんだと思うけど、「総理という職の品格っちゅうのかな、それを麻生総理は非常に貶めた」と言っていた覚えがある。

いまの総理は野党どころか、選挙権もない高校生から面罵されに行っています。

さて、品格を貶めてるのはどちらがひどいのやら。

posted by バビロン7 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隠される無策

農水相、全額補償を表明 処分対象6万匹超の口蹄疫

 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談し、感染拡大防止などのために家畜を処分された農家に対し、全額補償を実施すると表明した。

 現在、家畜処分への補償は評価額の8割とされているが、農水相は会談で「(当面は)県が残りを措置し、後で国がやる。事実上の5分の5(の補償)だ」と強調した。

 同県で4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は計56カ所。処分対象は6万匹を超えており、国内で過去最悪の被害規模になっている。

 また農水相は、家畜の埋設処分の場所として国有地を提供するほか、防疫態勢を確保するため獣医師を倍増させ、九州農政局からの人員派遣を現在の10人から100人まで増やすことなども打ち出した。農家に対する生活支援については「検討したい」と述べた。

<2010/5/10:産経新聞>

ゴールデンウィーク前から宮崎県は助けを求めていたのですが、まともな動きを見せなかったのは政府です。

「打ち出した」などとカッコのいいこと言ってますけど、今更、です。

本当に今更の対応ですよ。

近年の事例では処分対象が1000頭を超えることはありませんでした。500〜800頭ですかね。

4月下旬にこの対策を出していればもっと被害を狭められたことでしょう。

そうした無策ぶりはマスコミには乗らないんですよ。それどころか事態の深刻さを伝えようとする姿勢も見えない。

どう深刻なのかといいますと、被害範囲は6万頭の牛だけじゃないからです。

感染が疑われる家畜の処分も大変ですが、口蹄疫を出した畜舎では、再発防止のため以後5年間家畜を飼うことができなくなります。

畜産農家に死ねというに等しい状態です。宮崎県南部の畜産が本当に壊滅してしまいますよ。

そんな対応までしなければいけない疫病ですから、一層初期の封じ込めが大切なんです。

でも手を貸さなかったよね、民主党政権は。

深刻な事態のもう一つは、風評被害です。

原口大臣が風評被害を抑えるために箝口令を敷いたようですが、欧米の諸外国は政府の発表はテレビのニュースよりも、現場の生の情報をインターネット経由で仕入れることになんの抵抗もありません。

すでに国連や欧米では大々的に報じられているので、日本は口蹄疫汚染国として広く認知されてしまっています。

口蹄疫を出したことによる風評被害よりも、対策が後手に回りまくっている国の食い物など危なくて食べられないというレッテルの方が甚大じゃないんでしょうか。

続きを読む
posted by バビロン7 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。