2010年04月28日

公務員就職氷河期

◆首相、国家公務員採用の半減を指示

 政府は27日、平成23年度の一般国家公務員の新規採用数を21年度実績(9112人)比で半減させる方針を決めた。原口一博総務相が同日午前の閣僚懇談会で表明し、鳩山由紀夫首相は「ぜひしっかりやってほしい」と指示した。

 鳩山政権は天下りあっせんの全面禁止を打ち出しており、国家公務員の退職者数が減ることが予想されている。そのため新規採用を大幅に減らして人件費を抑制する狙いだ。

 民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で国家公務員の総人件費2割削減を掲げていた。マニフェストでは国土交通省の地方整備局など国の出先機関を「原則廃止」とも明記しており、出先機関の採用を大幅に減らして対応する方針だ。ただ、大規模な新規採用抑制は、いびつな年齢構成の組織を生じることになり、各省との調整は難航も予想される。

<2010/4/27:産経新聞>

うん、天下りを禁止するんだから仕方が無いよね。

って誰が納得するんだろう。

天下りを禁止して欲しいわけであって、無能の首切を止めろというわけではないんだがなぁ。

国家公務員も若年層が減って少子高齢化ですかな。

posted by バビロン7 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

アイスランド火山噴火

どうも想像以上に影響がありそうですな。

アイスランドが噴火の影響で世界の終焉のような暗黒の大地になってしまった件について

アイスランドの火山噴火の影響がどれぐらいかよくわかるGIFアニメ

今回噴火したラキ火山ですが、かつて天明の大飢饉の原因になったこともあるそうです。

地球の裏側の噴火だからといって油断できませんわ。

同じような飢饉が起こるかどうかは定かではないですが、相応の対策を進めた方がよいのではないかと思いますね。

特に今年は日本も天候不順で凶作間違いなしですから。

posted by バビロン7 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政権交代こそが唯一の解決策

・・・と、アメリカから言われるところまできました。

普天間基地問題 鳩山首相、徳之島の反対集会受け「1つの民意。真剣に考えていきたい」

沖縄の普天間基地移設問題をめぐり、18日に移設候補地に浮上している鹿児島県の徳之島で大規模な反対集会が開かれたことについて、鳩山首相は19日朝、「1つの民意だ」としたうえで、「真剣に考えていきたい」と述べた。

鳩山首相は、沖縄「県外」である徳之島への移設に特にこだわっているとされるが、18日の反対集会に、島民の半数以上にあたる、主催者発表で1万5,000人が集まったことで、さらに厳しい対応を迫られている。

鳩山首相は「大変なエネルギーだと、そのように思います。徳之島の皆さん方がこれだけ集まられたということは、1つの、それも民意だと理解すべきだと思います。まあ、そういう民意というものも勉強させていただきながら、政府として、普天間の移設先に関しては真剣に考えていきたい」と述べた。

政府は4月中にも、徳之島を含む自治体への正式要請をしたい考えだが、地元・徳之島の町長らは、「打診があっても国とは会わない」と、断固拒否する構えを見せている。

また平野官房長官は、鳩山首相が集会を受けて「勉強する」と表現したことについて、「正式な案をふまえて、説明するなら説明する。丁寧に対応するということだ」と述べ、即時に撤回とはならないとの姿勢を示唆した。

しかし、徳之島の地元の合意を取りつけるのは至難の業で、目標としてきた「5月末決着」は絶望的な状況となっている。

アメリカ政府の関係者からは、「決着できる唯一の方法は、政権が代わって現行案に戻ることだ」との声も聞こえ始めている。

<FNNニュース:2010/4/19>

ま、残念ながら現行案に戻ることも不可能ですけどね。

引き続き普天間を使ってもらうよりほかないですわ。

国民の皆さん、外交、防衛政策もちゃんと見て投票しないと大変な事になるんですよ?

わかってもらえますかねぇ。

posted by バビロン7 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 理念先行現実無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ちゅら☆うみっ!

中国2潜水艦、南西諸島を浮上航行…今月10日

 北沢防衛相は13日午前の閣議後の記者会見で、中国の潜水艦2隻を含む計10隻の艦隊が今月10日、沖縄本島と宮古島の間の公海上を南下したことを明らかにした。潜水艦は浮上して航行したという。

 同海域で潜水艦を含む10隻規模の中国艦隊の活動が確認されるのは初めて。太平洋での演習に向かうとみられ、海上自衛隊が監視を続けている。

 防衛相は「公海であることは間違いないが、今までなかった事態でもある。詳細な分析をして、わが国に対する意図があるのかないのかも含めて、よく調べて対応を検討したい」と述べた。外務省幹部は13日午前、外交ルートを通じて中国側に事実関係を問い合わせていることを明らかにした。

 自衛隊統合幕僚監部によると、艦隊は今月7日頃、東シナ海で訓練を行った後、海自護衛艦が監視する中、10日午後8時頃、沖縄本島西南西約140キロ・メートルの公海上を航行した。内訳は、キロ級潜水艦2隻、ミサイル駆逐艦2隻、フリゲート艦3隻など計10隻。13日現在、太平洋上を沖ノ鳥島方面に向けて南下中という。

 防衛省筋は、「米国に対する示威行動なら、グアム周辺に行く可能性もある」と指摘した。

<2010年4月13日:読売新聞>

いやぁ・・・美しい海ですねぇ・・・。

鉄の鯨と鉄の城が仲良く泳いでいきますよ・・・。

辺野古沖のジュゴンも喜んでいることでしょうに・・・。

日米に向けた示威行動なのはわかりきったことでしょ。

海を占領する気があるって、行動をもって示してきたわけでさ。

ヒステリックに騒げとは言わないがね。やり返す用意があることを言ってくれないのかね。この国の 感冒 官房長官は・・・。

続きを読む
posted by バビロン7 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。