2009年10月31日

三遊亭円楽師匠大往生

◆【円楽さん死去】三遊亭楽太郎さん「ただただ悲しい」

 円楽さんの弟子で、来年に6代目円楽襲名が決まっている三遊亭楽太郎さん(59)は30日、今は話ができない状態として、コメントをFAXで発表した。

 全文は以下の通り。

 この度の師匠円楽の訃報に昨日(29日)接し、只々悲しい思いをしております。永年の人工透析に加え、何度もの大病のため体が弱っておりました。昨年9月3日の大師匠円生の命日の墓参の後、師匠宅で1時間ほどお話ししたのが最後の面会でした。その後、息子さんと電話で話し、体が弱っていることを聞き、近日中にお訪ねする予定をしておりました。

 昨日より博多に入り、本日より私のプロデュースの博多天神落語まつりが来月1日まであり、その後、広島での落語会がつながり、師匠の急変に間に合わなかったことが弟子として断腸の思いです。六代目の襲名も決定し、来年3月の円楽襲名に師匠である五代目がいないこと、さみしさと重い責任を感じています。

 皆様に生で対応するべき所、地方公演中であり。お客さま、仲間への対応に頑張って仕事をすることを師匠も望んでいると思います。スミマセン!

<2009/10/30:産経新聞>

物心ついた頃から、笑点の司会は円楽師匠でした。

馬面だの面長だの、笑っているだけでつとまる司会だの、色紙は鍋敷き代わりだの寄席若竹を潰しただの、さんざんな扱いをされていましたが、みんなに慕われる師匠なんだなと思いながら見ていました。

日曜日の夕方、バカバカしい笑い、屈託のない笑い、外連味のない笑い、その真ん中にどっかりと腰を据えていた人だと思います。

慎んで、ご冥福をお祈りします。

続きを読む
posted by バビロン7 at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにぶん初めてな事なので・・・

◆民主が方針転換、衆院予算委で質問へ

衆院の代表質問と予算委員会で政府への質問を見送るとしていた民主党が30日、方針を転換した。

 11月2日から始まる予算委の審議で質問に立つというのだ。

 見送りを公言していた山岡賢次国会対策委員長は30日、前言撤回の理由を、「予算委での質問見送りは、審議日数を1日にとどめることを想定していた時の話。野党との交渉で日数が3日に延びた以上、質問するのは自然なことだ」と語った。

 山岡氏は野党との折衝で、「予算委は1日で十分」と主張していたが、30日の衆院予算委の理事会で野党の主張に応じ、11月2、4、5日の3日間の審議で合意した。民主党は2日に2時間、質問する方向だ。

 民主党は「政府・与党は一体なので必要ない」などとして衆院の代表質問は行わなかった。一方の予算委では質問に立つというちぐはぐな対応となったが、民主党のある議員は「まだ与党に慣れていないから仕方がない。試行錯誤だ」と悪びれた様子もない。

<2009/10/31:読売新聞>

最後の語尾に記者と編集部の呆れ顔が見えますね。

「なにぶん初めてのことなので」と村山富市元首相は”阪神大震災”の時に言いました。

首相として口に出してはいけないことですが、突発的自然災害なので内心そう思っていても仕方がない側面はあると思います。

それを・・・この・・・民主党は・・・政権を取ったらどうなるかはじめから想定可能なことに対して

「慣れていないから仕方がない」

「慣れていないから仕方がない」

「慣れていないから仕方がない」だってさ〜〜〜〜。

笑点の好楽並につまんねぇ。

いや、それ未満。

早く解散総選挙になぁれ。

posted by バビロン7 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子身中の工作員を討て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。