2009年09月01日

あなたはもう忘れたかしら

◆東京地検、鳩山・二階氏の「献金問題」捜査へ

 衆院選の終了を受け、東京地検特捜部による政治資金に関する捜査が動き始める。当面の焦点は、鳩山由紀夫・民主党代表の「故人献金」問題や、準大手ゼネコン「西松建設」から二階俊博・経済産業相の政党支部への偽装献金問題だ。

 鳩山代表側の調査によると、同代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」は2005〜08年の政治資金収支報告書に、死亡した人や実際に寄付をしていない人を「寄付者」と偽って記載した。虚偽記入をしたのは会計担当の公設第1秘書(解任)で、虚偽記入は4年間で193件、総額約2177万円に上り、同代表側は収支報告書を訂正している。

 この問題では、「鳩山由紀夫を告発する会」と称する団体が7月、この元秘書や鳩山代表らを政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で刑事告発。特捜部は今後、同懇話会に会計帳簿の提出を求めたり、「寄付者」とされた人から事情を聞いたりしていくとみられる。

 また、西松建設が06〜07年、社員らの個人献金を装い、二階経産相が代表を務める政党支部に計600万円を献金したとされる問題でも、同支部の会計責任者らが同法違反(虚偽記入など)容疑で告発されており、特捜部は今後、起訴するかどうかを最終判断する。

 一方、西松建設からの違法献金事件で、同法違反で起訴された小沢一郎・前民主党代表の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)については、東京地裁で7月下旬、公判前整理手続きのための三者協議が始まった。しかし、争点整理に時間がかかっており、初公判は早くて11月とみられている。

<2009/8/31:読売新聞>

300議席を得て、台風並みの追い風を孕んだところにこれですわ。

これで万が一逮捕されて立件されようものなら‥‥‥。

混乱と一言で済まされるような状態ではなくなるのではないでしょうか。

posted by バビロン7 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党の政権 日本の政権

選挙当日、喫茶店の中でおばちゃん達の井戸端会議が聞こえてきました。

曰く、「やったことがないのに大きなことばかり言って、やれるわけないじゃない」とのこと。

おばちゃん達のいうこともわかるのですが、それはちょっと違うかなと。

むろん政権交代の先が民主党というは私も納得できないのですが、いつかはこういう事も起こるわけで、長いこと自民党が政権与党だったわけですから、野党は政権運営を知らない人達ばかりにならざるを得ないわけです。

みんなの党には最近まで行革担当大臣だった渡辺議員がいるわけですが、仮にみんなの党が与党になる日が来たとしても、その頃には多数の政権運営未経験者でしめられることでしょう。

そういう意味では、政権運営を肌身に感じてくれる人が増えてくれると、先々役に立ってくれるのではないかなどと淡い期待を持ってしまうわけです。

また、この後アメリカのように政権交代時に混乱があまり起きないような仕組みがどのように出来上がるのかどうかも気になるところです。

日本が終わるとか中国日本自治区とか、そういう懸念を持って政治を注視するのも必要だと思っていますが、それと同時に「日本の政治」をどんな構造にしておくと良いのか考えることが必要じゃないかと思っています。

posted by バビロン7 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。