2009年07月30日

小物ほど偉そうぶる

◆「オバマ大統領と同じ」=給油継続の正当性強調−民主・藤井氏

 「オバマ氏と全く同じだ。オバマ氏をちゃんと見て下さい」。民主党の藤井裕久最高顧問は30日の日本BS放送の番組で、同党が海上自衛隊の給油活動を当面継続する方針を固めたことについて、イラク駐留米軍の撤退期限を選挙公約より遅らせたオバマ米大統領を引き合いに、正当性を強調した。

 藤井氏は「オバマ氏は(米軍が)イラクから直ちに引き揚げると言っていたが、大統領になるとできない。現実に政権を取れば、引き揚げるのにも段階がある」と指摘。「(民主党も)与党になれば米国との約束を守らなきゃいけない。野党の時の発言と与党の発言は違っていい」と語った。

<時事通信:2009/7/30>

アメリカ自身が始めた「イラク戦争」からの撤退ならばいざ知らず、国連決議と国際協調の元に始まったアフガンの対テロ作戦を等価に論ずるなと言いたい。

アフガンへの対テロ掃討作戦を日本が始めたとでも言うのか。

傲慢なのもいい加減にしろ!

給油程度の参加で何とか許してもらってるんだろうが!!!

続きを読む
posted by バビロン7 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

わかってないよ細田さん!

◆自民・細田幹事長、「日本国の程度を表している」などと発言 「真意ではない」と撤回

自民党の細田幹事長が24日、記者団のインタビューで不適切な発言を撤回した。

インタビューの中で、細田幹事長は「麻生総理が字が読めないらしいと言って楽しんでいる。ぶれたらしいと言って。それはそんなに大したことない。役員人事だろうが閣僚人事だろうがどうでもよいこと。だけど、そのことの方が、みんな面白いんだ」と発言した。

さらに、「日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」と述べた。

その後、細田幹事長は「誤解を呼ぶ発言があった。真意ではない」と撤回したが、今後、この発言は波紋を呼ぶとみられる。

<FNN:2009/07/24>

だからあれほど本当のことを言ってはダメだと言ってるじゃないか!!!

なんで、「マスコミの程度かもしれない」って言わないんだよ!!!

posted by バビロン7 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 内憂外患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

人類月面着陸から40年目の皆既日食

皆既日食がありましたね。

私のいる関西からは部分日食だった上に、雨雲が空を覆っていましたので、「あぁ、なんか暗いね。」っていう程度でした。

さて、注目の悪石島ではとんでもない暴風雨になってしまって、日食を見るどころでは無かったそうですな。

皆既日食が見られるというので、悪石島への密入国ならぬ密上陸なんてのもあったほどでして、そんな不心得者への罰でも当たったんでしょうか。(w

まったくもって残念でしたね。

NHKが総力を挙げて一部始終を放送していましたので、ゆっくり眺めてくださいな。

平日、お仕事な私らはそうしたチャレンジすら出来ないんですからうらやましいですよ。まったく。

posted by バビロン7 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

地面が軋んだ?

◆浅草寺境内 敷石の怪 『突然バラバラ音たて隆起』

 東京都台東区の浅草寺で、参道の敷石の一部が、魚のうろこのように盛り上がる“怪現象”が起こった。「吉兆では」「天変地異の前触れか」「何かの封印が解かれたのでは」。さまざまな憶測を呼んでいる。

 場所は浅草寺のメーン通りに当たる仲見世商店街と本堂の間で、宝蔵門の前。十三日の日中、敷石(縦約九十センチ、横約三十五センチ)が十数枚程度、約三メートル四方の範囲内で盛り上がっているのを警備員が見つけた。「突然、バラバラと音をたてて盛り上がった」という目撃証言もあるという。

 浅草寺などによると、敷石は約二十五年前に整備された。原因は不明といい、浅草寺は補修工事を進めている。浅草寺は「参拝客にけががなかったのが幸いでした」と胸をなでおろしている。

<2009/7/15:東京新聞>

これはひょっとすると東京大震災がやってくる予兆なのでは???

今のうちに防空ずきんから乾パンまで用意しとけ〜。>首都圏人

posted by バビロン7 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

東京都議選

まーなんつーか、凄い勢いですな。

前回の参院選を彷彿とさせますわ。

◆【都議選】民主第1党、自民は議席大幅減

 任期満了に伴う東京都議会議員選挙(定数127)が12日投開票され、民主党が躍進し、現有議席(34)を大きく上回り、第1党となることが確実になった。自民党は現有議席(48)を大幅に減らす見通し。

 今回の都議選では、自民、公明の「与党」が、過半数を維持できるか、民主党が自民党に代わって、都議会第1党となるかどうかが焦点。都議選は、次期衆院選の前哨戦に位置づけられ、各政党が国政選挙並みの総力戦で臨んだ。

<2009/7/12:産経新聞>

自民・公明党が過半数を割り込みましたな。

何をどうしようとこのままの勢いが衆院選まで続くのは避けられない状態となりました。

民主党のダメさ加減にはいいたいことが山ほど有ります。正直こんなに評価を集めるような政党じゃないんです。

が、仮にそれがマスコミもかばいようがないほど大問題になったとしても、「何か次は民主党に入れないと世間じゃ真っ当扱いされないらしい」という情勢に入ってしまっています。

こうなってしまうと状況をひっくり返すのは並大抵じゃない、というかほぼ無理というのは、郵政選挙の時以来、誰よりも自民党支持者が知っていることです。

このような状況を招いてしまったのは、小泉首相以後をどう舵取りすればいいか整理出来なかった自民党という党総体にあると言わざるを得ません。軌道修正するにも、何もかも「ハードランディング」ばかりでしたからね。というか着陸しようとすると下から突き上げたって感じでしょうか。

「苦々しいが仕方がない総裁」「毒にも薬にもならなさそうな総裁」を担いで「仕方なしに」この3年間を歩んだ結果です。

続きを読む
posted by バビロン7 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。